OXHUITZA







"Oxhuitza"




イタリア出身のプログレッシヴロックバンドによる1stアルバム。


LA MASCHERA DI CERA、HOSTSONATENのFabio zuffantiがプロデュースした新人らしく、
プログレバンドには珍しい7弦ギターシンセ奏者を含む5ピースバンドで、
本作がデビュー作のようで音楽的には軽いながらにそこそこHM/HR的なギターが
細かいフレーズを披露、
シンセも同様に目立っておりテクニカルな部分もあるが、
全体的に怪しく奇妙なムードを醸し出すインストのプログレッシヴハードとなっており、
音の軽さが惜しいもののなかなかにメタリックな印象があり、それでいて部分的に
アコギ等がメロウな叙情性を演出するパートも見られる辺りがイタリアンだな。

1曲目は軽めのハードロック寄りギター、シンセが怪しげかつ細かいフレーズを披露、
ハモンドも登場し後半は怪しくもコミカルなパートが顔を出すぞ。2曲目は軽快な
アップテンポでハードかつシンセ、ムーグも登場、中盤はアコギ、ピアノ等が
穏やかな叙情性
を演出しており、この辺はやはりイタリアらしい美点だな。
3曲目はフルートが顔を出しこれまた怪しさが見られ、ピアノやギターもどこか捩れた
胡散臭いフレーズ
を披露、ある意味チェンバーロックに通じる雰囲気があるだろうか!?
4曲目は美麗なピアノヘヴィリフが登場、胡散臭くもシンフォニックで
クサめ
な要素があり、ゲームサントラに通じる雰囲気も漂っているな・・・!
後半のアコギ、ストリングスシンセがまたメロウで良いぞ!5曲目はハードロック色濃い
ギターが聴けつつ怪しげなムードもあり、フルートも顔を出すぞ。6曲目はハードなギターが
勢いを放ちつつ穏やかなパートも登場、中盤以降は怪しげな静けさが見られるのう・・・!


軽いながらに7弦ギターがそれなりにHM/HRライクなサウンドを披露しつつ
部分的に叙情性が見られる怪しげなインストのプログレハードとなっており、
ある意味ハードロック化したチェンバーロックと言えなくも無い胡散臭さ、
奇妙な捻くれムードが漂っている
のが特徴だな。だからと言ってそこまで
無秩序なアヴァンギャルドに寄っている訳では無く、エキゾチックな面も見られ
HM/HR者にも聴き易いプログレと言えるかも知れんな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 #01  Luna Di Maggio  Kirky







もどる


inserted by FC2 system