-OZ-







"VERSUS"




日本のヴィジュアル系ラウドロックバンドによる1stアルバム。


よくあるDIR EN GREYタイプモダンへヴィネス、ラウドロック系ヴィジュアル系で、
本格メタルバンド並のスキルを持ったV系メタルが増えている昨今だが、あくまでも
それ以前のモダンへヴィネススタイルを踏襲しており音楽的には真新しさが無いんだが
サビ等がキャッチーさを放っており、デスVoは弱く一本調子なんだがクリーンはV系らしい
ナヨナヨさ
を見せつつも下手では無く、サウンドプロダクションがそこまでゴリゴリでは無いのも
手伝ってバンドサウンドに埋もれる事の無い歌唱を披露しておるのう・・・!

1曲目はクリーンギターで幕を開けモダンなへヴィサウンドが登場、ヴォーカルパートは
再び静かになりいかにもV系な湿り気を演出しその後はデスVoと共にスローテンポで
へヴィに展開するぞ。
サビはエモさを見せつつなかなかにキャッチーだな。2曲目はまた
怪しげなギターで幕を開けモダンさを放ちつつ軽快なノリを見せるアップテンポ曲になり
デスVoも登場するがクリーンVoパートは淡々としたアレンジになるな。サビは例によって
J-POP、J-ROCK色濃いキャッチーさを放つのう・・・!3曲目はワイルドなノリの良さを
見せ付けるモダンなリフ、デスVo
が聴けその後は疾走!テンションの高さを見せており
クリーンVoも高音ナヨナヨ系ながら味があるか!?4曲目もまた不穏さを放つモダンな
へヴィチューン
となりハイテンションな展開を見せサビはキャッチーに疾走するぞ!
5曲目はSlipknotっぽくもメタルコア寄りなリフが聴けるも、クリーンVoはなかなかの
歌い上げを見せており
やはりキャッチーさもあるのう・・・!6曲目もまたワイルドな
盛り上がりを見せる
アップテンポのラウドV系で加工シャウト系シンガロングはいかにも
この手のV系らしいノリを見せておるわい!サビはこれまたJ-POP系の明るい売れ線寄りの
キャッチーさ
があるな。7曲目はちょいと軽い音作りになるがリフはメタルコアに接近し疾走、
クリーンVoがどうにもナヨナヨし過ぎなんだが歌謡曲っぽいメロを歌いクサさを見せてくれるぞ!
ツインリードがまたクサいのう!
8曲目はこれまたSlipknotのフォロワーのようなへヴィさを放つ
モダンなスローチューン
だが途中から勢い良く疾走!クリーンVoは中盤まで無くデスVo一本で
アグレッシヴに突き進むぞ!
9曲目もSlipknotっぽいリフワークが聴けるモダンでワイルドな曲だ。
クリーンVoはなかなかに艶やか実力を感じさせてくれるのう・・・!サビはやはり
キャッチーさが目立っているな。10曲目は怪しげなムード漂うクリーンギター、クリーンVo
まるで90年代のV系のような雰囲気を放つもその後はモダンなへヴィサウンドになるぞ!
11曲目はちょいライトなギターで幕を開けるもその後はノリの良いモダンさも見られる
ポップ寄り(?)の曲
で、ヴォーカルはデスVoだがクリーンで歌うサビはやはり売れ線系の
キャッチーさ
を見せておるのう・・・!12曲目はへヴィさを抑えた売れ線っぽくもエモい叙情を醸し出すぞ。


一切の奇をてらわないDIR EN GREYタイプのモダン、ラウドV系なんだが同時にSlipknotっぽい面も目立っており
どっちつかずな感もあるが、同時にキャッチーさも強く王道の中で良い曲を作ろうという気概
伝わってくるバンドである!まぁリフ等のアレンジ、楽曲はワンパターンな傾向があるし、メロディアスな
サビ
ありがちな売れ線J-POP風ばかりで飽きが来るのも早く、プロダクションは悪く
この手のサウンドでやるなら演奏ももっとタイトさを増してもらいたいんだが1stアルバムなら
こんなモンだろう。方向性を変えずこのままへヴィに攻めて頂きたいモンである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 BLAZE  VENOM  ATHENA







"Rouge"




日本のヴィジュアル系ラウドロックバンドによる2ndアルバム。


一切の奇をてらう事無く一昔前のDIR EN GREY、SlipknotっぽいV系モダンへヴィネスを
プレイするヴィジュアル系バンド
による2作目のフルアルバムで、音楽的には
前作と比べて特に大きく変わる事の無い、モダンなへヴィさを放ちつつもサビは
J-POP的なポップ系のキャッチーさ
を見せるV系ラウドロック
ヴォーカル、演奏面では前作と特に代わり映えはしていないプロダクションは
向上しており、
さらに前作には無かったギターソロが聴けるようになっているぞ!

1曲目はパーカッシヴなドラム無機質さを放ちモダンかつインダストリアル風の
へヴィサウンド
も登場するイントロで、2曲目はこれまたモダンさを放ち疾走、Aメロは
テンポダウンし淡々とするもその後また盛り上がるのう・・・!ギターソロも顔を出し
テクニカルさは無いがメロディーを紡いでいるぞ。3曲目はリフこそモダンなれどヴォーカルは
相当に売れ線に走ったチャラいJ-POP寄りになってしまっておる!(爆)これまたギターソロ
顔を出すのう・・・!4曲目は多少ながらメタルコアに接近したリフワークが聴けベースが唸る
淡々としたスローチューンで、5曲目もメタルコア的なリフを披露するアップテンポチューンとなるぞ!
ヴォーカルはクリーンが多くこの辺はBULLET FOR MY VALENTINE辺りに近いだろうか!?ギターソロも聴けやはり
メタルコア系の音作りを意識していそうだな・・・!6曲目は再びモダンへヴィネス系の音作りに戻り
一昔前のDIR EN GREY
を彷彿とさせる重苦しさを放つミドル曲になるがサビはやはりキャッチーである。
7曲目もモダンなリフが聴けるも淡々とした印象も強いミドル〜スロー曲。後半どこか
エキゾチックなムードのあるギターソロも聴けるのう・・・!8曲目は再びメタルコア路線のリフが
顔を出すアップテンポチューン
となり、サビは売れ線系J-POP風だがそれ以外はデスVo
やはり相当にメタルコアを意識しているな・・・!9曲目はハードながらもどこか明るめなムードがあり
メロウなクサさを放つピアノ
も登場、サビ等キャッチーながらもV系らしい怪しさも残しているぞ。
10曲目はベース、クリーンギターが淡々とした薄暗さを放つサビで盛り上がるバラード。ヴォーカルの歌い方に
クセがありナヨナヨさが強いのは好みが分かれよう・・・!11曲目は売れ線寄りのJ-POP的キャッチーさを見せる
明るいアップテンポ曲。12、13曲目はボートラ扱いで、前者はメタルコア的なリフと共に
疾走!終止デスVoでアグレッシヴに捲し立てるもAメロは怪しげで淡々とした
ノリの良さ
を放ち、後者はクリーンギター、ベース淡々とした穏やかさを醸し出し
ヴォーカルがナヨナヨと歌うバラードだ。


良くも悪くも前作と比べて特に代わり映えも無くワンパターンな感じ
仕上がってはいるものの、前作には無かったギターソロが部分的に導入されており
まぁテクニック、フレーズ的に耳を惹く箇所は無いんだが多少は近代メタルコアを
意識し始めている
だろうか!?リフワークも一部そんな感じになりつつあるしな・・・!
DIR EN GREY、Slipknotフォロワーの時代はとうに終わっているし、今後は本格的に
V系メタルコア路線を突き進んで頂きたい
モンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Pressed flower  Bitter&Sweet  THRUST







もどる


inserted by FC2 system