PRELUDIO ANCESTRAL







"Hacia Lo Inmortal"




アルゼンチン出身のクサメタルバンドによる1stアルバム。


B級クサメタル大国(?)アルゼンチン出身の自主制作CD−Rによるデビューアルバムで、
マニアックなクサメタラーの間でそこそこ話題に上ったらしく音楽的には
キラキラしたシンセを大々的に導入したメロスピ、クサメタルとなっており、
メタル辺境地らしく例によって例の如く音質は滅茶苦茶スカスカで演奏も稚拙、
ヴォーカルもヘナチョコさ満点の不安定なハイトーン
B級もいい所なんだが、
こんなんでも楽曲はそこそこ悪くなくクサさはしかと感じさせてくれるのう・・・!

1曲目は波のSEチープなシンセオーケストレーション勇壮さを放つイントロで、
2曲目はクソショボい音質、貧弱ヘナチョコハイトーンVoが聴け疾走!リフは意外と
ネオクラ寄り
だが音が悪過ぎて不鮮明だし、ギターとシンセのユニゾンも合っておらず
演奏面もかなり厳しいがクサさはあるな・・・!3曲目はチープながらにシンセが
キャッチーさ
を放つミドル曲で、4曲目はまんま日本の歌謡曲ダサいクサさを放つ
泣きのギター
が登場、バッキングも歌謡曲丸出しで一体どこからこんな曲調のネタを
思いついた
のだろうか!?(爆)身内に日本通でもいるのか!?
5曲目はショボさ満点の下手なギターで幕を開けハモンドも顔を出し淡々と展開、
曲構成が冗長でダレを覚えるのう・・・!6曲目はスパニッシュメタル臭を放ちながら
疾走するメロスピで、オルガンもバックで目立っているな。7曲目は説得力皆無ながら
正統派寄りのリフが聴け、メロスピ然とした疾走感もあるがギターソロは
全然弾けておらず相当に下手糞だな・・・!8曲目もハモンドが聴け下手な癖して
半端にハードロックをやろうとしており(爆)、
9曲目はシンセがクサさを放ちリズムが
崩壊しかけているバンドサウンド
も登場、淡々としたスローテンポでつまらんな(爆)。
10曲目は様式美寄りのリフで疾走し、ヴォーカルもヘナチョコながらにスパニッシュメタル風で
クサいぞ!
11曲目はミドルテンポで不安定なVo、シンセが目立っており
12曲目はピアノ女性Voが聴けるバラード。この女性Voもあんま上手くは無いが
ヘナチョコ専任シンガーよりはマシ
だろうか!?


音悪し、演奏下手糞、ヴォーカルヘナチョコながら曲自体は悪くないと言う、
昔掃いて捨てる程いたB級クサレメタルまんまな音を出しており、リアルタイムで
ユニオンやへヴン等
でこの手のアルバムを漁っていたマニアッククサメタラーには
たまらんバンド
だろう!流石に今聴くと相当にレベルが低く、決して高い評価には
ならない
んだが4曲目みたいな謎のクサ曲が出てくる辺りマニアはこういうバンドの
発掘をやめられないのだ!








満足度 66% お気に入り曲 Lo Inmortal  Escucha tu Voz
Destino  Putrefaccion







"Kybalion"




アルゼンチン出身のクサメタルバンドによる2ndアルバム。


自主制作CD-Rながらそこそこ話題になったらしい、メタル辺境地アルゼンチン出身の
クサメタルバンド
による待望の2作目である!デビュー作となった前作は例によって
例の如く、音質スカスカ、演奏下手糞ヴォーカルヘナチョコといかにもなクソメタル振りを
見せ付けつつも、
楽曲自体はそこそこで半端に歌謡曲に精通(?)してたりと謎の素養を
発揮していた
んだが、本作も期待を裏切らないB級クソメタル振り
変態クサレメタラーを勃起させる仕上がりとなっており、クオリティー重視の
メタラー
手を出さないほうが無難じゃろう・・・!(爆)どうやらシンガーが
変わっている
らしいんだが、ただでさえヘナチョコだった前作のシンガー以上に
ピッチが合っておらず余計に下手糞である!


1曲目は女性の呟き、オーケストレーションによるイントロで、2曲目はいきなりの
ロシア民謡風なクサメロを放ち疾走!やはりスカスカな音質でヴォーカルも
全然成長しておらずピッチがボロボロで実にB級なんだがクサさはあるのう・・・!
ソロも下手糞
なんだが“グリーンスリーヴス”のフレーズを拝借しているためやはりクサい!
8分ある大作
で中盤以降はピアノパートになるぞ。3曲目は胡散臭いダークさ
目立った微妙なスロー曲。4曲目は怪しげなソプラノ女性Voによる淡々としたミドルテンポで、
男女ツインVoで展開するがこの女性Voも微妙じゃのう・・・!(爆)5曲目は劇的なリフが聴ける
様式美要素入りの疾走チューンだ!ヴォーカルの音程がもう滅茶苦茶なんだが(爆)
まぁクサさはあるな・・・!6曲目はサンプリングと思しきクワイアが聴け
ダークなエキゾチックさを放つスロー曲となるぞ。7曲目は穏やかさ満点の叙情バラードで、
まぁヴォーカルの下手な事よ!(爆)8曲目は比較的オーソドックスな印象のある
ミドル曲
だが、途中からテンポアップしサビはメロスピとなるのう・・・!
9曲目は歌謡曲然とした強烈な哀愁、クサさを放つ疾走チューンで、ヴォーカルの
下手さがつくづく悔やまれるなぁ(笑)。
ギターソロも淡々としているがクサいメロディーを
奏でているぞ。
10曲目は13分ある大作で、淡々としたイントロから正統派らしさを放ち
延々とギターソロが続いていくインストで、ベースソロも顔を出し後半はシンセが
イングヴェイもやってるアルビノーニのアダージョのフレーズを披露!
11曲目はDIOの“Don't Talk to Strangers”のカヴァーだが、ヴォーカルが
下手
なんでガッカリカヴァーだな(爆)。


音質、演奏、ヴォーカル共に未だB級だし、楽曲自体も疾走曲は
クサくて良いがスロー曲がつまらなく、
こういう部分でもまだまだ未熟さが
見え隠れしておる
のう・・・!まぁ疾走曲は普通にクサいんで、音質や演奏、
ヴォーカルがクソ
でもクサけりゃいいタイプのクサメタラーであれば
聴いてみる価値はあるかも知れんな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 'till the End of Times  Burning Deep Inside
Ancestral Tunes







もどる


inserted by FC2 system