POWER TALE







"Urfin Dzhus and his Wooden Soldiers"




ウクライナ出身のメタルオペラプロジェクトによる1stアルバム。


Vo、ベース、シンセ等をこなすマルチプレイヤー、Stanislav Osychnyuk率いる
バンドと言うかプロジェクト的な存在によるデビューアルバムで、メタルオペラ
形式を取ったコンセプトアルバムとなっており、複数のゲストミュージシャン
参加しており、ロシア、ウクライナのメタルシーンではそこそこ知られる面子も
揃っている様だ。音楽的にはメタルオペラでありながらそこまでシンフォニック
感じでは無く、むしろオーソドックスな正統派、メロディックメタル寄りなんだが、
流石にロシア、ウクライナ故に独特の薄暗い怪しさ、クサさがあり、プロダクションや
演奏はなかなかにこなれており少なくともB級なショボさ、チープさは無いな。

1曲目はシンフォニックなイントロで、2曲目は意外にも正統派路線の
ストロングな曲調
で、ヘヴィ寄りのリフ、早速のピロピロギターが聴けるが、
熱唱タイプの母国語Vo怪しさを漂わせ、いかにもロシアなクサさを醸し出す
クワイア風コーラスも登場、3曲目は浮遊感あるシンセを交えた正統派HM/HRで、
4曲目はチェンバロが顔を出しダークなシリアスさを漂わせるアップテンポの
クサいパワーメタル
だ!途中ストリングスが聴けギターソロに繋がって行くぞ。
5曲目はややチープなシンセエピック、ファンタジー感を漂わせるアップテンポで、
6曲目はトランス風シンセが聴けるシンプルな正統派で、男女ツインVoが顔を出すぞ。
7曲目は男女ツインVo、ピアノが聴けるバラード。男Voが怪しい声質だな・・・!8曲目は正統派らしい
軽快なアップテンポで、男Voが怪しいオペラ風なのがいかにもロシアンメタルだな・・・!
9曲目はアップテンポでドラマティックさ、ダークさが見られるが、Voがやけにダミ声で
怪しげ
なのがロシアンメタルだ(笑)。10曲目はかなりメロパワ的な疾走感ある劇的な
男女ツインVoチューンとなるぞ!11曲目は細かいギターが聴けるオーソドックス路線のミドル曲で、
ギターソロは劇的だな。12曲目は複数のシンガーが顔を出すジャーマン寄り
アップテンポで、クワイア風コーラスも聴けるぞ。13曲目もメロパワ路線疾走チューンとなり、
ギターソロ、シンセ類がまたかなりドラマティックである!


メタルオペラでありつつシンフォニックでは無く正統派路線なんだが、
上記したようそこは流石のロシアンメタルで、独特の翳りある怪しいクサさ、
メランコリックさ
が漂っており、母国語Voほの暗さが感じられるな。
決して超一流のサウンドでは無いんだが、ロシアンメタルとしては十分な
プロダクション、ちゃんとした演奏、Voを楽しめる良作
だろう!







満足度 83% お気に入り曲 Волшебный порошок
Город счастья  Карфакс  Мимо башен
Зов Стеллы  Огнем и мечом  Это наш мир







"Seven Underground Kings"




ウクライナ出身のメタルオペラプロジェクトによる2ndアルバム。


ウクライナのマルチプレイヤーによるメタルオペラプロジェクトの2作目で、
どうやら本作リリース前にEKZISTENCIAのシンガーSergey Brykovがメインの
メンバーとして加入したようで、それ以外のシンガーがゲスト参加という形に
なっているようだ。音楽的には前作の流れを汲んだ、メタルオペラモノにしては
珍しくシンフォニックさの薄い、オーソドックスな正統派、パワーメタル路線
ギター主体な雰囲気があるが、母国語Voはやはりロシアンメタルなクサさがあり
プロダクション、演奏、歌唱力等前作同様クオリティーは高いな。

1曲目は淡々としつつも軽快さがあり、ギターも細かいアップテンポの正統派で、
ピアノも登場、2曲目はメロパワ的な疾走感を放ち、Voラインがやけに軽快
それでいてクサさも漂わせているぞ!ハモリを見せるギターソロもクサくて良いな。
3曲目は女性Vo、クリーンギターがバラード的なメロウさを放ち、盛り上がりも見せるのう・・・!
4曲目はピアノ、男Voがこれまた穏やかなメロウさを放つバラード風。アコギも聴け
より哀愁が強く、途中から疾走しクラシックフレーズを交えたハモリギターも登場!
5曲目はジャーマン寄りの疾走メロパワチューンで、朗々とした低音男Voも顔を出し
ロシアンメタルらしい怪しさがあり良いな。6曲目は怪しげな中性的声質のVoが
胡散臭さを放ち疾走、ブラストビートも部分的に交えており、7曲目はオーソドックスなミドル曲だが
Voはやはりロシアンメタル的な独特の怪しさがあるな・・・!8、9曲目はボーナスで、
前者はロシア的な怪しいクサさを放つVoが目立った疾走曲で、後者は7曲目の別テイクだ。


前作同様正統派、パワーメタル路線でロシアンメタルらしいクサさを漂わせ、
プロダクション等の質も高い高品質なメタルオペラを踏襲しており、
前作が気に入ったのであれば本作でも十分以上に楽しめるだろう・・・!
ただ気になる程では無く些細な点だが、前作と比べるとやや暗さ、陰りが
薄れた
感じでワールドワイドな普遍性に接近しているかも知れんな。







満足度 83% お気に入り曲 Верный друг
Я и ты (история железного дровосека)
Семь королей  Турниры отменили  
Турниры







もどる


inserted by FC2 system