Paradise Eve







"楽園のイヴ"




AliesonのシンガーとLand-youのコンポーザーによる企画ユニットの1stミニアルバム。


Aliesonでヴォーカルをとる女性シンガー久遠ゆん嬢と、Land-youで楽曲を手がける女性コンポーザー
甲斐ユウ嬢がチームアップ(アメコミ用語でチームを組む事)し作られた企画ユニットの
4曲入りミニアルバム
である!とは言っても1曲目は実質イントロなんでどちらかといったら
マキシシングル、EPのような構成の1枚だろう・・・!両者共にクサメロシンフォゴシック系の
音楽性
を持っているので本作もそういったムードが濃いシンフォニックでクサいサウンド
満ちているが、ゴシックと言うよりは民謡系の要素が強い感じでメロディーのクサさ、フック
定評のあるLand-youが曲を書いただけあって実に強烈なクサメロに満ちておりアレンジも良く
壮麗なシンフォさ、多重録音コーラスワーク非メタルながら実にファンタジックで
大仰なムードを醸し出しているぞ!


1曲目はハープの音色にソフトな女性ヴォーカルが登場し民謡系のシンフォニックな
盛り上がり
を見せる短いイントロで、続く2曲目は大仰なシンセストリングス、軽めの
バンドサウンド
シンフォメタルというかシンフォオルタナ的なムード
醸し出しキャッチーさを感じさせるヴォーカルが聴けサビのメロディーはクサいぞ!
3曲目はハープに打ち込みリズム、ストリングスが聴け淡々とした雰囲気で展開するミドル曲。
4曲目はまるで志方あきこの超絶キラー“謳う丘”に影響された・・・というか
ほぼインスパイアな感じの曲調になっておりまぁぶっちゃけガゼットの領域に
足突っ込んでる感じだが(爆)多重録音されたクワイアは非常に重厚で神秘的な空気を放ち
オーケストレーションは打ち込みだがあの曲の雰囲気をここまで再現できるだけで
大したものじゃ!
メロディーは勿論クサいしな!ギターがあるというのがあっちと違う部分だな。


4曲目がかなり“謳う丘”のパクリッシュ要素が強いという点を除けば(爆)総じて
クオリティーはかなり高く
大仰シンフォアレンジ、フックあるクサメロをこれでもかと
いうほど堪能できる高品質の1枚
である!個人的にパクリは気にならないしAliesonとも
Land-youとも異なるクサい民謡シンフォニックファンタジーが実にツボである!これ1枚で
コラボを終わらせる事無く本作の方向性で是非ともフルアルバムをリリースして頂きたいモンじゃ・・・!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Paradise Lost、楽園のイヴ







"少女サファイア"




AliesonのシンガーとLand-youのコンポーザーによる企画ユニットの2ndミニアルバム。


Alieson、Land-youといった確かな実力に定評のあるユニット、プロジェクトで活動する
シンガーとコンポーザーがコラボした新たなプロジェクト2作目のミニアルバムである!
今回も4曲入りで音楽的には前作と変わらず志方あきこインスパイアと言えそうな祈祷ライクな
フィメールクワイア
がバンバン顔を出し民謡、民族音楽の要素を取り入れたシンフォニックで
クッサイ女性Voファンタジックポップス
をやっておりゴシカルさ、ロック、メタル要素は薄い
クサメタラーにもかなり強烈にアピールする質の高いシンフォサウンドを展開しておる!

1曲目は木琴風シンセ、神秘的なフィメールコーラスが聴けるイントロで続く2曲目はクワイア
ギターも顔を出しロック要素を見せるがリズムは打ち込みのデジタルビート
その後はヴァイオリンシンセも顔を出しサビは盛り上がりを見せるぞ!クワイアも
実に美麗じゃのう・・・!3曲目はヴァイオリンのピチカート、ストリングス、打ち込みの
パーカッシヴなリズム、中東あたりの笛(?)
みたいな音色が聴けるミステリアスなムード漂う曲。
サビは非常にキャッチーだな。4曲目は笛の音色で幕を開けライトな打ち込みリズム神秘的なシンセ、
クワイア
が顔を出しヴォーカルメロディーもかなりのフックがあり軽めのギターによるカッティングも
部分的に聴けサビはストリングスも顔を出し大仰な盛り上がりを見せ実に劇的である!
後半のカウンターメロディーで登場するクワイアがまたクサくいちいちリスナーのツボを
突いてくる
のが心憎いわい!ラストは短めのリードギターでフィニッシュだ。


本作もまたAlieson、Land-youとは異なる民謡ファンタジックシンフォニックスタイル
追求しており壮麗で美しいアレンジ、豊潤なキャッチーさを持った極めて質の高い音
出しているぞ!それぞれのプロジェクト、ユニットで出来ない事をやっているがこれはこれで
実にハイクオリティーなんで前作のレビューでも書いたが是非ともフルアルバムを聴いて
みたい
ものじゃ・・・!前作もそうだが4曲中1曲が短い繋ぎなんでミニアルバムというよりは
マキシシングルで質が高いからこそ物足りなさを覚えるのもまた事実よ・・・!両者ともに自身の
活動があり忙しい
だろうが何年かけてもいいんで腰を上げてくれると俺や
その他クサメタラー、クサプログレッシャーが大喜び
するぞ(笑)。




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 81% お気に入り曲 全部







"少女ルビー"




AliesonのシンガーとLand-youのコンポーザーによる企画ユニットの3rdミニアルバム。


ミニアルバムというよりはほぼシングル、EPと呼べるボリューム故か早いペースで
CDをリリース
しているAlieson、Land-youのメンバーによって結成された企画ユニットの
3作目
である!クオリティーが恐ろしく高いので個人的にはガッツリとフルアルバムの製作に
着手して頂きたい
んだがまぁ精力的なのはいい事である!本作も方向性の大きな変化は無く
シンフォニックでファンタジックな要素の強いクラシカルさと民謡、民族音楽のスタイルが
違和感無く融合され壮麗なシンセ、クサすぎるメロディー、そして志方あきこライクな
フィメールクワイア
がバンバン飛び出しプログレ的とも言えそうな複雑なリズムワークも堪能できるぞ!

1曲目は早速のオーケストレーション志方あきこリスペクト民謡フィメール
クワイア
テンション高く幕を開けシンフォニックかつ軽快なノリを見せる短いイントロ
続く2曲目はなかなかにプログレッシヴと言えそうなリズムにコーラスが乗りポップス的ムード
出しつつもシンセが実にドラマティッククラシカルかつ民謡の要素も持ちギターも
オブリを放り込みヴォーカルメロディーも実にクサいぞ!
後半のクワイア、スキャット
ハイテンションで盛り上がりを見せるのう・・・!3曲目はどこかミステリアスで
エキゾチックなムード
を持ち合わせたシンフォニックな曲で当然のようにヴォーカルメロが
凄まじくクサく
シンセオーケストレーションや笛がどこか東洋的なフィーリングを
放っておるな。
4曲目はシンセが神秘的なムードを放ち鐘の音も聴こえ期待を煽るが
その後はヴォーカルが意外とポップで穏やかなフィーリングを放ちアレンジはやはり
シンフォニックでファンタジックだがメロディーラインはクサさが消え普通のポップスに
接近した印象
があるのう・・・!歌い方も大仰ではなく穏やかな感じだな。インストパートは
シリアスさのあるアレンジで良いぞ。


本作もまた志方あきこスタイルの流れを汲んだクサくシンフォニックで
ファンタジックな音楽性
を踏襲しておりメタルでないにも関わらずそれに通じる
高いテンションを持ち
リズムはプログレ的と言えそうな複雑な変拍子を見せ
シンフォニックメタルが好きなクサメタラーなら普通にクサメタル聴くのと
何ら遜色無く楽しめよう!
毎回言っている事だが是非ともクサメロ重視の楽曲を
中心としたフルレンスアルバム
を作って頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 81% お気に入り曲 prelude〜勝利の条件〜、少女ルビー、深紅の砂漠







"騎士エメラルド"




AliesonのシンガーとLand-youのコンポーザーによる企画ユニットの4thミニアルバム。


非HM/HRながらも志方あきこ要素満点でクッサイ民謡、民族音楽的な
分厚いクワイア
シンフォニックメタルばりの勢いで持って畳み掛ける大仰で
ドラマティックな音楽性
クサメタラーに大人気の企画ユニットによる4部作の
コンセプトのラストを飾る1枚
である!今後一体どうなるかは判らんが解散は
してもらいたくないのう・・・!次なるコンセプトで攻めて頂きたいものだが
そんな本作、音楽的には得意の民族音楽要素もしかとあるが過去作以上に様式美的な
クラシカルさ
がかなり増強されており同じクサメロでもかなり大仰でシンフォニックな
ドラマティックさ
に満ちておりさらにメタリックな生のギターも大々的に導入!
完全にメタルにシフトした訳ではないネオクラシカルなオブリやソロ
バンバン放り込み過去最高にメタラーにアピールしまくっておる!

1曲目は得意の民謡、民族音楽テイスト満点かつプログレッシヴな変拍子
ポップさすら携えたクワイアコーラスが聴ける実にテクニカルなテイストに
満ちた曲
で2曲目はクラシカルなムード漂うストリングスシンセ勇壮な
雰囲気を醸し出し
ヴォーカルメロディーもそんな感じのクサさが漂っておる!
初期DARK MOORタイプの様式美的なクサさ
だなこれは・・・!メタルと言う訳では
ないがメタリックなギターもバックで聴けサビ後はネオクラ系の速弾きも切り込み
ギターソロもクサくクラシカルなメロディーを奏でているぞ!3曲目は大仰な
シンセオーケストレーション、ティンパニ、クワイア、メタリックなギターが
派手に舞う
これまたクラシカルな印象の強いシンフォニックな曲でサビの盛り上がりが
実にクサい!ギターソロもメタリックに泣いており様式美の要素が強いのう・・・!
4曲目は叙情的なピアノ、ヴォーカルが聴けるバラード的なムードを見せる曲で
派手さは無いがメランコリックな空気が漂っているな。


これまでに増やしてきたメタラーのファンへの回答とでも言いたげな様式美的
ネオクラシカル要素
を叩き込んだ1枚である!メタル色濃い生のギターまで導入し
完全に我々に対してアピールしているがかといってそこまでHM/HRに接近したわけではなく、
メロディーライン、アレンジが完全にネオクラシカル様式美クサメタル方向なんで
シーンによくあるサンホラフォロワー的な要素が無いのがセンスを感じさせてくれるな・・・!
個人的には民謡よりも様式美のほうが好みなんでこの方向性は望む所である!本作で
コンセプト的にはラストとの事だがマジで次の一手が気になるのう!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 騎士エメラルド  氷のカドラル  天球舞踏〜最終章〜







もどる


inserted by FC2 system