RENACER







"Renacer"




アルゼンチン出身のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


IMPERIOの元シンガー、Christian Bertoncelliによる新たなバンドのデビュー作で、
リリース当時クサメタラーの間でなかなかに話題となったバンドである!
音楽的にはIMPERIOと大差無い、スペイン語で熱唱する暑苦しさ、クサさ満点の
硬派でストロングなパワーメタル
となっており、プロダクションこそ相当に
スカスカ
B級らしさが漂っているものも、Voも含め実に熱いサウンドを出しておる!

1曲目から早速音は悪いが正統派らしいリフと共に疾走!2曲目は勇壮かつ劇的な
ギター
が聴け、キラキラシンセも顔を出しちょいと様式美っぽさもあるシャッフル曲で
3曲目はシンセ、クリーンギターがメロウさを放つ淡々とした曲となり、4曲目は再び勢いある
ストロングで硬派なパワーメタルだな。5曲目は正統派に近いストレートな
オーソドックスさ
のあるミドル曲となり、6曲目はメロウなシンセによる繋ぎ
7曲目はスローテンポで淡々と展開、Voが熱唱しており8曲目は様式美寄りのリフ
熱さを放つ疾走チューンだ!9曲目はミドルテンポで淡々としつつリフが主張しており、
途中テンポアップするぞ。10曲目はキャッチーなシンセ前時代的なムードを放つ
繋ぎのインストで、11曲目はネオクラ風味を放ちつつパワフルさを演出する
疾走チューン
となり、ギターソロ後のツインリードがまたクサいのう・・・!
12曲目はアコギ、パーカッションが民族音楽的な怪しさを演出、13曲目はボーナス扱いで
スラッシーさすら醸し出す勢いある疾走チューンとなるぞ!
ギターソロがまた相当にクサいな・・・!


プロダクションはかなりスカスカでチープだし、Voも暑苦しい熱唱振りだが
決して巧いとは言えず、ギターなんかもソロ等なかなかにたどたどしい感じ
全体的にB級風味が強く漂っているんだが、南米らしい暑苦しさに満ち溢れつつも
クサい情熱を感じさせる正統派寄りのメロパワとなっており、当時の
スパニッシュメタルを愛するクサメタラーにはIMPERIO同様美味しいバンドである!
音の軽さを何とかして欲しい所だが、ヘナチョコメロスピでは無い、
暑苦しい硬派なメロパワが好きなら楽しめるだろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Espiritus Guardianes  Entre la Gloria y la Traicion
Cenizas del Alma  Sangre en mi Tierra  Al Sur del Cielo







もどる


inserted by FC2 system