ORESTEA







"Love Lines & Blood Ties"




イギリス出身の女性ヴォーカルラウドロックバンドの1stアルバム。


ここ最近妙に流行っている女性シンガーをフロントに据えたラウド/へヴィロック系のバンドで、
本国イギリスではLACUNA COILとKILLSWITCH ENGAGEを繋ぐ存在になると言われているらしく
その音楽性はメタルコア的な要素は控えめでモダンへヴィネス系のムードが強いバンドサウンドに
ポップスに近い声質の女性ヴォーカルが乗るメロディアスでキャッチーな
ラウドロック
をプレイしておりWITHIN TEMPTATION辺りのフィメールゴシック
通じる空気もあるがシンフォさは皆無であくまでもバンドサウンドが主体となっておりデスVo
僅か1箇所で使われるのみであとは完全クリーンVoオンリーになっている。

1曲目はオルゴール系の音色、ヴァイオリンのピチカートがコケテイッシュなメロウさを演出、
ストリングス、女性Voも登場しそしてモダン寄りのバンドサウンドも顔を出しミドルテンポで
展開するキャッチーなラウドロックになるぞ!2曲目はメタルコア寄りのハモリを見せるリフで
アップテンポになる曲。サビの叙情性を感じさせるリフワークはいかにもKILLSWITCH ENGAGE風
一応はデスVoも顔を出すぞ。3曲目も退廃的な叙情ムードが強いハモリのリフワークが聴け
スローテンポでメロウに展開、中盤でギターのタッピングが顔を出しその後泣きのフレーズを
奏でるギターソロ
も聴けるぞ。4曲目もどこか気だるい退廃感を演出するリフが印象的なミドル曲。
ギターソロもメロディアスなプレイを披露しているな・・・!5曲目はクリーンギターで始まり
これまたスローテンポでゴシックメタル的なムードを醸し出すも途中からテンポアップしリフも
メタルコア風になるミドル曲。リードギターがまた哀愁漂っておりギターソロも情感タップリの
泣きのプレイ
で良いのう・・・!6曲目はモダン要素の強いリフエキゾチックさを感じさせる
ヴォーカルメロディーが聴けそしてアップテンポになりサビは叙情性の強いキャッチーさ
携えているな。中盤はビートダウン系のへヴィリフバスドラ連打も顔を出すぞ。
7曲目はベースがクリーンギターのような音を出す繋ぎの短いインストで続く8曲目は
退廃ムードの強いモダンなリフが顔を出しヴォーカルは早口でキャッチーさを放つミドル曲。
ギターソロはやはり泣いているがレガートな速弾きも短いが披露するぞ!キッチリと構築された
雰囲気
がありこの辺に非凡さを感じさせるのう!後半はテンポアップするぞ。9曲目は
クリーンギターが叙情的なバラード風のムードを醸し出すメロウなスロー曲。後半で顔を出す泣きまくりの
ギターソロ
がやはり聴き所だな・・・!10曲目はクリーンギターからへヴィでタイトなバンドサウンドが登場、
スロー〜ミドルテンポでアグレッシヴと言うわけではないがパワフルさを感じさせる曲だな。
11曲目は珍しくアグレッシヴデスメタル/メタルコアライクなリフで始まり疾走感もあるが
ヴォーカルが入るとスローになりいつも通りの展開を見せる曲。中盤以降でビートダウンも聴けるぞ。
12曲目はアコギとヴォーカルのみが穏やかなムードを演出するバラード曲。これ以降は
日本盤ボーナスとなりプロダクションが悪化(爆)、13曲目はメタルコアとニューメタルの
中間
に位置しそうな雰囲気を携えたミドル曲。14曲目は邪悪なムードを感じさせるリフで始まるもヴォーカルが
出てくるとこれまで通りのスロー/ミドルテンポのキャッチーな展開になりスクリーモ系でよくある
ミュートリフ
も顔を出すぞ。15曲目はブルータルデスに通じる邪悪なトレモロリフがイントロで顔を出すも
これまたやはりヴォーカルと共にスローになるいつも通り(!?)の曲。16曲目はこれまたゴリゴリした
へヴィで邪悪なリフ
で始まりスロー/ミドルで展開、重いリフはどこかドゥーミーな質感があり男Voも顔を出すぞ。
ギターソロは実にエモーショナルな泣きのプレイを披露しており、女性Vo云々で語られがちのバンドだが
このギターはもっと評価されてもいいだろうなぁ・・・!17曲目は14曲目のアコースティックヴァージョン。


疾走感は無くミドル〜スローで展開しリフワークはメタルコア的なハモリもあるが基本は
退廃ムードを放つニューメタル色が濃いもので、ヴォーカルメロディーはキャッチー
曲展開もアレンジも悪くは無いがちょいと小粒な印象がありアグレッシヴさ、派手な爽快さ
求めると肩透かしになりかねん音作りだがフィメールゴシック系が好きでシンフォさが無くとも
OKなリスナー
なら楽しめるだろう!特筆すべきはギターソロで、メロディー重視の泣きのプレイを披露し
数少ない速弾きも流麗なレガートさがありフレージングもかなり構築しているように感じられ、若いバンドだが
シュレッドに走らずかといってテクが無いわけでもない、程よいプレイで好感が持てるな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 Ruthless、Pass The Escape Ropes、Drag You Higher







もどる


inserted by FC2 system