QANTICE







"Cosmocinesy"




フランス出身のシンフォニックプログレッシヴメロパワバンドの1stアルバム。


フランスから無名ながらも超高品質変態シンフォニックプログレメタルバンドが誕生していた!
彼等の音楽性は基本はプログレッシヴメタルだがテクニックも十分にありつつ
それ以上にドラマティックさの演出に全力を注いでおり、バンドサウンドのみならず
ストリングス、ホーンから笛、アコーディオンティンパニ、バンジョー等など
様々な楽器の音色を取り入れシンフォニックでファンタジックな様相を醸し出し
さらにはメロパワ、メロスピ的な疾走感までも見せ付けている!さながらANGRAが
キャッチーさを失わずにファンタジックさを増した
感じというか、SHADOW GALLERYが
1stの方向性のまま成長した姿
とでも言えそうなスタイルと言えるだろうか!?

1曲目はストリングスメロウで繊細なムードを演出、フィメールクワイアバグパイプ、
ティンパニにバンドサウンド、笛やハープ
まで登場し壮大なファンタジックさを見せ付ける
期待感満点のイントロで続く2曲目は意外とへヴィ寄りのサウンドが登場、バックでホーン
響かせつつギターがテクニカルなユニゾンを見せ疾走!プログレッシヴでありながら
メロパワ的なファストさがありヴォーカルの声質はいかにもプログレメタルってな塩梅の
しなやかなハイトーン系で弱さはあるも味があって悪くないな。サビはかなりファンタジック
盛り上がりクサさも醸し出しギターソロはツインリードまんまメロスピとなりベースも
バリバリと唸るぞ!
その後のソロパートはプログレメタルだがやはり笛やホーンも聴け
後半は穏やかになりコーラスも美しく実に凝った展開を見せる早速のキラーチューンである!
3曲目はギターに加えシンセが牧歌的なプログレムードを演出、明るくもどこかファンタジックな
フィーリング
がありコーラスも分厚くQUEENに通じる要素も持ちSHADOW GALLERYの1stを
さらに進化させた
ような曲調だな・・・!中盤のアコギ、笛がまた民謡風で嬉しくなるな(笑)。
その後はヴァイオリンも顔を出しさらに祝賀的な民謡要素を見せバンジョーとともに疾走!
さらに民謡ムードが強まりその後はディズニーっぽさすら放ち一体どこまでファンタジックに
なれば気が済むのであろうか!?
恐ろしいまでにめくるめく展開を見せつけておるわい!
ギターソロも異様にハッピーである!4曲目はシリアスな緊迫感を見せるシンフォメタル的
イントロ
からヴァイオリンと共に疾走!ANGRAに近いムードもあるがあっちより民謡の要素が
強くクサさでもこっちが勝っておるわい!
ヴォーカルラインといいシンフォニックな雰囲気といい
“Temple of Shadows”にかなり近い曲調じゃのう・・・!ヴォーカルの声質も何か
アンドレ・マトスとエドゥ・ファラスキを足して2で割ったような感じだな。インストパートは
やはり凄まじく充実しておりシンフォニックでありつつプログレッシヴなテクニカルさを見せ
緊迫感の上に変態振りまで混ぜ合わせており次から次へとめくるめく展開を見せておる!
5曲目は笛が民謡ムードを醸し出しアコギが哀愁を放つバラード系。穏やかながらもやはり
ストリングスや笛が目立っておりヴォーカルも細めのしなやかさを見せつつ普通に上手いな。
ギターソロはブルージーな泣きを見せており実にエモーショナルじゃのう・・・!6曲目は
テルミンライクなデジタル音に始まり尺八っぽい音色を交えつつもテクニカルに明るく
タイトに展開
するアップテンポのプログレメタルでちょいモダン寄りのリフも見せつつ
シンセも目立っており
インストパートはやはりホーンや笛、ストリングスが顔を出し
只事ではない暴れっぷりを披露しその後は疾走!笛のソロも聴け穏やかなパートに突入、
そしてさらにシンフォニックになるがとりあえずこの曲が一番ノーマルなプログレメタルに
近い感じ
か・・・!?7曲目はシリアスなシンセに始まり怪しさを醸し出すコーラス、リフ
聴けるエキゾチックさのあるミステリアスな曲。ミドル、スローで展開しつつもクワイア風の
コーラスやシンセ
が相当に練り上げられたアレンジでバックを彩り高度さを見せ付ける!
中盤のパートはTHERIONを彷彿とさせメゾソプラノ系の女性Voも登場、ヴァイオリンと
絡むギターソロ、ホーン、笛も印象的じゃのう・・・!
その後はオルガンも聴けるぞ。
8曲目は笛がまるでタイタニックのようなムードを演出しホーンも顔を出しつつ疾走、
やはりANGRAに近いムードがありサビはヴァイオリンをバックに分厚いコーラスが聴け
ANGRAと言うよりはAQUARIAに通じる曲調になるぞ!インストパートの充実振りも言わずもがなで
テクニカルなギターソロが縦横無尽に舞いつつも展開自体は実にドラマティックで
バックでシンセも彩りを添えておる!
9曲目はディズニー映画ライクなストリングスで
幕を開けファンタジックさのある音作りを見せヴォーカルが入るとバラードになるも
次第に盛り上がりまるでミュージカルのようなフィーリングを演出、中盤は非常に明るくも
ファンタジック
な雰囲気満点でさらにヴァイオリンが軽快さを演出、カントリーと言うか
フォーキッシュな展開を見せその後はアップテンポになるぞ!10曲目はインストでギターと
ヴァイオリンがユニゾンしプログレッシヴなテクニカルさを見せホーンもバックで顔を出し
まるでハンガリー舞踊というかバルカン民謡的なフィーリングを放ち疾走!彼等の
テクニカルな面が押し出された曲だがそれでも民謡的なクサさ、ドラマティックさ、
明るいファンタジー要素
は決して忘れない!後半ではクワイア風コーラスも顔を出し
映画のサントラのような緊迫感を醸し出すぞ。ラストは泣きのギターエモーショナルな
異国情緒
を放ち壮大さを見せ幕を下ろす。


クサメタラー専用(?)プログレメタルの登場だ!(爆)テクニカルなプログレメタル
基本形としテクニックも十分だがそれ以上に恐ろしいまでにファンタジック&
キャッチー
で時に民謡要素を惜しげもなく曝け出し変態的なまでに発展しまくる
曲展開、インストパート
が実に凄まじいわい!演奏技術も凄まじく高く
プログレッシャーとメタラー双方の支持
をかなり集めそうなクオリティーを
誇っておるな・・・!ヴォーカルも含めてANGRAにかなり近い感じだが正直最近の
あっちよりもずっと面白い
隠れた超実力派バンドである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 全部







"The Phantonauts"




フランス出身のシンフォニックプログレッシヴメロパワバンドの2ndアルバム。


ANGRAライクなプログレッシヴさ、テクニカルさを見せつつもシンフォニックなクサさを
高水準で融合
させ、無名ながらコアなクサメタラーから注目を集めたフレンチメタルの
新鋭
による待望の2ndアルバムである!どうやらシンガーが変わった様で、さらにゲストで
MYRATHのザヘル・ゾルガティ、ORPHANED LANDのヨッシ・サッシ
が参加しておる!方向性としては
本作もハイクオリティーだった前作と変わらず派手で壮麗なクサさを見せつつテクニカルな
プログレ要素
がしかと息づいており、洗練された上質のシンフォニックメタルをプレイしているぞ!

1曲目はいきなりのオリエンタルムードを醸し出す笛や琴っぽい音色シンセが登場する
イントロ
で、続く2曲目は優雅さを湛えたシンセ、リードギターが聴け疾走開始!
ヴォーカルの声質
も含め全体的にしなやかさがありプログレメタルらしいテクニカルさ
見せつつもファンタジックなクサさを撒き散らしているな・・・!3曲目は盛り上がり
見せるがAメロで急にトーンダウン、マイルドさを放つもすぐに疾走を再開しメロディーも
近代ジャパメタに通じるコッテコテな哀愁
が感じられ良いぞ!中盤以降はシンフォニックなシンセと共に
プログレッシヴなムードを演出、その後はポジティヴなギターソロに突入するのう・・・!
4曲目はホーンが大仰かつちょいと怪しげなムードを見せ、ヴォーカルもシアトリカルさがあり
クラシカルなピアノ等
も登場、中盤以降から軽快なアップテンポになるぞ。5曲目はストリングスシンセ、
ダークさのあるバンドサウンド
に続きアコギのストロークまで登場、どこか怪しくも軽快な
ノリの良さ
があり相当にクサいクワイアコーラスも登場!これまたシアトリカルさがあるのう・・・!
後半の生ヴァイオリン、ギターの絡みを見せるソロはケルティックさが見られるだろうか!?
6曲目はピアノ大仰な歌い回しを見せるヴォーカルがオペラティックさを放つバラードで、
ヴォーカルの上手さが堪能出来るぞ!中盤からバンドサウンドが顔を出し盛り上がりを見せるな。
7曲目は重厚な出だしから大仰なホーン、ストリングスが登場しプログレッシヴかつ明るめの
ポジティヴな壮大さを演出、
その後はスローテンポでどこかエピックメタル的な印象もあるな・・・!
8曲目は大仰なオーケストラ、笛の音メルヘンチックな民謡風のファンタジックさ
演出する繋ぎのインストで、9曲目は怪しげなシンセ、バンドサウンドに始まり疾走開始!
これまたどこか民謡フレイバーがありAメロで失速するも、その後また爆走しポジティヴな
メロスピ風味を強烈に演出する!
中盤はシンセオーケストラのみとなりシンフォニックな
ファンタジックさ
を放ち民謡、民族音楽ライクなスキャットやパーカッションも聴けるぞ。
後半の爆走パート、ギター相当にクサいのう!10曲目は落ち着きを見せつつも優雅な空気を漂わせた
メロハーライクな楽曲
で、オーケストレーションもバックで壮大さを放っているのう・・・!
中盤はキラキラしたシンセ民謡要素、ヴァイオリンソロが聴け実にドラマティックである!
11曲目はチェンバロ、ハーモニカをバックにヴォーカルがソフトな歌唱を披露する穏やかなバラード。
ヴァイオリンソロも途中聴けるぞ。12曲目は3曲目のヴォーカル無しカラオケヴァージョンである。


前評判で疾走感が減っただの、プログレ寄りになってクサさが減退しただの聞いていたんだが、
いざ蓋を開けてみたら本作もクサく壮麗で煌びやかな世界観がしかとキープされており実にハイレベルである!
まぁ流石に前作程のインパクトは無く、前作で見られた変態的な部分も鳴りを潜め良くも悪くも
洗練された印象があるんだがそれでもシンフォニックさ、クサさはしかとあり、より高級志向の
シンフォメタルと化した感
があるだろうか!?ヴォーカルも上手くプロダクションも良いんで
垢抜け無いB級クサメタルが好きな層には喜ばれないだろうが、一流所を愛するメタラーに
オススメ出来るレベルの高さ
があるぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 87% お気に入り曲 Epic Fail  Hoverland  Slayers' Jig
The Gest Of Nekroxyter







もどる


inserted by FC2 system