PARKWAY DRIVE







"Ire"




オーストラリア出身のメタルコアバンドによる5thアルバム。


2006年にデビューしたバンドで、近代メタルコア/ポストハードコアシーンでも
特に有名なバンドの一つで本作は通産5作目のアルバムとなっており、音楽的には
メタルコアではあるがチャラめの所謂今風ポストハードコアでは無く、かなり無骨で
タフな印象
のあるハードコア直系の硬派さを感じさせるサウンドとなっており、
メロデス上がりのメタルコアとは異なるがメロディアスなギターも部分的に顔を出し、
ヴォーカルもハードコア色濃いグロウル主体ダミ声シンガロングはあれど、
クリーンらしいクリーンVoは無くこの辺も潔いな・・・!

1曲目は意外にもどこかサザンメタル的な横ノリ感を放っており、ヴォーカルも
グロウル
ながらそんな感じの埃臭さがあるが後半では叙情的なギターが顔を出すぞ。
2曲目はハードコア色濃いタフなストロングさ、疾走感を放ちつつヘヴィさもあり、
中盤以降は細かいピロピロギターも登場!3曲目は意外とオーソドックスなHM/HRに接近した
ギターが聴けるミドル曲だが、シンガロングも顔を出しパンク、ハードコア的な印象があるな。
4曲目は呪詛的なムードを漂わせた怪しさ満点のスロー曲で、5曲目は細かいギターワークが
印象的な軽快さを放つミドル曲。ちょいと叙情的な部分が見られ、シンガロングも
男の哀愁を感じさせる
だろうか!?6曲目は叙情的なストリングスに始まりハンドクラップ、
ピアノ
等に乗せて怪しげな呟きラップ風Voが乗る風変わりなグルーヴを放つ曲。
7曲目は細かいギターがメロディアスなミドル曲。サビはダミ声で多少はメロディーを
なぞろうとしているが、
こういうタイプの曲だとやはりクリーンVoがあったほうが良くなりそうだな・・・!
8曲目は軽快なノリの良さが見られるアップテンポで、ギターはメタルコア的な印象があるか!?
9曲目もギターが叙情メタルコア風のミドル曲で、サビは分厚いシンガロングとなるぞ。
10曲目は無骨なストロングさの強いスロー曲だが、ギターはそこまでヘヴィでは無く
むしろメロディアスな印象があるのう・・・!11曲目は叙情的なアコギが聴ける
マイルドなバラード風で、ヴォーカルはシンガロングの他無骨なダミ声無理矢理
メロディーを歌おうとしており、
この不器用さが逆に硬派じゃのう・・・!


近代メタルコアながらイマドキらしいチャラめのキャッチーさやらシンセ、
クリーンVo
の類を見せない、タフで硬派なハードコア直系のストロングさを
存分に放つ渋いバンド
である!疾走チューンからヘヴィなスローチューン、
軽快なノリの曲
オーソドックスなハードロック寄りの曲まであったりと
何気に幅広さが見られ、似たような音ばかりのこの手のメタルコアにあって
珍しく個性があるだろうか!?派手さは無いが面白い事をやっているバンドである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Dying To Believe  Fractures
The Sound Of Violence







もどる


inserted by FC2 system