QUAKE THE EARTH







"Declaration Of War"




フィンランド出身のメタルコアバンドによる2ndアルバム。


HM/HR大国フィンランドから登場した若手バンドの通産2作目なんだが、
音楽的には北欧メタル要素が微塵も感じられない近代的なメタルコアでありつつ、
さらにモダンなヘヴィグルーヴ、無骨なタフさを重視した感じで、近いバンドは
PANTERALAMB OF GODと言った所だろうか!?Voはグロウル多めだが、
野蛮なシンガロング渋めのクリーンVoも聴けるぞ。

1曲目から早速無骨なヘヴィグルーヴ重視のアメリカンでマッシヴなミドル曲となり、
2曲目はさらにヘヴィなスローテンポで重苦しいグルーヴを発散、一応はダミ声
シンガロング
も顔を出し、ギターフレーズにそこそこ憂いはあるだろうか!?
3曲目はうって変わってハードコア的に爆走するが、すぐにグルーヴ重視の
ミドルパート
になりブレイクダウンも登場、4曲目はサザンメタル的な乾いた
アメリカンな無骨さ
漂うブルージーなスロー曲。渋めのクリーンVoも聴けるのう・・・!
5曲目は薄暗く怪しげなスロー曲で、6曲目は少しだけDjentリズムが顔を出すも
基本はアメリカンで野蛮な感じだな。珍しくギターソロも登場するぞ。
7曲目もまた無骨でヘヴィなスローテンポで、8曲目は多少のノリの良さが見られる
ヘヴィなロックンロール風か!?9曲目は柄にも無くピアノが湿り気を演出、
男臭さ漂うパワーバラード
と言った風情で一応は北欧のバンドらしい面が見られるな・・・!
10曲目はブラストも交えアグレッシヴに爆走するハードコア的な短い曲だ。


フィンランド産メタルコアではあるが、メタルコアと言うよりもグルーヴメタル
呼んだほうがしっくり来る感じのタフで男臭いヘヴィグルーヴを重視しており、
近代メタルコア、ポストハードコアでよく見るチャラさ、売れ線のポップさが
微塵も無い
のは良いんだが、メロディアスさや劇的さも微塵も無く、あるのはただただ
マッチョでイカついヘヴィグルーヴのみなんで、上記したPANTERAのような
ミドル、スロー曲が好きでなければピンと来ないバンドだろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 Blood In Blood Out  Always Us
Vitun Lampaat







もどる


inserted by FC2 system