REVOCATION







"Revocation"




ボストン出身のテクニカルデスラッシュバンドによる4thアルバム。


2010年にBEHEMOTH、JOBFOR A COWBOYと共にEXTREME THE DOJOで来日した事もあり
日本でも知られるバンドで、音楽的にはハイテンションな爆走デスラッシュプログレッシヴな
知的さ
を内包したテクニカルでスラッシュとなっており、通産4作目に当たる本作もデスラッシュ的な
勢い
を見せつつも手数の多いアンサンブルが技巧を発揮しており、ギターソロもかなり知的な
インテレクチュアルさ
を感じさせてくれるのう・・・!

1曲目は不穏さ漂いまくりの怪しげな出だしからアグレッシヴに疾走開始!タイトな突進力は
デスラッシュらしいがテクニカルデス的な面も強く、ヴォーカルはグロウル寄りの吐き捨てタイプ
ブラストビートも顔を出し、ギターソロフュージョンライクな知的さを感じさせるのう・・・!
2曲目はちょいとばかしブラックメタルに通じる禍々しいギターリフが聴けるも、やはり知的な
テクニカルさ
もありブラストで爆走もするぞ!ギターソロがまた落ち着きを見せつつ何気に
メロディー重視
である。3曲目はテクニカルかつメロデス寄りの叙情性を持ったリフが登場、
爆走はせず知的なプログレデス要素も強いが、中盤はブラストも僅かに聴けるのう・・・!
後半ではアコギも顔を出すぞ。4曲目はテクニカルなリフと共に勢いを放つファストチューンとなり、
この辺のテンションの高さデスメタルと言うよりもスラッシュメタル的ワイルドなノリ
見られるな。ギターソロもSLAYER的な勢いである!5曲目はダーティーなワイルドさを放つ
ロックンロール風のノリ
を見せるミドル曲。ベースも中盤目立ちその後のギターソロがかなり
メロディアスで叙情的
じゃのう・・・!6曲目は正統派HM/HR然とした勇壮なツインリードに始まり、曲調自体も
デスメタルながらにかなり正統派寄りなミドル曲となり、メロデスに近いリフワークも聴け、中盤以降で
ブラストも顔を出しスラッシュメタル的な疾走感を放ち、ギターソロはエモーショナルな泣きを見せているぞ!
7曲目は何とバンジョーも顔を出しパワフルに疾走!ワイルドな印象もありIRON MAIDENがヘヴィに
なったかのような印象
を見せ、ヴォーカルもデスVoのみならずニューメタル然とした歌い回しの
野蛮なシンガロング
を聴かせてくれるぞ!8曲目は出だしから早速テクニカルなギターが顔を出しプログレッシヴな
知的水準の高さ
を見せるインストで、9曲目はデスメタル的勢いと共にメロデスに通じる叙情ギターが顔を出し
部分的にブラスト、トレモロも顔を出すドラマティックな楽曲である!10曲目はデスメタルらしい邪悪な
ヘヴィさ
を放つ潰れたようなリフ、ドラミングが聴けブラストビートも登場!本作中最も
デスメタル寄りだがギターソロはエモーショナルで、これまたドラマティックな面もあるな・・・!
11曲目はボーナス扱いで、METALLICAの“Dyers Eve”デスラッシュ仕上げでカヴァーしておる!
ヴォーカルがデスVoでは無くジェイムズ・ヘッドフィールドに良く似た歌い回しを披露しており
器用さを見せてくれるのう・・・!


カオティックでは無くプログレッシヴと言いたくなる知的水準の高いテクニカルデスラッシュで、
爆走パートもあるが技巧的な面の強いミドルパートもかなり目立っており、ただ暴れたいだけの
エクストリーム小僧に向いているバンドでは無い
んだが、その分大人のプログレメタラーにも
対応出来るサウンドを出していると言えなくは無いだろうか!?
疾走パートもデスメタル、
デスコア
と言うよりも普通にスラッシュメタル風なんでそういう部分もオッサンメタラーに
アピール出来る
かも知れんのう・・・!ただテクニカルなだけでなくメロディアスな部分も強いのが
嬉しい所である!
プロダクションがそこまでヘヴィじゃないのも逆に聴き易いか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 The Hive  Numbing Agents  The Gift You Gave
Entombed by Wealth  AVisitation







"Deathless"




ボストン出身のテクニカルデスラッシュバンドによる5thアルバム。


デスラッシュを基盤としつつもそこにプログレッシヴなテクニカル要素を導入し、
さらにそれだけでは無くワイルドなロックンロール要素メロデス、正統派HM/HR様々な
ジャンルをも飲み込んだテックデス
を聴かせてくれる知的バンドによる通産5作目のアルバムである!
本作もまたテクニカルデスラッシュを基本としつつ叙情的な面も見せており、プログレメタル的な
要素をさらに増した
ような印象があるだろうか!?

1曲目から早速デスラッシュ然とした疾走感を放ちつつもリフ、リズムはテクニカルで
叙情的なリードギター、ソロ
も聴け、後半のツインリード正統派HM/HR然としているな・・・!
2曲目もスラッシーなギターリフが登場しパワフルな無骨さを演出、途中暑苦しいクリーンVoの
シンガロング
も顔を出しワイルドかつプログレッシヴな展開になるぞ!3曲目はプログレメタル的な面が
より目立った曲調
で、これまたニューメタル然としたシンガロングも聴けリフも無機質だな。
4曲目もタイトかつ無骨なプログレデス要素が目立ったミドルチューンとなり、疾走パートもあるが
ギタープレイは完全プログレメタルじゃのう・・・!中盤穏やかかつ怪しげなクリーンギターも顔を出すぞ。
5曲目は正統派に接近した勇壮かつテクニカルなリードギターが聴け久々に疾走!この曲はかなり
スラッシュメタル寄り
で、軽快なノリも見せつつテクニカルさもやはり目立っているな。6曲目は勇壮かつ
どこかメランコリックな叙情ツインリードが登場、手数の多いテクニカルさを見せつつ
全体的に憂いを感じさせるのう・・・!中盤以降はブラストも聴け細かいリフと共に疾走もするぞ!
7曲目はブラックメタル的な面も見られるファストチューンで、禍々しいリフがそんな感じじゃのう・・・!
8曲目はヘヴィさのあるプログレデスと言えそうな感じで、途中クリーンVoも聴けギターソロは怪しげな
メロディー重視のプレイ
である。9曲目はプログレメタルに近い知的なリードギターが目立つインストで、
途中からデスラッシュ的な勢いを放ち疾走!中盤はクリーンギター、ベースによる穏やかかつ
不穏な空気
も放たれるのう・・・!10曲目は怪しげな面ヘヴィさを見せつつも勢い良く疾走!
ギターが意外と明るめ
なのも特徴的だろうか!?


デスラッシュ要素は残っているが、前作よりも疾走感が減退しプログレメタル的な面が
より目立つ
ようになっており、テクニカルさは十分なれどテンポの遅い曲が増え
爆走デスラッシュを求めると肩透かしになる
かも知れんのう・・・!知的水準の高い
インテレクチュアルなプログレメタル
もいいが、やはり彼等にはそれと同時に傍若無人な爆走っぷりも
要求したい所じゃのう・・・!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 A Debt Owed to the Grave  Scorched Earth Policy
The Blackest Reaches  The Fix







もどる


inserted by FC2 system