PHANTAS-MAGORIA







"Synesthetic metaphor"




日本の女性ヴォーカルモダンメタルプロジェクトによる1stアルバム。


モダンヘヴィネス/オルタナメタルスタイルでありつつ本場海外のバンド
ようなフック皆無のタル〜いヴォーカルではなく日本人らしいキャッチーさを
内包した女性Voをフロントに据えたプロジェクト
で、俺は下でレビューしている
2nd
から知った人間だが本作が1stアルバムとなっており、どうやら女性シンガーの
ソロプロジェクト的
な感じらしくゲストで複数のコンポーザーが楽曲提供
音楽的にもゴリゴリかつテクニカルなギターが聴けたモダンヘヴィネス、ラウド系
2ndとは異なり軽快なノリを見せるエモ色濃いバンドサウンドがメインの

1曲目はライトさのあるギターサウンドシンセが乗りアップテンポ
ありつつもHM/HRとは異なるエモ的な音作りを見せているがヴォーカルはやはり
アニソン、J-POP的なキャッチーさを持っているのう・・・!
2曲目はさらに
ハードさが減退し相当にポップス色濃い曲調になるが疾走感はありギター等
バンドサウンド結構細かいプレイを披露しておる!3曲目は穏やかなアコギが
メロウさを醸し出すバラード系の曲。
途中からバンドサウンドが盛り上がり
コーラスやリズム、ギター等シアトリカル系のプログレ要素も見せ始めなかなかに
ドラマティックである!
ラスト付近ではテクニカルに弾きまくるギターソロに加え
ドラムも細かい叩きっぷりを見せツーバスも連打するぞ!4曲目はうって変わって
リリカルなシンセで幕を開け打ち込みリズムになるデジタル系のトランスとなり
5曲目もこれまたトランス色濃いデジタルシンセで彩られたメタラーが嫌う
四つ打ち
だがストリングスの音色も聴けるぞ。6曲目もまたトランス系の
デジタルシンセ、リズム
で展開、7曲目もモロにトランスでしかもチャラい明るさが強いのう・・・!
一応はギターも聴けるがエフェクトが強すぎるか!?8曲目はここに来てようやく
ギター等バンドサウンドが目立ち始めるが
基本は淡々としたバラード
ギターもまるで打ち込みのような加工が施されており耳障りさが強いのう・・・!(爆)
9曲目はプログレメタル色濃いテクニカルなアンサンブルが目立っておりヴォーカルだけは
これまでの曲と変わらぬアニソン系クサメタル然とした勇壮さを放っておりどこか
MARGE LITCH、ALHAMBRAを彷彿とさせるのう・・・!ギターソロも勿論テクニカルで
スリリングだ!
10曲目はピアノ、ストリングスで幕を開け次作に通じるモダンさのある
ゴリゴリなヘヴィリフ
も登場!ただラウドなだけではなくこの手の女性Voモノらしい
ゴシカルさ
もありギターソロはプログレメタルライクなテクニカルさを見せるぞ!
11曲目はアトモスフェリック色濃いムードを漂わせつつもモダンなヘヴィリフも顔を出す
インダストリアル系のスロー曲。12曲目もゴリゴリなモダンさを放つ
ヘヴィリフ
が聴ける重苦しさ満点のスローチューンだがドゥーミーなだけでは無く
ストリングスも登場、ゴシックメタル的な退廃ムードを醸し出すぞ!
ヴォーカルは淡々としておりデスVoの類は無いのう・・・!ギターソロはやはりテクニカルな
速弾き連発
プログレメタル的パートも飛び出し実に聴き応えあるのう・・・!


2nd以前はトランス寄りだったという話を耳にしてはいたが頭3曲はバンドサウンドメインの
エモいロック色濃いスタイル
が主体となっておりこれなら楽しめると思ったがその後は
評判通りのトランス色濃いアレンジばかりになってしまい激しく肩透かしである!(爆)
まぁアルバム後半は次作に通じるラウドロック/メタル然としたヘヴィリフが聴けるのだが・・・!
根底にあるのはアニソン、J-POP的なキャッチーさを内包した女性Voモノ
アレンジがモダンメタルエモトランスかの違いでしかないのだがやはり俺は
メタラー
なんでトランスよりもモダンメタルエモコアのほうが圧倒的に好みなのは
わざわざ言うまでも無かろう!
ジャンル問わずアニソン的女性Voが好きなリスナーなら
本作も次作も楽しめるだろうが俺はやはりバンドサウンドを求めてしまうわい・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 W/Z  MEMORIES  Lierre  Grungelizer
Gothika  Innocent Words







"Release hallucination"




日本の女性ヴォーカルモダンメタルプロジェクトによる2ndアルバム。


一体この地球上に同名のバンドが何組いるのか数え切れんが(爆)、こっちは同人ゴシック界隈
プロジェクトであって決して再結成するために解散した某ヴィジュアル系バンドではない(爆)。
本作は通算2作目のアルバムで、以前はトランス寄りのスタイルを見せていたようだが本作は
方向性を一転、自称オルタナティヴメタルを名乗っておりジャケが示す通りのゴシカルな
退廃ムード
を見せているも同人ゴシック特有のクサさ、疾走感、シンフォニックさよりも
オルタナメタルを名乗るだけにモダン寄りのヘヴィリフによるミドルテンポのグルーヴィーな
音作り
が主体でそこに気だるさのある女性Voが乗りさらにプログレメタルに通じる
テクニカルなアンサンブル
も見せているぞ!ちなみにデスVoは無い。

1曲目はいきなりのエレクトロニカ音に始まるもその後すぐにモダンさのある
ヘヴィなバンドサウンド
ストリングスシンセも顔を出し気だるい退廃ムード
放つアンニュイな女性Voが登場、途中のリズムチェンジフックとなっており
サビはいかにも同人メタルらしいアニソン系のキャッチーさがあるな・・・!
エキゾチックさもありインストパートは唐突にテクニカルさを見せプログレメタル的な
アンサンブルを披露するぞ!
ギターソロもなかなかにトリッキーな速弾きを見せており
プログレメタル畑のプレイヤーなのだろうか!?2曲目はデジタル音ヘヴィなギターが
顔を出し
やはりプログレメタルに通じるテクニカルな絡みを見せているのう・・・!
ヴォーカルメロはこれまたキャッチーさがありベースも目立ちギターソロもまたワウを
かましつつテクニカルなシュレッドを披露しておる!
3曲目はメロトロン風の枯れた
ストリングス
デジタルリズムアトモスフェリックなムードを放つバラード風の曲。
4曲目はチャーチオルガンで幕を開け同人ゴシックらしいクサい様式美ムードを発散、
その後はシリアスさのあるヘヴィリフストリングスシンセが顔を出し
重厚に展開、ギターのバッキングが何気に細かくモダンプログレメタル然とした部分もあるな。
シンセがシンフォニックさを見せギターソロがまたプログレメタルライクなテク
見せつけておりギターキッズも楽しめそうだな。ラスト付近のコーラスちょい弱めか・・・!?
5曲目はドラムに始まりゴリゴリなヘヴィリフラウドさを放ちグルーヴ重視の
音作り
を見せヴォーカルパートもベースが凶悪な低音を放ちつつ怪し気な
退廃ゴシックムード
を演出、実に重苦しいがヴォーカルだけはウィスパー寄りだな。
ギターソロはいつものシュレッドではなくアーミングを駆使しスティーヴ・ヴァイ
彷彿とさせる変態的なプレイを見せておるな・・・!6曲目はどこかエモ的な湿り気を帯びた
ギターサウンド
が聴けるがヴォーカルは性急な早口系クサさのあるキャッチーさ
見せる辺りが同人メタルライクじゃのう・・・!リズムはアップテンポ微かに聴ける
ピアノ
叙情性を見せておりギターフレーズ本作としては珍しい
メロディアスさ
があるな。7曲目はピアノキャッチーなクサさのあるヴォーカルが聴け
湿ったバンドサウンド、ストリングスも顔を出すエモいパワーバラード風のメロウな曲。
ギターソロも曲に合わせたメロディー重視のプレイでテクをひけらかす事は無く歌モノラウドロック、
エモと同人メタルの良い所が合わさった
良質の楽曲だと言えよう!


オルタナティヴなんて聞くと大半のメタラーは敬遠しがちだがそこいらの歌詞だけの
腐れ文系オルタナのモヤシ小僧共
とは一線を画するゴシック系の女性Voモノテクニカル
モダンメタルである!
ミドルテンポメインだがゴリゴリにヘヴィなグルーヴサウンド
言うよりはキャッチーなヴォーカルが目立った歌モノでちょい前にわんさか出てきた
女性Voラウド、ヘヴィロック系と見る事も可能なアルバムだが流石に同人畑だけに
メロディーにはアニソンらしいキャッチーさがありヴォーカルは弱めではあるが
非常に聴き易い1枚に仕上がっているな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Synchronicity -眠る貴方へ-  Night Hollow  ENIGMMA  青い月







もどる


inserted by FC2 system