POISONBLACK







"Dead Heavy Day"




元SENTENCEDのヴィレ・レイヒアラ率いるバンドの3rdアルバム。


元SENTENCEDのヴィレ・レイヒアラがバンド健在の頃より
平行して行ってきた別バンドで、1stではCHARONの
J.P.レパルオト
がヴォーカルをとっていたが結局脱退し
2nd以降はヴィレがヴォーカルとギターを担当しかつての
SENTENCEDを思わせる要素を感じさせるようになったが
こっちはよりグルーヴィーでブルージーさも
併せ持ったロックンロール的色合い
が濃いな・・・!

いきなりのブルージーなイントロに面食らうも続く
2曲目はモダンさを感じさせるメタリックなリフ
登場し一安心である(笑)。だがかつてのSENTENCEDの
頃のような絶望感、退廃感は無く良くも悪くも普通に
聴きやすいロックンロール風の曲調となっており
過去との決別を伺わせるのう・・・!3曲目なんか
トランス系のシンセも登場しピアノの音色からは
ヴォーカルと相まってかつての北欧メランコリック
ゴシック風味
が漂うもやはりノリの良さが感じられる。
4曲目はグルーヴィーなへヴィサウンドを基調としつつも
やはりヴォーカルの声質のせいかSENTENCEDを思い出すのう・・・!
5曲目はシンセが聴け壮大さを醸し出し冷たいピアノも登場、
モダンなバンドサウンドがゴシック風味を演出する我々が
ヴィレに求めるタイプの曲調
である!ギターリフもカッコいいな!
7曲目は曲名こそ“X”だが某国産バンドの思わずXジャンプしたく
なるようなファストチューンのカヴァーではなく(爆)ブルージーな
雰囲気がプンプンの男バラードだ。中盤からバンドサウンドも登場し
へヴィになるぞ!ギターソロはもろにペンタトニックな節回し
渋い泣きのプレイである!8曲目はアップテンポ寄りで
グルーヴを前面に出したリフのカッコいいモダンな
へヴィチューン
だがヴォーカルからはどこかやるせない哀愁
漂っているな。中盤アグレッシヴさが増しギターソロもいい味を出している。
9曲目はのっけからどうにもならない激情を放つへヴィサウンドが琴線に
触れ
その後はゴシカルなダークさ、シリアスさが演出されたメロウな
ヴォーカルパートになりサビは再び退廃的に盛り上がる
絶望メタルバラード
だ!途中まるでモッシュパートのような
ビートダウンリフが出てくるがバラードなので常に
ビートダウンしている
からなぁ・・・(笑)。ギターソロは
実にエモーショナルで技巧的に弾く事しか出来ないプレイヤーに
見習わせたいプレイだと言える!?12曲目は漂うような
ギター
が聴け低音で淡々と歌うヴォーカルがとにかく渋い
暗くメランコリックなバラードである!長めの曲で
ギターソロがやはりたまらんのう・・・!ブルージーな
素養
を感じさせつつ咽び泣く男のソロである!


ノリのいい曲もバンドサウンドがモダンで十分にへヴィなので
この手の音圧が楽しめる今の俺にはこれはこれで悪く無いが
やはり3、5曲目のような重厚で冷たく壮大で叙情的な北欧
メランコリックスタイル
が一番好みじゃのう・・・!ロックンロール、
ブルーズロック
的なスタイルを取り入れてはいるが根底には
SENTENCEDで見せてきた男泣き北欧メランコリックゴシック
要素が残されており絶望感はそれほどでもないが泣きの面では
引けをとってはいない!
SENTENCEDが好きだったのであれば
本作もすんなり受け入れられそうだがどうだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Left Behind、Dead Heavy Day、
Human-Compost、Days Between







もどる


inserted by FC2 system