ODIN







"Endless Journey"




KNIGHTS OF ROUNDのメンバーによる別名義バンドの1stアルバム。


ついこの間新譜である3rdアルバムをリリースし、そのクオリティーの高さ
話題を呼んだKNIGHTS OF ROUNDのリーダーであるYAZIN氏前任シンガーだった
VOCCHANG氏
と再びコラボレーションして結成されたバンドである!とは言え
新バンドと言う訳では無く、実はKNIGHTS OF ROUNDの前身バンドこそがこの
ODINだった
ようで、ある意味初心に帰るような立ち位置となっており音楽的には
KNIGHTS OF ROUNDに通じる部分を見せつつも、メロスピ、クサメタル以上に
ポップでキャッチーなメロハーの要素
が目立っているな・・・!

1曲目はファンタジックかつエピック的な勇壮さを醸し出すオーケストレーションによる
イントロで、続く2曲目はポップさすら感じさせるキャッチーな空気を纏った
ポジティヴで明るいメロスピチューンで、かなりソフトな印象を見せつつも何気に
打ち込みではあるがドラムが細かさを見せているな・・・!3曲目は軽快なリズムで
ノリの良さを放ち、
リフ等ギターはどこか正統派ライクだがシンセがどこか怪しげ
プロダクションこそ軽めだがちょいモダン寄りのリフが聴けたりとKNIGHTS OF ROUNDとは
差別化されたサウンドを披露しているな・・・!
まぁそれでもサビは非常にキャッチー
ベースもテクニカルなラインを弾いておる!ギターソロ相当に明るいポップさがあるな。
4曲目はこれまたどこか怪しげなムードを放ちつつも軽快なノリを見せており、リフは
どちらかと言ったらハードロック寄りな印象があるぞ。リズム面でちょいとプログレ的な
テクニカルさ
がある辺りはべーシストのCaesar氏の素養だろうか!?ギターソロは
フュージョン的なテクニカルさを見せておりこの辺はKNIGHTS OF ROUNDではあまり
披露されない側面
だな・・・!5曲目はKNIGHTS OF ROUNDで聴けたようなファンタジックで
クッサイ勇壮なオーケストレーション
に続きクサさ満点のリードギターが顔を出し疾走!
こういう曲こそまさに我々クサメタラーが彼らに求めるスタイルである!6曲目は正統派っぽい
ギターリフ
が聴ける軽快さのあるキャッチーなアップテンポで、曲調としてはやはりメロハーに
近い感じ
となっておりギターソロは流麗さがあるぞ。7曲目はまた相当に明るくポップで
キャッチーな印象
のあるメロハー曲で、8曲目はファンタジックさのあるシンセ
キレを見せるギターリフが聴けハイトーンVoと共に疾走!北欧メタルに通じるムードを持った
メロスピチューンで、サビも相当にクサくまさに我らが愛した往年のメロスピ、
クサメタルを今に継承するかのような音作り
でたまらんわい!9曲目は美麗なピアノがどこか
メルヘンチックな空気を醸し出す淡々としたメロウなバラード。穏やかなリズムや
ストリングス系のシンセはまるで昔のムード歌謡風で、こういう素養は日本人ならではだろうか!?
10曲目は壮麗なヴァイオリンシンセと共に疾走ポジティヴなツインリードも顔を出す
待ってましたのクサクサシンフォニックメロスピである!何気にリズム面でテクニカルさを見せつつ
ホーン系シンセも顔を出し大仰さを放ちつつもやはり非常にクサいぞ!
ギターソロ
がまたスリリングさを見せており大きな聴き所となっているのう・・・!


KNIGHTS OF ROUNDと同一の方向性を持ちつつも、向こうよりポップで明るいムードがあり
メロスピ、クサメタル以上にハードロックと言うかメロハーっぽい側面を見せており
KNIGHTS OF ROUNDのような壮麗で大仰なシンフォニックメタルを求めるとちょいと
肩透かし
になるかも知れんが、クサさ、キャッチーさは通じるものがありファンなら
十分に楽しめよう・・・!VOCCHANG氏のヴォーカル線が細いものの癖は無く非常に
聴き易い声質
音楽性にマッチした印象があるな。欠点はやはりチープなプロダクションで、
ドラムが打ち込みなのも惜しい所じゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Endless Providence  The Prince Of Babylone  Reincarnation  The Moment







もどる


inserted by FC2 system