POWERIZED







"The Mirror's Eye"




デンマーク出身のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


元VICIOUS RUMORS、現SINBREEDのシンガーであるNick Hollemanによって
結成されたバンドで、VICIOUS RUMORS脱退前からPOWERIZEDは存在していたが
脱退後に本格的に活動を開始し、本作は2018年にリリースされた彼等の
デビューアルバムである!音楽的にはシンフォニックさのあるシンセを
大々的に導入したメロディックパワーメタルで、プログレメタル的な
長尺曲
が目立ちつつファンタジックな叙情プログレ要素も強く、全体的に
明るくメルヘンチックな印象があるだろうか!?濁りの無い声質
力強く歌い上げるハイトーンVoタイトな演奏、良質なプロダクション等
かなりクオリティーは高く、
デビュー作ながら既に洗練された一流の
パワーメタル
を聴かせてくれるぞ!

1曲目はストリングス、クワイア系シンセによるシンフォニックなイントロで、
2曲目はそのままシンセ、バンドサウンドが聴けピロピロギターと共に疾走!
シンフォニックなメロパワ、メロスピ然としているが、中盤はスリリングな
プログレメタル感もあるか!?3曲目はコーラスに始まりシンフォニックかつ
重厚でシリアスなスローテンポで展開、コーラスやアコギがメロウかつ
プログレメタル的な要素
がある10分の長尺だな。4曲目はメルヘンチックな
空気
が漂い明るくポジティヴかつピロピロしているファンタジックな
プログレメタル風。
5曲目は怪しいコーラスで幕を開け軽快なノリの良さ
放ちつつやはりシンフォニックだな。6曲目はメロウなピアノが聴けるバラード系だが、
これもプログレ風のファンタジックな叙情性があるな・・・!7曲目もポジティヴな
明るさ、ファンタジックさ
が見られ、分厚いクワイア系コーラスも目立つぞ。
8曲目はシンフォニックさが目立ち、これまた明るいファンタジックな軽快さがある
11分越えの大作。9曲目も明るくファンタジックだが、パワーメタル感もありそれでいて
シンフォニックだな。全体を通してクワイアもかなり目立っているのう・・・!
10曲目はピアノによるアウトロ的なインストだ。


ストリングスシンセ等がシンフォニックな空気を漂わせるヨーロピアンな
メロディックパワーメタル
で、長尺曲が多かったりとプログレメタル風味
漂ってはいるが、あくまでもプログレのファンタジックさを取り入れている位で
無駄に技巧をひけらかすような事は無く、あくまでも劇的さ、構築美
重きを置いており、意外とダレずに聴き通せるだろうか!?人によってはプログレ要素は不要、
ストレートに疾走して欲しい
と思うだろうが、これはこれで楽しめるな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Where Worlds Meet the Eye  God of This World







もどる


inserted by FC2 system