POLARITY SIX







"Solarians"




日本を拠点に活動する多国籍テクニカルエクストリームメタルバンドによる1stアルバム。


有難い事に直々にうちのサイトにメールをくれたバンドで、活動拠点は日本のようだが
ドイツ人、フランス人、日本人のメンバーによって結成された5ピースの多国籍バンドである!
音楽的にはとりあえずはメタルコア系のエクストリームメタルを基本としているが、そこに
プログレッシヴと言うかカオティックとも言えそうなテクニカル要素を導入、ヴォーカルは
クリーンもあるが殆どがメタルコア、ハードコア系の荒々しい咆哮、シャウトとなっており、
2曲目でゲストシンガーが参加しているようだ・・・!

1曲目はデジタル系の信号音ノイズによるイントロで、続く2曲目はカオティックと言うか
プログレメタル的なテクニカルサウンドを披露しつつもエクストリームメタル系の
アグレッションを放ち疾走!
ヴォーカルもメタルコアスタイルのシャウトで演奏も
実にタイトさがあるのう・・・!バックでコーラスも聴け中盤のクリーンVo中性的な声質だな。
3曲目もタイトなアンサンブルカオティックさを放っておりグルーヴィーさも見せつつ
Djentに通じるリズムもあり、流麗なリードギターも顔を出すが基本はグルーヴメタルである。
4曲目は緊迫感を放つドラム、叙情的なツインギターで幕を開けスリリングに刻まれる
リフと共に疾走
するが、その後はグルーヴィーなリズムになりヴォーカルもハードコア系の
荒々しいダミ声シャウト
である。後半はビートダウンも顔を出すぞ!5曲目は叙情的なクリーンギター
幕を開け、スラッシーな無骨さを見せるバンドサウンドがフェードインパワフルな
音作り
を見せるグルーヴィーなミドル曲になり、デスVoは低音ガテラル寄りだがその後
クリーンVoも顔を出すぞ!中盤は穏やかなクリーンギター淡々としたベースが聴ける
マイルドなパートになり、さらにポストロック的な展開も見せ後半は激情ハードコアである!
6曲目はワイルドさを放つノリの良いアップテンポチューンで、かなりストレートな
ハードコアメタル、メタルコア
に接近しており、叙情性は無いがパワフルでマッチョな音を出しておる!
中盤でこれまたクリーンVoも登場だ!7曲目は怪しげなシンセ空間系のムードを演出、その後は
テクニカルな要素を持ったプログレメタルコアサウンドになり荒々しくも実にタイトである!
クリーンVoピアノもまた怪しさを演出しておるのう・・・!8曲目もまたどこか怪しさがあり、
淡々
としつつもテクニカルで知的な印象をアピールする機械的なバンドサウンドが顔を出すも
その後は実に穏やかなクリーンギター、クリーンVoが登場、再びへヴィなバンドサウンドも聴けるが
やはり基本は怪しげな無機質さの演出である。9曲目はデスラッシュ的な勢いを放ち疾走!
テクニカルなリズムチェンジ
を交えつつも無骨でパワフルな勢いを放っているが、ポストロック系の
クリーンギター
マイルドなクリーンVoが顔を出しテンポダウンするパートもあり、さらにへヴィで
無機質なビートダウン
も聴けるぞ!中盤のギターソロがなかなかにメロディアスじゃのう・・・!
10曲目もデスラッシュ的な勢いを放つアグレッシヴなファストチューンだが、テンポダウンする
部分
もありビートダウン系のへヴィさを放つパートも早い段階で登場!中盤以降でメロウな
リードギター
クリーンVoも顔を出し叙情的な印象を見せるぞ。11曲目は短い曲だが
デスラッシュ的な勢いある疾走感、アグレッション
を見せるファストチューンだ!
アウトロのインスト
に見せかけてこういう曲調で終わるのが新鮮じゃのう・・・!


プロダクションは軽めだがギターやドラム等が手数の多さを見せ付けるテクニカル系の
エクストリームメタル
をプレイしており、無骨でパワフルなメタルコア、ハードコアだったり
プログレッシヴメタル、カオティックコア的な技巧を見せたり、ポストロック激情ハードコア系の
アレンジ
を導入したりと幅広い素養を持っており新人離れした懐の広さを見せ付けておる!
とりあえず欠点はプロダクションの軽さ、それとクリーンVoの線の細さだろうな・・・!この辺を克服して
クリーンVoパートにキャッチーさを持たせる事が出来るようになればさらに良くなるであろう!




Facebookで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Solarians   Running (A Futile Escape)  Whiteboard
Suicide Eve  Rising  Coward







もどる


inserted by FC2 system