Psy:Code







"Cause and Neglect"




デンマーク出身のモダンメタルコアバンドによる2ndアルバム。


2010年にデビュー作をリリースした経歴のあるデンマーク産のバンドで、
本作は3年振りにリリースされた通算2作目の最新アルバムのようで
音楽的にはモダンなへヴィさを前面に押し出しつつもそれなりには
メロデスの流れを汲んだリフワーク
を聴かせるゴリゴリのメタルコアで、
部分的にデジタル系のシンセも顔を出すが基本はギターサウンドがメインで
ストロングな硬派さを放っておるのう・・・!
ヴォーカルはよくある咆哮系の
シャウト
サビはシンガロングになるが、クリーンVoにはならずあくまでも
ダミ声でアグレッシヴに歌っている
のが特徴だろうか・・・!?

1曲目はデジタル音で幕を開けるもその後はゴリゴリにストロングな
メタルコア
となり、モダンさ溢れるへヴィリフ咆哮系デスVo、広がりのある
雰囲気
を放ちダミ声シンガロングを披露するサビ等いかにもハードコア上がりの
メタルサウンド
となっているが、リフやシンガロング等部分的にドラマ性を
醸し出す
辺りはメタルコアらしい部分じゃのう・・・!2曲目はメロデス系の
メタルコアらしいリフ
が聴け疾走!ギターソロも顔を出しトリッキーさのある
シュレッドを披露するぞ。
3曲目はモダンでどこかヒステリックさのあるリフが
顔を出し
ちょいとカオティック風味を演出、中盤は退廃的なムードを醸し出し
シンガロングも聴けるのう・・・!4曲目はへヴィかつ細かいリズムがどこか
プログレメタル的な側面も見せ、モダンへヴィネス系の無機質さも醸し出され
サビはシンガロングになるぞ。中盤はクリーンギターが顔を出し珍しく穏やかな
叙情性
も見られるか!?5曲目はノリの良いリズムモダンなへヴィさを見せる
アップテンポチューンとなり6曲目はマシンガンのようなリフ、リズム叙情性を放つ
クリーンギター
が顔を出しデジタルリズムも僅かに登場、その後は相当に
モダンへヴィネスに近いメタルコア
となりグルーヴィーさが出ておるのう・・・!
中盤以降の淡々としたベースが聴けるパートはエモさがあるか!?7曲目は淡々としたムードを放つ
クリーンギター
暗さを見せアコギも顔を出す叙情的なインストの繋ぎで、
8曲目はデジタル加工された出だしからタイトでモダンなリフと共に疾走する
勢いのあるアグレッシヴな曲
になるぞ!シンガロングもまた硬派で熱いのう・・・!
9曲目もゴリゴリしたへヴィリフが重々しいモダンな曲で、リズムはどこかDjentっぽい部分もあるか!?
10曲目もモダンかつ細かいリフワークを見せるアップテンポ曲になり豪快な印象
感じさせるのう・・・!サビのシンガロングパートはどこかエキゾチック寄りか!?
11曲目はホラー映画のSEに始まりスローテンポ退廃的なムードを醸し出すへヴィリフが聴ける
重苦しいドゥーミーなインスト。12曲目はゴリゴリかつノリの良いへヴィリフが聴け
ドラムもツーバスを連打するワイルドなモダンメタルコアで、バックでデジタル系の
シンセ
も顔を出すが基本はへヴィサウンドである。珍しくギターソロも聴けるのう・・・!


ゴリゴリの音作りモダンへヴィネス色濃い無機質で機械的なメタルコア
プレイしており、メロデス的な側面も多少はあるがそこまでメロディアスさ、叙情性は無く
あくまでもストロングでマシーナリーな、アメリカのバンドに近いサウンド
なっており特にこれと言った個性がある訳でも無く、さらにギターソロも少ないんだが
ライヴでこの重低音に身を任せて暴れたいヤンチャなキッズには向いている音だろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 My Sick Redemption  Hellish Tentions







もどる


inserted by FC2 system