Porkkana







"クオリの塔"




日本のアンビエント、アトモスフェリック系プロジェクトによる1stアルバム。


様々なコンポーザーやらアーティストが集まって結成されたプロジェクトのようで、
本作はコンセプトアルバムとなっており音楽的にはアンビエントというか
アトモスフェリック系の要素が強い雰囲気重視のシンセがメインとなった音作りで
メランコリックなピアノやストリングス、ウィスパー系の女性Voも顔を出すが
あくまでも基本はデジタル、エレクトロニカ系の雰囲気モノでありメタルどころか
ロックの要素
すら無くクサくキャッチーなメロディアスさドラマティックな
盛り上がりは一切無いな・・・!


1曲目はアンビエント系のシンセサウンド雰囲気モノのムードを放つ穏やかな
イントロ
で2曲目はピアノがメランコリックさを演出、やはりシンセは雰囲気重視の
アトモスフェリック系
ウィスパー系の女性Voも登場、後半でストリングス系の音色
顔を出し少し盛り上がりを見せるのう・・・!3曲目はこれまた電子音系のシンセに
ハープ系の音色
デジタル系の雰囲気モノ要素を見せつつウィスパー女性Voのコーラス
顔を出しファンタジックなムードも垣間見せ後半では笛も聴けるぞ。4曲目はノイジーさのある
デジタルサウンド
ピアノ、シンセ、フィメールVoが乗るこれまた雰囲気重視の
アンビエント、アトモスフェリックミュージック
だな。中盤以降は打ち込みドラムも
顔を出し
これまた多少は盛り上がるか!?5曲目は民謡的なムード漂うアコギが聴け
少しは我々クサメタラー好みのムードを放ち始める叙情的なインスト。後半では笛も顔を出し
さらに民謡クサさが増す
のう・・・!6曲目は女性Voアコギ、木琴っぽい音色(?)が登場、
本作中最もポップスに近いムードを放つがやはり基本は大人しめの音作りだな。
サビは判り易くこの辺もポップス的だ。7曲目はダンサブルなデジタルリズム
エレクトロニカ要素を見せるもクワイア系のシンセがシンフォニックさを見せ
荘厳なシリアスさチャラめ(?)のデジタル要素が入り混じったインスト
ミスマッチ感はあるがなかなかに面白いな。8曲目は冷たさのあるピアノ
シタール風の音色、デジタルリズム、シンセが聴ける雰囲気重視のインスト。
9曲目はウィスパーVo、リリカルなシンセが聴けるやはり雰囲気モノの要素が強い
アトモスフェリックな曲で10曲目はピアノ穏やかかつメランコリックな
ムード
を放つアウトロ的なインスト曲。

基本的にアンビエント、アトモスフェリック系エレクトロニカミュージック
上記したように盛り上がりもメロディアスさも無くあくまでも雰囲気自体を
楽しむためのアルバム
であり我々のような血沸き肉踊る劇的なサウンドを愛する
メタラー
にはいささか厳しい1枚だと言えるだろうな。これでメロディーに
フックがあれば
また違う印象を抱いただろうが・・・!ショボさは無く
洗練はされている
クオリティーも低くは無いが単純に好みの違いである!
この手のアンビエント、エレクトロニカ系が好きなリスナーなら楽しめるだろう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 60% お気に入り曲 霧 綴じた街 ふたつのかげ







もどる


inserted by FC2 system