QOOLAND







"毎日弾こうテレキャスターagain"




日本のテクニカルナードオルタナバンドによるミニアルバム。


「パンクロックの突然変異」等と言われている新進気鋭の国産バンドで、音楽的には
パンク、メロコアでは無くよくあるナヨナヨ系の文系オルタナなんだが、恐れ多くも
我等が高崎晃が世に広めし超絶技巧であらせられるボスハンドタッピングを駆使しまくり
ベース、ドラムもプログレッシヴな変拍子、変態リズムに当然のようについていくと言う
無駄なテクニカル振りを発揮、それでいて精神性はナード、ギークと言う、パンクマナーから
悉く外れまくりの議論あるバンドである!(爆)
まぁ基本的にはナヨナヨ文系軟弱オルタナなんで
音は軽くギターの音色もメタリックさは皆無のクリーントーンで、ヴォーカルもこの手のバンドらしい
ナヨナヨした稚拙なオカマ歌唱で実に聴き苦しいモノがあるのう・・・!

1曲目は淡々とした穏やかな出だしに続きクリーンな音色で早速のタッピングを連発!
ただヴォーカルはパンクと言うよりはオルタナ丸出しなナヨナヨ系の下手糞歌唱
正直厳しいものがあるのう・・・!中盤はプログレッシヴな変拍子テクニカルさ
見せるぞ。2曲目もクリーンギターマイルドなタッピングを披露し大人しく展開、
3曲目は多少はテンションが高くなり得意のタッピング喚くようなヘナチョコシャウト
顔を出し技巧は良いんだがヴォーカルは正直ウンコだな(爆)。4曲目はまたマイルドな感じ
5曲目は軽快さを見せるアップテンポだがやはり音は大人しく軽めでドラムも疾走感を見せ
6曲目も出だしで疾走感を放つが、その後はマイルドで穏やかかつテクニカルなアンサンブル
見せており、ヴォーカルだけが聴くに堪えない代物だがそれ以外は悪くないな・・・!
7曲目はさらに大人しく穏やかになるが、中盤から疾走感を見せ多少はメロコア寄りになるか!?


ボスハンドタッピングを駆使した超絶技巧との謳い文句で、確かにタッピングを
多用
しておりテクニカルさを見せ付けてはいるんだが、あくまでもHM/HRでも無ければ
パンク、ハードコアでもメロコアでも無い、軟弱ナヨナヨタマ無しオカマ文系オルタナ
枠内に収まっておりわざわざメタラーが聴くべきアルバムでは無いだろうなぁ・・・!
超絶技巧パンクと言えばMR.ORANGETOTALFAT、FATED LYENOとかがいるが、あの辺は
基本の音楽性がメロコア、エモ系なんで普通に楽しめるんだがこっちは世に言う
「歌詞だけ立派でそれ以外は何も無い軟弱文系オルタナ」なのが
根本的にアカン部分である!ナード臭い精神性も個人的に受け入れ難く、正直これ聴くくらいならLOUDNESS
MARCHEN STATIONとか、普通にカオティックコアとか聴いていたほうがマシじゃろうて・・・!
the band apartをナード化してキモくしたような感じなんで、そういったサウンドが
好みでナード、ギークな精神性が許せるリスナー
なら聴けるだろう。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 40% お気に入り曲 特に無し







もどる


inserted by FC2 system