PAINTBOX







"Trip,trance&travelling"




日本の超ドラマティックテクニカルハードコアバンドの3rdアルバム。


ディスクユニオンで無料配布されている冊子“FOLLOW UP”
インタビューで知ったバンドで、アレを読んだ人なら判るが
ジャンル問わず面白いモノ探している人間がアレ見て興味を
持たないハズが無かろう!(笑)
そんなわけで早速ゲットしてきた
わけだが、そんな本作の出来は俺の予想を大きく上回る凄まじいもので
パンク、ハードコアと呼ぶにはあまりにもギターが上手く
泣きのトーンはメタル界の凄腕達の領域に足を踏み入れているほど!
あまりにも美しくエモーショナル極まりないギターワーク、
凄まじい構築美を誇る楽曲はパンク界のULI JON ROTHという
普通考えられない組み合わせをいやがおうにも
脳裏に想起させ、音楽的にもホーンやら何やらが使われ
ツインリードのギターソロ、パンクとは思えない練りこまれた
オブリ
もバンバン現れもはやパンクの領域のみではとても語れない
唯一無二の音世界を構築している!ヴォーカルがダミ声
かなり気合が入っており声質的には元LIGHTNINGのJUN氏を
さらに荒くした
ような感じで非常にカッコいい男気溢れる
叫びを披露している!
音程もしっかり取れておりギターに
限らずそれ以外のメンバーもかなりの巧者が集まっている印象だな。

1曲目から早速ギターが美しい音色で泣きまくっているが
途中からダミ声ヴォーカルが登場する!だがどちらかと
いえば明るくキャッチー筋肉少女帯
通じる雰囲気があったりするのう・・・。シンガロングは実に耳に残るわい!
ギターソロもとてもパンクとは思えないメロディアスさ、
美しさ
がありクサさすら感じさせるほどである!
ラストではホーンが登場し出来のよい飛翔系メロスピ
通じるほどの劇的な展開となるぞ!2曲目も泣きの
ギターで始まり明るくもノイジーに疾走する美麗パンク
後半辺りでホーンが再び登場しギターソロはツインリードで
泣きの音色
を響かせメタラーをも唸らせるほどだ!ベースも
かなり目立っているな・・・!3曲目も荒々しく爆走
ヴォーカルも早口でまくし立てるハードコアだが演奏が
異様にタイトなのがメタラーには嬉しい所だ。4曲目も
疾走しているが今度は泣きのギターがイントロで登場し
ホーンも再び登場し面白いフレーズをオブリで入れている。
後半ではハモンドソロも登場するぞ!ラストはブルージーな
終わり方
だが下品さはなくむしろ優雅さが感じられるのが
面白い。5曲目は普通のロックンロールに近い曲調だが
ベースが唸りノイジーな中にキャッチーさがあるのう。
そしてラストは異様にリリカルでメランコリックな終わり方である。
6曲目は穏やかな雰囲気で始まるも直後激しいハードコアと化す!
そしてまたハーモニカが聴ける穏やかなパートになりベースも
目立ちそして再びノイジーな爆走ハードコアだ!7曲目は
うってかわってのどか過ぎる脱力雰囲気に満ちており彼らが
決してシリアスなバンドではないことを表しているが歌詞は
バビロン(国家権力、警察)ディスの内容で非常に共感が持てるな(笑)。
8曲目はこれまた爆走しまくりのハードコアパンクで本作の中では
わりかしストレートな曲調だ。9曲目はクリーンで怪しい
男コーラス、パーカッション
で幕を開けノイジーさを出しつつも
何とも言えないいかがわしさが出ているな(笑)。そして中盤で
歪んだベースが唸りホーンも登場、疾走する中でギターが速弾きで
暴れ周りKING CRIMSONを思わせるフリーキーな暴虐プログレと化すぞ!
10曲目は何ともオシャレなサックス、ピアノが都会的なジャジーさを
演出し女性ヴォーカルが登場、バックではギターがやはり泣きまくり
だだ濡れの艶あるプレイ
を聴かせてくれるぞ!だが途中でやはり
ノイジーなバンドサウンド、ダミ声ヴォーカルが登場するも疾走はせず
曲調も変わらずスローでムーディーな雰囲気を保っているな。
その後の泣きのギターソロ、ジャジーで穏やかなプログレとなる
後半が聴き所だ!世の中にカオティックハードコアは多々あれど
こういった穏やかさの中でプログレ要素を出せるパンクバンドは
そうはいないのではないだろうか!?11曲目はアメリカンロック的な
明るい雰囲気
を感じさせるミドル〜アップテンポのロックでこういう
曲調だと明るさの中に複雑さを持った演奏、異様にキャッチーな
メロディーを歌うダミ声ヴォーカルの影響でやはり筋肉少女帯
脳裏に浮かぶのう・・・!ギターソロとハモンドも登場しギターも
よくよく聴いてみると橘高文彦っぽさがあるかもな・・・!?
女性ヴォーカルも登場するぞ。そして後半で疾走しサックスが
これまたフリーキーなソロを披露しよりハードコアと化した
KING CRIMSON
と言えそうな展開になるぞ!12曲目はこれまた
王道を行く爆走ハードコアだが途中のコーラスがやけに印象的で
ギターフレーズも強烈だ!ヴォーカルの早口もインパクトあるのう!
ギターソロはワウをかけて速弾きしまくりでメタルのテクと
ロックンロールの荒さを併せ持ったフレーズである!13曲目はピアノの
バッキング
で始まるこれまた明るめのミドル曲。途中シタールが
一瞬聴ける
のも面白いな。14曲目は掛け声と共に勢いよく疾走する
パンキッシュな曲だが本格的に爆走しまくるハードコアチューンよりは
遅いテンポでどちらかといえばキャッチーさ重視だろう。ギターソロも
良いな。そしてラストはなぜか様式美っぽさすら感じさせる泣きの
ギター
で終了だ!15曲目はクリーンギター、笛というかハーモニカっぽい
音色で幕を開ける穏やかな雰囲気を持った曲。パワーバラード
言えるだろうな。郷愁を感じさせる音作りでメランコリックさを
感じさせてくれるのう・・・!エフェクト過多ながらも泣きの
フレーズを聴かせるギターソロがやはり良いな・・・!その後は
メロトロン風シンフォニックなシンセ、アコギも登場し盛り上がるぞ!
16曲目は明るさを持った疾走曲でハードコアと呼ぶにはあまりにも
希望がありすぎるな(笑)。ブルージーながらメタル的なプレイを一瞬
響かせるギターがやはり印象的じゃのう・・・!途中からアヴァンギャルドな
プログレ
というかサイケというかなんというかそんな雰囲気に突入し
フェードアウト、その後シークレットトラックが収録されている。


基本はハードコアパンクなのだがそこにマイケル・シェンカーや
ウリ仙人、橘高文彦
に通じる泣きまくりの非凡なギター、熱く
カッコよすぎるダミ声ヴォーカル、タイト極まるバンドサウンド、
そして様々な楽器が登場し非常に練りこまれたアレンジが次々と
飛び出しパンクスよりもむしろメタラーにこそ聴いて欲しい完成度の高い
独特なドラマティックハードコアに仕上がっている!これは驚かされたわい!
ハードコア化した筋肉少女帯と呼べそうな雰囲気もあるので筋少好きにも
オススメできるな。だがここであまりにも素晴らしいギタープレイ、
そして非凡極まるソングライティングを見せてくれたCHELSEA氏
どうやら熱中症で今は他界してしまった模様・・・!何とも惜しいのう!
天才は薄命なのか!?月並みで使い古された言葉吐かせてもらうが、
こういうアルバムが表に出て来れないこの国の
ミュージックシーンはマジで腐っているな(笑)。





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 Fly on the ship~Cry of the sheeps、
Praying、ヤマアラシ、Mental picnic、Big ant、
因果応報、ゲンセキ、空蝉







もどる


inserted by FC2 system