PRODIGAL SONS







"On Our Last Day"




イタリア出身の正統派HM/HRバンドによるアルバム。


B級クサメタルの聖地イタリアから姿を現したバンドで、音楽的には珍しく
メロスピ、クサメタルでは無い、エピック要素を内包した勇壮な正統派HM/HRなんだが
やはり例によって例の如く、サウンドはモロにB級となっておりスッカスカ極まりない
劣悪なプロダクション、
危なっかしさ漂うヨレヨレの演奏、いかにもイタリアンな
線の細さでナヨナヨ歌い上げるヴォーカル
と、イタリアンB級メタルと聞いて
我々が思い浮かべる要素全てが本作に詰まっておる!(爆)

1曲目は母国語語りに始まり耳障りな音質のオーソドックスなリフが登場、
リズム隊も顔を出すが音質は相当にチープでスカスカさが目立ち、さらに言えば
アンサンブルも相当にヨレヨレタル〜いイントロで、続く2曲目はそれなりに
勇壮さを感じさせるバンドサウンドが聴ける軽快なミドル〜アップテンポ曲となり
メロスピ、クサメタルでは無いが線の細いヴォーカルはいかにもイタリアンB級メタルで
嬉しくなるな(爆)。
所々で顔を出す変なしゃくり上げがまたB級である!(笑)3曲目も勇壮さ漂う
リードギターが聴ける正統派メタル
で、ヴォーカルも無理矢理ハイトーンをひり出して
強引に歌い上げておるわい!
4曲目は勇壮かつ劇的なギターフレーズで幕を開け
アコギも登場、曲自体はなかなかに悪く無いのう・・・!唐突に雰囲気が変わる
中盤のギターフレーズ
勇壮で良いんだがねぇ・・・!5曲目は正統派ながらもどこかタルい印象のある
淡々としたミドルチューン
で、後半はギターフレーズが長々と続き部分的にはなかなかに
悪くないメロディーも聴けるが基本的に冗長である(爆)。6曲目もまたそれなりに
カッコ良さを感じさせる正統派ライクなリフワーク
が堪能出来るストレートなHM/HRだ!
危なっかしさ満点のドラム
に続くギターメロディーがまた無駄にクサカッコイイぞ!(爆)
7曲目はピアノ、アコギメロウさを放つバラード。ヴォーカルは声質自体は悪く無いんだが
やはり基本的に弱く、ナヨナヨした歌い回しが好みを分けるのう・・・!8曲目はギター、シンセが
中東系のエキゾチックさ
を放ち怪しさを見せつつもその後はIRON MAIDENっぽく疾走する!
後半ではスパニッシュライクなアコギも顔を出すぞ。9曲目はクリーンギターに
ヴォーカル
が乗る怪しげな曲調になるも、その後は勇壮なバンドサウンドが顔を出し
ギター等これまたIRON MAIDENっぽい部分を見せるのう・・・!後半はテンポアップするが
ギターフレーズ等やはりIRON MAIDENスタイルをそのまま踏襲しておる!10曲目も勇壮なギターが聴ける
エピック要素漂う正統派メタルだが、ヴォーカルが実に素っ頓狂なハイトーンで
無理矢理喚き散らしており
実にB級である(爆)。


メロスピ、クサメタルでは無くエピック要素入りのストレートな正統派メタルで、
曲自体はそこそこ悪くは無いんだが演奏、音質、ヴォーカルものの見事に
B級クオリティー
マニアにしかオススメ出来んレベルに収まってしまっておる・・・!
“アイアンマン”より“メタルマン”“アバター”よりも“エイリアンVSアバター”
“パシフィック・リム”よりも“ロボジョックス”を好む捻くれたリスナーにオススメだ(爆)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 68% お気に入り曲 Let Us Speak  Zeus







もどる


inserted by FC2 system