新興宗教楽団NoGoD







"極彩色"




日本のヴィジュアル系メタルバンドの2ndアルバム。


うちのサイトに最も多くのタレコミが来たバンドで皆様の
要望に答えてようやくレビューだ!(笑)
本作が彼らの
2ndアルバムで、ヤングギターなどでもたびたび紹介されて
いたりしたので知っているメタラーも多いと思われる。
ルックスこそV系の中でもかなりイロモノ色が濃く
Psycho le Cemuのようなヘナチョコバンドのイメージが
もしかしたらあるかも知れんが、音楽的にはまったくの
別物
で我々メタラーの鑑賞に充分堪えうるモダンなへヴィさ
テクニカルなプレイを聴かせてくれる、確かな実力を持った
本格派のバンドなのだ!

1曲目からいきなりモダンへヴィネス系ゴリゴリしたリフ
タイトなドラムが登場!というかまんまSlipknotなんだが(笑)、
ヴォーカルは低音グロウル高音絶叫、そしてV系らしい
クリーンVoを聴かせサビは意外とキャッチーになるぞ!
ギターソロもツインリードでなかなかにテクニカルな
プレイを聴かせてくれる。2曲目はモダンなメロデス
言えそうなイントロで始まる最近のIN FLAMESっぽい雰囲気を
持った曲だがヴォーカルはクリーンでキャッチーなメロディーを
歌っているな。3曲目はヴォーカルで始まりへヴィさの無い
普通のV系っぽい明るめの曲だ。4曲目は再びモダンさを感じさせる
リフで始まるが曲調はメランコリックさを重視したへヴィバラード風。
インストパートは急にプログレメタル化しギターがテクニカルな
ユニゾン
を披露する!5曲目はこれまたノーマルなV系寄り
なっているがタイトなギターサウンド等は彼らが技巧派であることを
物語っているな・・・!6曲目も明るい普通のV系寄りだがツインリードで
始まりタッピング(ボスハンド?)風のフレーズがバックで鳴り曲調に
マッチしてるのかどうか判らんテクを見せ付けているのが面白い!
ギターソロもユニゾンで複雑なフレーズを弾きこなしているな。
7曲目はクリーンなギター、ベースに雨のSEで始まるインスト。
フュージョン系の穏やかさを感じさせギターも泣きのトーン
聴かせてくれるが彼らにはシュラプネル系のギターオリエンテッドな
テクニカルインスト
をやってもらいたかったかのう・・・(笑)。
メロディーは良いな。8曲目はこれまた大人しめの穏やかなバラード曲。
9曲目はここに来てようやく正統派メタル的な切れのいいリフで始まり
疾走するメタリックなファストチューンだ!サビはメロスピ系の
疾走感
を見せギターソロもそんな感じのツインリードが登場し
ヴォーカルの弱さは否めないがこれぞメタル!な熱さを感じさせてくれるぞ!
10曲目はSEに続き変態的なテクニカルプレイで始まり怪しい雰囲気を
放つ曲でサビはやはりキャッチーだがギターソロは例によってテクニカルな
変態フレーズ
をバンバン連発!複雑なタッピングが聴き所でソロ後の
バッキングでも披露している!11曲目はクリーンギター、アコギが
聴けるこれまたバラード系の曲。12曲目は通常盤のみに
収録されたボートラで明るくポップながらもゴリゴリしたリフにテクニカルな
ツインリードが聴ける俺ら好みのタイプのバンドサウンドだ(笑)。
ギターソロは有名クラシックフレーズも登場しメタラー受けするだろう。


バリバリのV系メタルだと聞いていたが実際にはモダンへヴィネス
タイプの曲が数曲ありそれ以外は明るく軽めの普通のV系っぽい
曲が多く、デス声も1曲目でしか登場せずその点が肩透かし
いうか期待外れだったんだが、そういった曲でもバックで
ギターが無駄にテクニカルなプレイを披露しており
技巧派V系と言う点では期待を裏切る事は無かったな!
ドラムがかなり目立ったプロダクションが印象的でヴォーカルが
V系スタイルのため弱く感じられる部分もあるがバックの演奏は
テクニカルである!正統派やメロスピの要素は殆ど無く
モダンへヴィネスやラウドロック的な部分はDir en greyの流れを
汲んだよくあるフォロワーではなくあくまでも海外のバンドに
影響を受けて
こういう音を出している感がありその辺は好感が持てるな。
まぁ売り方はよくあるV系詐欺商法でボートラ入り通常盤とDVD付き
限定盤が存在するあたりはとても好感など持てんのだが(爆)。



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 絶色、銀世界、聖者の憂鬱、
万黒深層大サァカス







"欠片"




日本のヴィジュアル系メタルバンドの3rdアルバム。


イロモノ的なルックスが特徴のヴィジュアル系メタルバンドの3作目の
フルアルバムにしてメジャーデビュー作である!曲調こそポップでライトな
ごく普通のV系スタイル
なれどモダンへヴィネス系のバンドサウンド
披露し、さらに演奏技術はメタルバンドのレベルに達しておりメタル畑でも
それなりに話題になっているのう・・・!しかし本作はメジャーデビューアルバム、
確固たるポリシーを持たない並程度のV系バンドは悉くセルアウトの毒牙に罹り
持ち味を無くし超つまらんただのポップスへと転落してしまう・・・!
なにせあのギルガメッシュでさえも魔のメジャー毒に侵されてしまったほど!
どんなバンドでもクソになっちまう危険性があるのだが果たして彼等は
どうなるのだろうか!?元々曲調はポップ寄りだったからへヴィさが
保たれていれば気にはならない
だろうか!?(爆)

重厚さを感じさせるへヴィさを持ったイントロに続く2曲目はいきなりの
モダンなメタルコアチューンだ!弱めだがデスVoも畳み掛けるように
登場しアグレッシヴに疾走するがブリッジ以降はクリーンVoになり
サビはキャッチーなメロディーが聴けるぞ!ギターソロはちゃんとした
メタル的なプレイだ!
3曲目はワウを効かせたギターモダンなへヴィさを
持ったバンドサウンド
が聴けるアップテンポ曲でヴォーカルはクリーンで
エモーショナルに歌い上げ
メロディーはなかなかにキャッチーで悪く言えば
普通のJ-POP風とも言えるがつまらんメロよりは良いだろう・・・!
ヴォーカルがショボかった前作と異なりかなり上手くなっており、
それによって説得力が生まれ捨て曲とは言えないレベルに
到達している
のは良いな!4曲目はマイルドなタッチを持った叙情的かつ
ポップでキャッチー
な曲。やはりサビはJ-POPだな(爆)。5曲目はこれまた
マイルドな質感を持ったエモいヴォーカルがいい味を出している
バラード系の曲。ヴォーカルの上手さが引き立っているのう・・・!6曲目はライトなポップ系の
アップテンポ曲
だが楽器陣の演奏がかなりテクニカルで自己主張しまくっており
この辺はJanne Da Arcに通じるものがあるな。7曲目はドラムに始まり
ギターが泣きのフレーズを紡ぎ出すフュージョン的な穏やかさ、叙情性を
演出するメロウなインスト。こういう曲が出来るのも強みじゃのう!そして8曲目は
待ってましたのモダンなへヴィリフで疾走するメタリックな曲だ!
ヴォーカルはクリーンでバンドサウンドがこうなるとやはり弱さも感じられる
これはV系だからしょうがないな。メロディーはキャッチーでサビは持ち味が
存分に発揮されたJ-POP、アニソン的なフック
があるのう・・・!ギターソロ前は
一瞬だがプログレ化し確かな演奏スキルを見せてくれるぞ!ソロはツインリードで
完全にメタルのそれである!
9曲目は物静かさを出したスローバラード風
聴かせつつもへヴィなバンドサウンドも顔を出しサビは壮大なキャッチーさ
見せ付けるパワーバラード系だ。サビが本作中特に良いのう!10曲目はのっけから
プログレメタル的なギターのユニゾンが登場しモダンなサウンドになり畳み掛けるような
雰囲気が強烈なテクニカルメタルだ!ブリッジのリズムは完全にメタル
DREAM THEATERとかの影響を感じさせるのう・・・!ARCH ENEMY風のハモリギター
登場しギターソロも実にテクニカルでヴォーカル以外は完全にプログレメタル
なっておりこの曲が最もメタラーにアピールできるだろう!11曲目はアコギ、クリーンギター
聴けるライトなポップ曲。メロディーはセンスがあるな。12曲目は明るい
雰囲気
を持ちつつもベースがへヴィギターもテクニカルJanne Da Arc系の曲。


メジャー行きという事でつまらなくなっちまう可能性が懸念されたが
いざ蓋を開けてみればJ-POP的(歌謡曲に非ず)なフレーズ、メロディー
持ちつつバンドサウンドはタイトでゴリゴリのへヴィサウンド、
テクニカルプレイ
も健在で、まぁ元々曲調自体はポップ系だったからか
幸いにも印象は変わらず出だしで唯一デスVo入りメタリックな
キラーチューン
を聴かせ期待を煽り中盤でポップ、メロウ寄りになりそして後半で
再び盛り返す
前作と変わらんスタイルを保っておりヤングギター等で存在を知った
メタラーも安心(?)の1枚である!そして何よりヴォーカルの進化
驚かされたのう!以前はヘナチョコだったが本作ではかなり上達しており
V系シンガーの中では上位にランクインしそうなスキル、エモーション
見せ付けている!この上手くなったヴォーカルのおかげでポップ寄りの
ライトな曲
もそれほど悪い印象は無くメロウな曲はさらに良さが引き立ち
クオリティーの向上に直結しておる!
今後はどうか判らんが今の所はV系で
メジャー行ってクソにならなかった好例
として後世に語り継がれよう!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 心臓、緋キ日ノ誓イ、カクセイ、
果実は嗤う、II-懐疑







もどる


inserted by FC2 system