PERSUADER







"Evolution Purgatory"




スウェーデン出身の正統派/パワーメタルバンドによる2ndアルバム。


かつてSAVAGE CIRCUSにおいて初期BLIND GURDIANそっくりなサウンドを提示し
パワーメタル者を歓喜させたメンバーが在籍しているバンドである!
SAVAGE CIRCUSで一躍有名になったような感じだが、こっちのほうがメインらしく
1stはSAVAGE CIRCUS以前にリリースされていたようだ・・・!音楽的にはやはり
SAVAGE CIRCUS初期BLIND GURDIANを引き合いに出すまでも無い、剛直極まる
漢の正統派パワーメタル
となっており、ハンズィそっくりと謳われたヴォーカル
強烈な存在感を見せ付けておるわい!

1曲目はシンセを交えつつも早速の剛直なパワーメタル振りを発揮しており、
リフワークパワフルなヴォーカル等実に男臭くストロングかつストレートな
王道っぷりを見せ付けておる!
2曲目はパワフルで硬派な疾走感を見せる
これまたストレートな正統派パワーメタル
だが、リフワーク多少ながら
スラッシーな面
もあるか!?ヴォーカル、コーラスがまた非常に男臭くサビは
メロパワらしさ
が漂っているな・・・!ギターソロちょいとエキゾチックなのも
聴き所である!
3曲目はちょいクラシカルなギターが聴けその後は疾走!基本は
軽快なアップテンポシンセも一部で顔を出すのう・・・!4曲目はドラマティックな
イントロ
に続きモダンさのあるリフも登場するが、全体的にはミドルテンポで展開する
正統派HM/HRだ。
5曲目はこれまた劇的なリードギターが顔を出し疾走感を放つが、
リフやリズム
スラッシーでモダンな部分もあるぞ!ヴォーカル、コーラスがまた
勇壮かつキャッチーで良いのう・・・!ギターソロ構築された印象があり楽しませてくれるな。
6曲目もストロングかつ劇的な空気を放つギターが顔を出しつつリフがちょいとモダンな
ミドルチューン
で、泣きのギターソロに加え冷気漂うシンセも登場、こういうセンスがやはり
北欧のバンドらしい部分だな。7曲目は正統派HM/HRらしいリフ、リズム軽快な
ノリの良さ
を放つが途中でマイルドなクリーンギターも登場、叙情性も発散しているな・・・!
ギターソロがまた相当にメロディアスで良いのう!8曲目はまた正統派然としたリフ、リズム
幕を明けるが、その後はメロパワ要素を全面に押し出した疾走感を放ちリードギター
これまた強烈なドラマティックさを見せているぞ!ギターソロ、シンセも聴き所だな。
9曲目もメロパワ的な勢いを見せるギターリフと共に疾走するが、その後はちょいモダンな
へヴィリフ
と共にミドルテンポとなりワウを効かせたギターも登場するぞ。ヴォーカルと共に
再びメロパワ寄りに戻り軽快なノリを放っているな・・・!10曲目はこれまた軽快ながらも
モダンな面が押し出されるミドル〜アップテンポ曲で、ダーティーな無骨さも感じさせるが
サビはメロパワ要素が目立った疾走感があるぞ!ギターソロがまたメロディアスである!


初期BLIND GURDIANに近いサウンドを出しつつも、そこまでメロパワ的な疾走感は無く
どちらかと言ったら正統派要素の強いパワーメタルと呼べそうな感じに仕上がっているだろうか!?
ヴォーカルリードギター勇壮さがありこの辺がメロパワ・・・BLIND GURDIANに
通じる部分
だろう。曲によってスラッシーな側面モダンな部分を見せるのも特徴だな。
SAVAGE CIRCUS同様初期BLIND GURDIANを愛するメロパワリスナーにオススメのバンドである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Sanity Soiled  Masquerade  Turn To Dust
To The End  Fire At Will







"When Eden Burns"




スウェーデン出身の正統派/パワーメタルバンドによる3rdアルバム。


初期BLIND GURDIANまんまなサウンドでメロパワ者を喜ばせた、SAVAGE CIRCUSに在籍する
メンバー
によって結成されたスウェーデン産パワーメタルバンドだが、音楽的には
BLIND GURDIANフォロワーであるSAVAGE CIRCUSとは異なりメロパワ要素もしかとあるが、
それ以上に正統派HM/HRに近く、それでいてスラッシュメタル然としたアグレッション
モダンなへヴィさもあり、メンバーはメロデス辺りにも影響を受けているようで
そういう要素もおのずと顔を出すのであろう・・・!

1曲目は語りに始まり正統派サウンドが聴けるも、その後は相当にスラッシーな勢いを
見せ付ける疾走チューン
となりヴォーカルはやはりハンズィそっくりなれど吐き捨ての
デスVo
も披露しておりアグレッションを見せているな・・・!一応はメロディアスな
ギターフレーズ
も顔を出しメロパワっぽさも内包しているぞ。ギターソロがまた
メロディーを重視した泣きを披露しておるのう!2曲目はワイルドなへヴィさ、
ノリ
を見せつつも叙情的なクラシカル系ギターも聴けるメロディアスなミドル曲。
これまたギターソロ相当に構築された泣きのメロディーを奏でておりこの辺がまた
BLIND GURDIAN
譲りな要素だろうか!?3曲目は正統派寄りのタイトなリフ、リズムにギターのオブリが聴けつつ
モダンなへヴィさを放ちシンセも顔を出す淡々としたミドル〜アップテンポ曲。サビのバックで
自己主張するリードギターが良く、ソロもこれまた泣きを見せつつクラシカルな
クサメロ
を聴かせてくれるぞ!4曲目は軽快なアップテンポでギターがちょいと劇的な
空気
を醸し出しヴォーカルメロ、リードギターがまたキャッチーで良いぞ!
この曲もギターソロが泣いておりクサさも感じさせてくれるな・・・!5曲目は叙情的なクリーンギターで幕を開け
その後はモダンなリフと共に軽快さを放つアップテンポ曲となり、全体的に哀愁が漂っている感じだな。
ギターソロも構築されておりこのメロディアスさがたまらんわい!6曲目は正統派色濃いワイルドな
ノリの良さ、シリアスさ
を醸し出すアップテンポチューンとなりギターフレーズがまた
ドラマティック
じゃのう・・・!中盤では何とブラストビートまで顔を出しブラックメタルの影響も
感じさせてくれるぞ!7曲目もまたどこかブラックメタル的な邪悪さを放つダークな疾走チューンだが
ヴォーカルパート
正統派メタルとなりつつモダンなリフも聴けるいい所取りな曲である!
ギターソロは何とアコギがスパニッシュなフレーズを爪弾いており正統派なのに何でもありな、
ある意味ミクスチャーな姿勢
を垣間見せておるわい!8曲目はミドルテンポでちょいモダンさを出しつつも
バックでピアノも聴け退廃ムードを放っているか!?9曲目はアトモスフェリックなシンセに
クリーンギター
で幕を明けモダンなリフ泣きのリードギターが聴ける淡々としたインストの
哀愁パワーバラード
で、10曲目はドラマティックなクサさを放つギターフレーズと共に疾走する
メロパワ色濃い正統派メタルになるぞ!
中盤以降のギターソロがまたクサいメロディーを奏でているな・・・!
日本盤ボーナストラックの11曲目は軽快なテンポで幕を開けるがその後はメロパワライクな
疾走っぷり
を見せ付けるファストチューンとなるぞ!ギターソロがまたしかとした構築美を放っており
実にクサく、ヴォーカルと相まってこの曲が最も初期BLIND GURDIANに近いか!?


本作も基本は正統派メタルながらスラッシュメタル的な勢いモダンな
へヴィ要素
を内包しており、クサくならない程度にキャッチーなメロディーを披露しているが
何気に特筆すべきはメロディアスさを何より重視したエモーショナルなリードギター、
ギターソロ
だろうな・・・!無骨な正統派ながらも意外と淡々としたミドルテンポが目立っており
どちらかと言ったらメロディアスさを楽しむべきバンドかも知れんのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Twisted Eyes  Sending You Back  R.S. Knights
The Return  When Eden Burns  Judas Immortal  Enter Reality  Alight The Heavens







"Fiction Maze"




スウェーデン出身の正統派/パワーメタルバンドによる4thアルバム。


SAVAGE CIRCUSのメンバーによる別バンドで、初期BLIND GURDIANまんまなサウンドを
見せるSAVAGE CIRCUSとは異なりこっちは正統派からスラッシュ、メロデス、さらには
ブラックメタル的なエクストリーム要素をも内包し差別化を図っており、正統派HM/HR、
メロパワ
として見てもなかなかに個性を持ったバンドである!本作は彼らの通算4作目の
フルアルバム
で、音楽的には本作もまた部分部分でメロデス、スラッシュ等の要素を導入した
メロディアスな正統派メタル
となっておるのう・・・!

1曲目は早速のメロデス風リフに始まりシリアスなムードを醸し出すミドルチューンで、
ヴォーカルは相変わらずハンズィそっくりだが音楽的にはBLIND GURDIANっぽさは無いな・・・!
ギターソロ
キラキラしたシンセをバックに披露されメロディアスさを見せているぞ。
2曲目は正統派らしいストロングなパワフルさの中に多少のモダンさを塗した
ミドル〜アップテンポチューン
となり、3曲目は叙情的なアコギで幕を明けその後はスラッシーな
無骨さ
を持ったリフと共に疾走!まるでMETALLICAの“BATTERY”を意識したような曲調で、シンガロングも
そんな感じ
喚きデスVoも聴けるがサビはうって変わってBLIND GURDIANっぽさ漂う
フォーキッシュなメロディー
である!さらにブラストも僅かながら炸裂するぞ!4曲目はシンセと共に
淡々としたムード
を醸し出しピアノも顔を出すメロウなスローチューンで、バンドサウンドが
男の哀愁を演出しておるな・・・!中盤以降でモダンなへヴィリフ、メロディアスなギターソロも聴けるぞ。
5曲目は正統派と言うかスラッシュメタル的なリフシンセが乗りそのまま無骨に疾走!
まさしく正統派パワーメタルスラッシュメタル混ぜ合わせたような感じで、それでいて
ヴォーカルは声質、メロディーライン共に相当にBLIND GURDIANっぽいぞ!泣きのギターや
ブラストビート
も顔を出すのう・・・!6曲目はちょいとエキゾチックで怪しげなギターフレーズが聴ける
正統派色濃いミドルチューンで、これまたサビがどこかBLIND GURDIANライクだな。ギターソロもまた
怪しげなメロディーを弾いておるわい!7曲目もまた無骨かつエキゾチックなフレーズを導入した
正統派メタルだが、すぐにスラッシーな疾走感を見せデスVoも登場する!ギターソロ
これまたドラマティック前作の流れを汲んでいるな・・・!8曲目は淡々とした印象のある正統派だが
モダンなへヴィリフも登場、ミドルテンポで展開しヴォーカルメロはなかなかにキャッチーだな。
9曲目は怪しげなシンセ、ギターによる繋ぎで、10曲目はモダンさのあるへヴィリフ
ミステリアスなストリングス系シンセが聴けるエキゾチックシアトリカルなスローチューンである!
11曲目はブラスト、トレモロが聴けるブラックメタル的な出だしからスラッシュメタルと化し
無骨な正統派要素も見せているのう・・・!日本盤ボーナスの12曲目は結構淡々としたミドルテンポで、
ヴォーカルは勇壮さがありモダンな面も見せているな。


過去作同様無骨な正統派パワーメタルモダンなへヴィリフメロデス、スラッシュ要素
導入しているが、今回ヴォーカルメロディーが相当にBLIND GURDIANっぽくなっており
意図的にSAVAGE CIRCUSに接近させたような印象があり、クサメタラー的にはこういう
クサめのメロディーライン
が聴けるほうが嬉しいのう・・・!ただ今回前作と比べると
ギターソロの泣き部分が少なくなっており
その辺が惜しい所だな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 War  The Fiction Maze  InSect
Sent to the Grave  Falling Faster







もどる


inserted by FC2 system