OPERA MAGNA







"El Ultimo Caballero"




スペイン出身のシンフォニック/メロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


メロスピ、クサメタルブームが一段落付いた後に突如としてシーンに現れ、
その圧倒的なクサさ、クオリティーでクサメタラー達が揃って大絶賛した、
現代に生きる伝説のバンドである!
あまりの評判に後回しにしてたんだが(笑)、
音楽的にはシンフォニックなシンセに多少ネオクラ要素入りの細かいギターが
お約束なクサさを放つシンフォ系メロパワ、メロスピとなっており、巻き舌の
スペイン語Vo
もいかにもなスパニッシュメタル感を演出、王道路線ではあるが
当時評判になる位にはクサく良質で、まぁ今聴くとストリングスシンセ等
前時代的
ではあるが、スパニッシュクサメタラーにはたまらんだろうな・・・!

1曲目は早速のオーケストレーション、クワイア荘厳かつ壮大さを演出する
イントロで、2曲目はネオクラ風味もある細かいギター、ストリングスシンセが
クサさを放ち、
軽快なアップテンポでスペインらしい巻き舌Voも登場、ギターソロが
なかなかに長くネオクラフレーズも聴けるぞ!
3曲目はキラキラシンセが顔を出しつつ
ペイガンメタル的なフレーズも見られ、それでいてポジティヴなクサさもあるな・・・!
4曲目はチープなホーンチェンバロ系シンセが聴け、民謡っぽいVoラインが
クサさを放つ疾走チューンである!5曲目はストリングス、アコギがスペインらしい
濃厚な憂い
を放つ繋ぎのインスト。6曲目は大仰なシンフォニックさが見られ疾走!
ギターソロもまたクサく、女性ソプラノVoも顔を出すぞ。7曲目はややストロングな出だしだが
やはりクサく疾走するパートもあり、クワイアもサビで聴けるぞ。8曲目はアコギに
巻き舌Voが乗るメロウなバラード。こういう曲でもやはりクサいな・・・!9曲目は明るく
ポジティヴに疾走する、
まさしく王道の判り易いメロスピ、クサメタルだが
Voはやはり巻き舌で濃厚な印象があり、中盤のオーケストレーションも穏やかだが相当にクサいな。
10曲目は13分近くある大作で、シリアスでストロングなムードを放ちつつ
女性ソプラノVo疾走パート、オーケストレーション語りを交えクサさを演出、
クワイアも相当に分厚いな・・・!途中でアコギ、Voが民謡的な穏やかさを放ち、さらにクラシック的な
オーケストレーション
格調高さを演出するぞ。


風変わりな事は何一つしていない、王道路線のスパニッシュクサメタルではあるが
評判に違わぬ相当なクサさを随所で発散しており、当時のクサメタラー及び
ナード、ギーク
がこぞって賞賛、アキバに生息するオタク野郎が
全員OPERA MAGNAを知っていた
という都市伝説も頷ける程である!(爆)
俺も本作の曲大体アキバの店で聴いた覚えあるしな(笑)。ややB級な空気があるものの、
そこもまたクサメタル然としておりマニアには嬉しいだろうか・・・!全米が泣いたならぬ、
全アキバが泣いた1枚である!(爆)







満足度 88% お気に入り曲 全部







"Poe"




スペイン出身のシンフォニック/メロディックパワーメタルバンドによる2ndアルバム。


メロスピ、クサメタルブーム終焉後に突如として登場し、当時全てのアキバ系連中の
MP3プレイヤーに彼等の曲が入っていた
とさえ言われる(爆)、生きる伝説とされる
シンフォニックメロスピ、クサメタルバンドである!本作は待望の2作目となっており、
タイトルが示す通りEdgar Allan Poeの生涯を題材としたコンセプトアルバムなんだが、
やってる事は特に変わらぬコッテコテなスペイン臭さを濃厚に発散する、まさに
クサメタルオブクサメタルな仕上がりとなっており、ロリ系のAV女優が
年を重ねてもロリのまま
なようにクサメタラーが喜ぶであろう・・・!

1曲目はスペイン語語り、オーケストラ神秘的なムードを放つサントラのようなイントロ。
続く2曲目は早速のクサいリードギター、ネオクラフレーズと共に疾走し、Voやクワイアもクサく
ギターソロもかなりネオクラで、女性Voも顔を出すぞ。3曲目はRHAPSODY OF FIREのようなギターが聴け、
Voラインもクワイアも曲展開もそんな感じでパクリ臭がするな・・・!(爆)4曲目はチェンバロに始まり
ネオクラ的ハモリで疾走!クワイアも壮麗かつクサく、5曲目は女性ソプラノVoが聴ける
2分程の繋ぎで、6曲目はグロウルも聴けつつ分厚いクワイアも顔を出し、ダークさを漂わせつつ
やはりクサい疾走曲だな。7曲目はミステリアスなシンフォニックさがあり、ミドルテンポだが
これまたクサさはしかと漂っており、サビで大仰に疾走するぞ!8曲目はクワイアや
オーケストラ
壮大でクサい男女ツインVoバラードだ。9曲目はシンセを交えこれまた疾走!
Voラインやストリングスアレンジがまた相当にクサく、ギターソロもまたさらにクサい!
10曲目はRHAPSODY OF FIREっぽいクサく大仰なギターが聴けるフォロワー臭漂う
シンフォニックメタル
で、11曲目はアルバムラストのお約束、10分ある大作となり
壮麗なオーケストレーションに始まりエキゾチックなリードギターが登場、
大作でもぬかり無いクサさで、途中の大仰なクワイアパートがたまらんわい!
怪しげかつメロウで美麗なピアノパートも良いのう・・・!


本作も前作同様、噂に違わぬ強烈なクサさを発散しており、それでいてシンセによる
オーケストレーション
プロダクション等向上した感もあり、近代クサメタルとして
相当にハイレベルな仕上がりを見せておる!曲によってはRHAPSODY OF FIREをかなり
意識した
ような面もあり、ぶっちゃけパクりな部分も無きにしも非ずだが、それもまた
クサくて良いわい!(爆)クサメタル大国スペインの中でも往年のDARK MOORに匹敵する
最強バンドの称号は正しかった
と言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 93% お気に入り曲 全部







"Del Amor Y Otros Demonios - Acto I"




スペイン出身のシンフォニック/メロディックパワーメタルバンドによる1stミニアルバム。


近代クサメタル最高峰のクサさ、クオリティーで全クサメタラーのEDを解消した
伝説的バンド
によるミニアルバムである!全盛期のDARK MOOR、HEAVENLYに
匹敵する
と恐れられたそのクサさはミニアルバムでも健在で、相変わらずの
大仰なシンフォニックさ、スペイン語Vo
によるスパニッシュ的クサメタル感
存分に漂わせまくっており、僅か5曲程度のミニアルバムという短さが実に
物足りないのう・・・!
ちなみに本作は3部作の序章的な立ち位置である。

1曲目は壮麗かつ優雅なオーケストレーションによるサントラのようなイントロで、
続く2曲目はオーケストラ、煌びやかなシンセと共にバンドサウンドも相当に
クサく盛り上がるシンフォニックメタル
だ!クワイアを交えたサビがまた相当にクサく、
3曲目もギター、キラキラシンセクサさを放つアップテンポのシンフォニックメタルで、
4曲目は優雅かつ壮大な印象のエキゾチックでクサいミドル曲。ギターソロは
様式美寄りオーオー言うクワイアも良いな・・・!5曲目はギター、クワイア、
オーケストレーションが相当なクサさを放ち疾走!サビは優雅で壮大かつスペインらしい
コテコテなクサさ
があり、実に大仰である!


ミニアルバムなれどその圧倒的クサさはしかと健在!上記したよう往年の伝説的な
クサメタルバンド
に匹敵する、近代クサメタルシーンの生きる伝説という評判は
真であったわい!全てのアキバ系ナード、ギーク達マスをかく時間を削って
彼等のアルバムを聴き込んだが故にティッシュ業界が業績不振に陥っただけの
事はあるな・・・!(適当)短いミニという仕様が実に惜しい!フルでまたこのクサさを
存分に味わいたいのう・・・!





Amazon.co.jpで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部







"Del Amor y Otros Demonios: Acto 2"




スペイン出身のシンフォニック/メロディックパワーメタルバンドによる2ndミニアルバム。


現存する最強のクサメタルバンドによる、前作のEPに続く続編的な立ち位置の
ミニアルバム
である!3部作のミニアルバムで1つのフルアルバムとする
試み
のようで、普通にフルアルバム出してくれと思うんだが(爆)、それはともかく
本作もまた安定、安心の激クサクオリティーを誇る、シンフォニックでコテコテで
クラシカルでスパニッシュなクサさ
に満ち溢れており実に素晴らしい!

1曲目は定番のオーケストラ、クワイアによる壮大でクサく劇的なイントロだが、
バンドサウンド、ギターソロも聴け普通に5分くらいあるちゃんとした曲である。
続く2曲目もまた壮大なオーケストレーションと共に疾走し、大仰なクサさ
発散されVoラインも相当にクサい!3曲目もいちいち大仰でクサく劇的な
シンフォニックさ
があり、スペインらしいエキゾチックな情熱が見られたまらんなぁ・・・!
4曲目は笛、ファルセットVoがメロウさを放つバラードだが、その後シンフォニックになり
さらに疾走感も見られ、やはりクサくドラマティック民謡的なフレーズ
顔を出すぞ。5曲目もまたオーケストラ、クワイアが壮大に盛り上がりクサさを発散、
当然ながら疾走感もあり、ギター、シンセのソロパートは多少テクニカル寄りか!?


やはりOPERA MAGNAは期待を裏切らない存在である!並のバンドなら
そろそろここいら辺りでセルアウトしたり、才能が枯れてクオリティーが
下がってきたりする時期
なんだが、彼等は相変わらずのコッテコテなクサさ、
シンフォニックさ、疾走感
がまったく薄れず、我々が期待するサウンド
期待以上のレベルで提示してくれる、信頼に値するホンモノの実力派だ!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system