PROFANE OMEN







"Destory!"




フィンランド出身のモダンメタルバンドの3rdアルバム。


メタルの聖地フィンランド出身のバンドではあるが北欧特有の冷たさ、キラキラ感は無く
どちらかと言ったらハードコアの影響が強いメタルバンドで、意外とモダンな
ヘヴィさ、ゴリゴリ感
は無く軽さのあるバンドサウンドでギターが細かいリフの
刻み
を見せておりスラッシュメタル然としたノリもあるが爆走しまくりではなく
ロックンロール的な軽快さがありヴォーカルはハードコア寄りの絶叫系シャウト
これまたパンク由来と言えそうな荒々しいクリーンVo双方を披露しなかなかに
キャッチーな部分
を見せておるな・・・!

1曲目は細かく刻まれるリフノリの良いリズム、絶叫シャウトにメタルと
言うよりはパンク、ハードコア系ルーツ荒々しいクリーンVoが乗る軽快な
アップテンポチューン
で音は軽くそこまでエクストリームではないがどこか
キャッチーさがありギターソロはトリッキーか!?中盤のバックでギターが
リードメロ
を奏でるパートがメロディアスじゃのう・・・!2曲目はアグレッシヴで
荒々しい勢いを見せる出だし
からやはりリフが細かいフレーズを刻み絶叫と共に
軽快なノリを見せるぞ。サビはこれまたキャッチーか!?3曲目も細かいリフ
幕を開けアップテンポだがヴォーカルは低音咆哮タイプのデスVoを披露!なかなかに
ブルータルな勢いを見せノリの良い疾走感もあるぞ!後半ではバックでバンジョーのような
音色も顔を出しなかなかに面白い事をやっておるわい!4曲目はSEクリーンギター
顔を出し気だるいマイルドでムーディーな空気を放つ場末感満点のスローチューン。
中盤以降はムードが変わりテンポアップし緊迫感を放ち始めるのう・・・!
5曲目はどこか退廃的な空気を放つギターが聴けスラッシーなノリを見せ
勢い良く疾走開始!
かなりスラッシュメタルに近いタイプの曲だがテンポダウンし
クリーンVoを披露するサビ
も顔を出しこの辺はイマドキだな。ラストではブラストも
飛び出すぞ!
6曲目はパーカッションクリーンギター怪し気なムード
醸し出し意外と正統派ライクなハモリギターも顔を出し微かにIRON MAIDENに通じる要素も
垣間見れるがヴォーカルはシャウト、デスVoである!ラストはラウンジ風の穏やかな
クリーンギター
が聴けそのまま繋がる7曲目は淡々とした気だるいムードを見せ
ヴォーカルも微妙な(爆)クリーンで怪しく歌うバラード系の大人しめの曲だ。
サビでバンドサウンドが盛り上がるのは定番だな。8曲目はドラムで幕を開け
パンク的なノリのリズム
が聴けるもヴォーカルはデスVoメタリックさも勿論あり
怪し気なギターの刻みが顔を出しサビはキャッチーなクリーンVoだ!
ギターソロは構築感があるのう・・・!9曲目は引き摺るような重苦しい
スローテンポ
ドゥーム、スラッジ系の要素がここに来て唐突に顔を出す
その後はテンポアップしやはりノリの良さを見せてくれるぞ!本作としては
ヘヴィさのある曲でヴォーカルはどこかMETTALICAみたいな歌い回しを見せるのう・・・!


よくあるスクリーモ、メタルコア、デスコアでも無ければスラッシュメタルでも
メロデスでも無い独特のハードコアロックンロールメタルをプレイしており
ありきたりなエクストリームメタル、モダンメタルに飽きを覚えているメタラーに
オススメ出来そうなバンドだと言えそうだな・・・!音は軽くゴリゴリの
ヘヴィさ
は皆無でこの辺は重さを求めるメタラーには好まれないだろうが逆に
聴き易さに繋がってると言えなくも無いか!?





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 A Force To Be Reckoned With  Predator  Escape / Traceless
Bad Dreams  Bound To Strive







もどる


inserted by FC2 system