吉原楽団







"PAGECOMPILATION"




日本の女性シンガーによるソロ名義のコンピレーションアルバム。


M∞USEIONに参加しつつ某動画サイト荒波に揉まれつつ活動している女性シンガー
PAGECO嬢
によるソロ名義のアルバムである!ソロアルバムではあるが外部のミュージシャンや
コンポーザーを多数招き提供された曲を歌う
と言った形をとっており、ソロでありつつ
コンピレーションアルバムと言う側面を持った1枚
で参加メンバーもM∞USEIONを始め
Desperado等も参加しており、基本的に音楽ジャンルは雑多だと思われるがやはり
何だかんだでメタル・・・メロパワ、メロスピ系が目立っており我らクサメタラー向けの
1枚と言えるかも知れんのう!


1曲目はピアノで幕を開けギターサウンドも登場、キラキラシンセと共にパワフルに
疾走するメロパワ
となりヴォーカルは意外と低音中性的な歌唱を披露しており
メロディーは歌謡曲的クサさを放っているぞ!中盤はストリングス系シンセも顔を出し
ギターソロ
メロディー重視勇壮なフレーズを奏でておるのう・・・!2曲目もやはり
勢い良く疾走するファストチューンだがギター等はジャパメタライクなムードがあり
どちらかと言ったらハードロック的な音作りを見せておりベースも目立っているぞ!
ヴォーカルメロディー
アニソンと言うかJ-POP的なキャッチーさを見せているな。
ギターソロは勢いがあるのう・・・!3曲目はうって変わって穏やかな空気を醸し出す
ピアノ、ヴォーカル
で幕を開け、バンドサウンドハモンドも聴けるがメタリックでは無く
オルタナティヴな気だるさを醸し出しているか!?4曲目はハードではあるがメタリックな
タイトさ
よりもパンキッシュな勢いを感じさせるノリを見せるアップテンポ曲。ヴォーカルも
線が細いながらも高音部をなかなかに声を張り上げて歌っており好印象だな。
中盤はハモンドが顔を出しプログレ的なアンサンブルも見せるぞ!5曲目はM∞USEION提供曲で、
琴や笛を取り入れ和のムードを醸し出し疾走する平安京メロスピとなる!ヴォーカルも
しなやかなソプラノ系歌唱を披露しておりギターの音は打ち込みっぽく聴こえるんだが
アンサンブルはM∞USEIONらしい複雑な緻密さがあるな・・・!6曲目はうって変わって
モダンなヘヴィさ
を見せつつリズムはテクニカルさのある、イマドキらしいコアな
スローチューン
だがヴォーカルはしなやかな歌唱歌モノヘヴィロックプログレ的
捻くれ感
を放ちつつ和のムードも持ち合わせた仕上がりを見せておる!ギターソロも
変態的なプレイだな・・・!
7曲目はプログレメタル的な緊迫感を放ちソプラノが舞う中
実に変態的なリズムが炸裂しておりテクニカルだがヴォーカルメロディーはクサさがあり
サビは途端に爆走メロスピと化すぞ!
8曲目はシンセと共に淡々としたムードを放つ
バンドサウンドが顔を出し怪しげな語りも登場、ギターリフはインダストリアル的なノイジーさを見せるも
ストレートなハードロック調で、サビもキャッチーだが男の語りは正直不要だな(爆)。
9曲目は哀愁を感じさせる泣きのリードギターエモーショナルバラード系の曲。いい意味で
80年代のジャパメタライクな叙情性を感じさせるのう・・・!10曲目は打ち込みリズムピアノが聴け
メロウさを放つバラードだが前曲とは異なるスタイルで、メタル、ロック要素の無い
アトモスフェリックな雰囲気
を放つが途中からやはりバンドサウンドが顔を出し盛り上がるぞ。


HM/HRを主軸とし曲によってはJ-ROCK的な部分も見せるが、基本はアニソンやJ-POPに
通じるキャッチーなメロディー
を歌い上げる判り易い楽曲で占められた、勢いを
感じさせる1枚
に仕上がっており好印象である!某動画サイトを主戦場とする
シンガー
一部の超実力派を除き総じて線が細い印象があり、彼女も例に漏れず
線は細いのだが確かなスキルはあり、曲によって声色を変えて歌っており頑張りを見せておるのう・・・!
次があるならさらにメタルに特化したアルバムにして頂きたい・・・と言うのはメタラーの意見だな(笑)。




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 A2  191  源氏幻箏組曲 『宇治十帖』編 〜浮舟〜
死してなお美しい、豚







もどる


inserted by FC2 system