ORIGIN







"Antithesis"




カンザス出身のテクニカルデスメタル/デスコアバンドの4thアルバム。


スクリーモを発展させ北欧メロデスの流れを汲んだ叙情性、
メロディアスさ
を持ったメタルコアとは異なりブルータルデスプログレデス、
カオティックコア
の要素を濃く感じさせメロディアスさよりも技巧やアグレッション
重視した今最も話題のヒップなメタルスタイルとも言えるデスコア・・・!
彼等ORIGINもまたそんな極めてデスメタル色濃いエクストリームメタル
プレイするバンドだがそれと同時にBRAIN DRILL、THE FACELESS等に通じる
テクニカルプログレカオティック要素を持っており、スウィープ多用の複雑かつ
変態的なギター、アグレッシヴな事この上ない爆走ドラム、奥に引っ込み気味なものの
低音、高音の両方で攻め立てるデスVoとまさしく技巧派テクニカルデスコアの
王道
を行くクレイジーかつアグレッシヴなエクストリームメタル
プレイしておる!クリーンVoは皆無で終始デスVoを聴かせただただ攻撃的で激しく
過激なデスメタルサウンド
を繰り広げる様はまさに圧巻!リズムも実に複雑だが
終始爆走しまくっているのも好印象で部分部分でベースも自己主張し唸りを上げ、曲によっては
リフなんかで多少はメロデス、メロブラに通じるメロディーが顔を出すこともあり
4曲目なんかまさにそんな感じでギターソロもメロディアスなリードプレイを披露しており
こういう部分がいいアクセントになっているな・・・!8曲目はスウィープ多用ながら
ブラストで爆走し本作中最もブルデスに近い雰囲気を持っているか!?
ラストは完全に変拍子プログレデスだ!9曲目のイントロなどで聴けるギターも狂っており
良いのう!どこかSLAYERに通じる禍々しさ、邪悪さが感じられるな・・・!
10曲目は何と10分近くある大作で爆走以上にドラマティックな要素
色濃い練りこみを感じさせる曲だな。後半でメロディアスなギターも聴け
得意のスウィープを交えつつもなかなかにエモーショナルである!


ヴォーカルが引っ込み気味なのが気になるもドラムは流石にBRAIN DRILLほどではないが
十分に手数足数多く叩きまくっておりギター、ベースも凄まじくテクニカルである!
バキバキに唸るベース、変拍子リズムスウィープを連発しまくるギター等
楽器やる人間にとって非常に興味深い音を聴かせてくれよう・・・!まぁこの手の
ジャンルらしくこれと言った個性は無いのだがエクストリームメタル好きならば
確実に気に入るだろう!同じタイプの楽曲が続くがそれ故に捨て曲は無い!
爆走パート
が続きダレる所が一切無く最後まですんなり聴き通せるのも強みである!
個人的には4曲目みたいなメロディアスさをもっと出してもいいと思うがライヴで
モッシュしたい暴れ盛りの体育会系キッズ
にとってそういう要素は
軟弱化、セルアウト以外の何物でもないんだろうなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 全部。特に“Wrath Of Vishnu”







もどる


inserted by FC2 system