RAGING FATE







"Gods of Terror"




スウェーデン出身のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


SINERGYDIONYSUS等でプレイしていたドラマー、Ronny Milianowiczが在籍する
スウェーデン産バンドによるデビューアルバムで、音楽的には北欧出身でありながら
GRAVE DIGGER、STORMWARRIOR、RUNNING WILD辺りの影響をモロに受けた、
硬派でストロングなジャーマンメタル直系のパワーメタルをプレイしており、
剛直かつ細かく刻まれるリフ、軽快なノリにどことなくRUNNING WILD風のパイレーツ感ある
メロディーラインが特徴的だが、音質はイマイチでVoはかなり野暮ったく不安定な、
いかにも北欧B級メタル感があり、楽曲自体もまだまだ洗練とは無縁のチープさが
漂っておるのう・・・!


1曲目から早速活きの良いジャーマン的刻みリフ不安定で野暮ったいVoが登場、
リードギターがメロディアスで、2曲目はダーティーなスラッシュメタルテイストを
漂わせた疾走曲だ!3曲目もジャーマン的かつスラッシーな疾走チューンで、
ツインリードがこれまた劇的だな。4曲目は正統派らしくも怪しげなムードが漂っており、
スローテンポで淡々と展開する、かなりダレる7分の長尺で、5曲目は再び軽快な
アップテンポでVoの下手糞なRUNNING WILDといった所だろうか!?6曲目は正統派な感じの
ミドル〜アップテンポで、シンガロングが聴け7曲目はハイトーンシャウトが飛び出す
これまた正統派色濃いストロングな曲だな。8曲目は無骨な正統派でありつつ疾走もするぞ!
9曲目はスラッシーかつジャーマンな勢いある疾走チューンで、10曲目はこれまたストロングで
無骨なミドル、スローテンポの正統派
だ。


北欧産でありながら上記のようにモロにジャーマンメタルなスタイルを見せるものの、
Voやプロダクション、楽曲面でかなりB級っぽさが残ってしまっており、HM/HR大国で
ありながらも同時にまだまだこういうB級バンドを抱えている辺りがスウェーデンの
ある意味懐が広い部分
だろうか!?演奏も難しい事はまったくしておらず、
ギターソロもシュレッドはほぼ皆無なんだが、その分メロディアスで劇的な
ツインリード
が目立っており、そこは嬉しい部分だな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 Evilization  Tombstone
Reign Of Evil







もどる


inserted by FC2 system