RANDOM EYES







"Light Up"




フィンランド出身のゴシック/メロディックメタルバンドの3rdアルバム。


元々は男女ツインVoギターも3人いる変わった編成のバンドだったが1stリリース後に
ギターが一人脱退し元SONATA ARCTICAのキーボーディストだったミッコ・ハルキンが加入、
さらに今では女性シンガーも脱退したらしくシンガーは男Vo一人になっている!どうやら
シンガー2人はデキていたようだが彼らの情報が少なく詳しい事は判らん!音楽的には妖しい
湿り気
を感じさせるゴシカル要素を持ってはいるがよくあるシンフォニックゴシックでもなく
デス寄りでもなくどちらかと言えばメランコリック系の要素が強く全体的にキャッチーさ重視
ダークなメロハーとも呼べそうな空気がありデスVoは無くクリーンな男Voで歌われており
非常に線が細くお世辞にも上手いとは言えないのだがまぁ味はあると思う。

1曲目は早速のキャッチーなコーラスに始まりノリのいいリフロックンロール調の
リズム
が軽快さを出し男Voがラップのように歌いその後はコーラスになりちょい湿り気を
帯びた感じ
になるか!?2曲目は若干モダンなムードを持ったリフにベースも唸りアップテンポ
展開しヴォーカルが入ると電子音も顔を出すぞ。ギターソロはメロディアスな泣き重視で良いな・・・!
3曲目はメランコリックなピアノで始まり中性的なヴォーカルが何とも言えない湿ったムードを演出、
曲調はどこかニューウェイヴっぽい暗さ、淡々としたムードがあるも北欧らしい冷たさ、透明感もあり
なかなかに良い雰囲気を出しておるのう・・・!サビはキャッチーでギターソロも泣きの
成分が強いメロディアスなプレイ
で聴き所となっているな。4曲目もまったりしたメロウなムード漂う
ミドルテンポ曲でゴシックと言うよりは妖しい湿り気を帯びたメロハーと言えそうな感じか!?
5曲目は早速のギターソロで幕を開けるダークでミステリアスなアップテンポ曲
後半で聴けるギターソロは流麗な速弾きを披露しておりテクニックある所を見せているな。
6曲目はモダンなバンドサウンドが聴けつつもヴォーカルはキャッチーで途中珍しく
デスVoっぽいヴォーカルも顔を出すぞ。
7曲目はトランス系のシンセが聴けこれまたキャッチーで
サビはちょい明るめ(?)のムードも感じさせるミドル曲。ギターソロがやはりいい仕事しておるのう!
8曲目はアップテンポで早速メロディアスなギターソロが登場し北欧らしい湿り気を帯びた
ロマンティックなアレンジ、キャッチーなサビが良質な曲である!9曲目は
パワフルさを感じさせるバンドサウンドで始まるもその後はミドルテンポピコピコした
シンセ
も顔を出しどこかプログレメタル風の空気を放つパートもあるぞ。10曲目はパワフルなリフ、
リズム
が聴けるアップテンポ曲でマイルドなパートもあるがテンポは落ちずサビで
ようやくテンポダウンし
その後は泣きのギターをバックに穏やかさを前面に押し出すのう・・・。


北欧らしい冷たさ、湿り気を帯びた叙情性あるメロディー、アレンジが楽しめるメランコリックメタル
大仰なシンフォニックさもアグレッシヴさも無く派手さを期待すると肩透かしだがキャッチーさ優先
なかなかに質は高くヴォーカルの線が細い点を除けば高品質のバンドだと言えよう!ギターも泣き
流麗な速弾き等をソロで披露しテクニックありそうだしな。まぁこれといったキラーチューンは無く
全体的に地味
な感じなんだがたまにはこういうHM/HRもいいもんじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Decadence、Blind Man、Eclipse







もどる


inserted by FC2 system