OCEANO







"Depths"




シカゴ出身のデスコアバンドによる1stアルバム。


タレコミで存在を知ったシカゴ産の極悪バンドで、音楽的には重さ、ラウドさ重視の
グルーヴィーなデスコア
を演っておりメタルコア的なメロデス直系の慟哭、
叙情は皆無、
とにかくゴリゴリした極悪ハードコア寄りの重苦しいデスコアサウンドを
展開しておりスロウコア、ビートダウン系の雰囲気が強いのう・・・!爆走パートも
目立ってはいるが真髄はへヴィなスローパート、モッシュパートだと言わんばかりの
曲展開がインパクトを放ち、そして何より凄まじいのがこのヴォーカルだろう!
珍しい黒人シンガーによるもので高音絶叫ゲロゲロの下水道ガテラルを交互に
繰り出しかなりブチ切れた歌唱を披露、高音絶叫は喉を極限まで絞り上げるあまり
ホイッスル音まで混じっておりビートダウン時のガテラルはマジで何か得体の
知れないモノを吐き出している
かのようで非常に凶悪である!

テクニカルなギターソロは無いが演奏はタイトでドラムなんかこの手のバンドらしく
手数足数多くツーバス連打で爆走しせわしないリズムチェンジに対応したりと
確かなスキルを持ち合わせているも音楽的には爆走とビートダウンの繰り返しで
正直殆どの曲が同じような感じに仕上がっておりとにかくライヴでモッシュしたい
暴れ盛りのキッズ
ならともかく、ドラマティックな曲展開美しい
メロディー
等を聴きたいタイプのメタラーには向かないだろう・・・まぁ7曲目なんかはへヴィだが意外と
メロウな雰囲気が出ておりエモーショナルなギターが聴けるインストで
アルバムの空気を入れ替えるいいアクセントになっているな。他にもごく一部で
メランコリックなメロディーを持ったパートは確かに存在しており特にアルバム
中盤辺りでそういう曲が顔を出し始め8曲目は泣きのギターソロ
登場し9曲目なんかシンフォニックなホーン音が聴けたりするがまぁ全体的には
エクストリームさ重視のへヴィチューンだな(笑)。カオティックな
リフが聴ける11曲目もインパクトがあり絶叫はやはりド変態の域に達しておる!
12曲目は珍しいメロディアスな泣きのツインリードも顔を出し続く13曲目は
ゴリゴリにへヴィなインストでタッピングも登場する!


しかしとにかくこの人類の規格外と言えそうな極悪デスVoが強烈すぎるな!
スクリーモやらヴィジュアル系やら何やらで叫んで調子付いている
木っ端シンガー
を軽く蹴散らす壮絶極まる地獄の喉を持っているぞ!これ聴けば
デス声なんて誰だって出来るなんてとても言えなくなるだろう!
一芸を極めるとはまさにこういう事なのだ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 District of Misery、With Legions、
Empathy for Leviathan、Plague Campaign







もどる


inserted by FC2 system