Nigrante







"Scriptures"




日本の女性Voファンタジック・シンフォニックメタルプロジェクトの1stアルバム。


ちょい前にタレコミの来たプロジェクトで、音楽的にはまさしくSound Horizon
流れを汲んだ長い語り、台詞入りの複数いる女性Voをフロントに立てた
ファンタジックでシンフォニックでクッサイメタルだが
あっちよりもさらにメタル、メロスピ色が濃くアグレッシヴな爆走、
ギター、シンセソロ等こっち寄りのスタイルに接近しておりクサメタラーを
喜ばせてくれる
事だろう!当然のようにコンセプトアルバム
恥ずかしい台詞、語りも山のように出てくるぞ!

1曲目はいきなり長い語り、台詞から始まりじらされる
続く2曲目はシンフォニックなメロスピである!音は悪い
ストリングスシンセが華麗に舞い2ビートで爆走し女性ヴォーカルが
登場!いかにもサンホラな音楽性だがあっちよりもメロスピ寄りだな。
ギターソロ、ハモンドソロのバトルも聴けここら辺は古き良き
様式美HR/HM
の流れを汲むオッサンメタラーが喜ぶアレンジである!
3曲目はハープ、ストリングス、英語の語りが長々と続き途中で壮大に
盛り上がり
そして小洒落たピアノが聴けジャジーさを演出、曲が始まって
半分くらい過ぎてようやくヴォーカルが登場しメロディーは良いが
ここら辺はコンセプト中心になってしまい曲としては激しくダレてしまう
よろしくない部分
じゃのう・・・!4曲目はバンドサウンド勇壮かつ
ミステリアスなストリングス
が聴けリズムはちょいとプログレ風の
展開
を見せるスロー曲。途中テンポアップしメロディーもクサさが
出始めるぞ!
5曲目はアコギが流麗なスパニッシュ風のフレーズを見せ
フラメンコ風の曲調となり、途中ドラムが登場しこれまたプログレッシヴな
印象
を感じさせるのう・・・。そして後半疾走するぞ!6曲目はジャジーな
ノリ
シンフォニックなシンセが舞うシャッフルリズムの軽快なメタルで
もろヴィジュアル系の男Voも登場するぞ!どうしてこの手のジャンルの男Voは
みんなV系
なんだろうか!?(爆)7曲目はチェンバロ優雅なクサさを放ちリードギターと共に
疾走!待ってましたのメロスピチューンだ!ギターソロ前にはサンホラが前にやってたような
台詞の絶叫シャウトも登場するぞ(笑)。8曲目は語りに始まりアップテンポ
ストリングス、バンドサウンドが押し出されたキャッチーなメタルチューン。
やはりメロディーは良くシンセのオブリも曲を盛り上げてくれるのう・・・!アーミングを駆使し
タッピングも織り交ぜたギターソロも聴けるぞ!9曲目はチャーチオルガン、鐘の音、語り
いかにもサンホラな空気を演出、チェンバロも登場しオーケストレーションが盛り上がり
アグレッシヴなメタルサウンドも登場し爆走するシンフォメロスピとなるぞ!
ネオクラシカルなクッサイキメ後にV系男ヴォーカルも登場しさらにクワイアまで
顔を出し男女ツインVoの様相を醸し出しフレージング、アレンジがいちいち恐ろしくクサい!
間違い無く本作中最大のキラーチューンである!相当気合入れてつくられたであろう、
彼らの本気がこれでもかというほど込められた1曲だ!後半で雰囲気が変わりピアノに
英語語り
が登場するもすぐにクサい混声クワイア、畳み掛けるツインVoが再び登場!
ギターリフはどこかXっぽいな。10曲目はアウトロ的な語りのトラック。


プロダクションは非常に軽くギターの音が奥に引っ込んでしまっているのが
どうにも気になるしヴォーカルもアマチュア臭さがまだ残っているが
アレンジはなかなかにしっかりしており壮麗かつクサいオブリを聴かせる
ストリングスシンセ等クサメタラーのツボを突いた展開を見せてくれるぞ!
シンフォクサメタルが売りのようだと思っていたが意外と非疾走のジャジーな曲
目立っており予想外だったがこういうスタイルもサンホラはよくやっており
その影響が出た
のだろう・・・。アレンジ自体はシンフォニックなんで十分に聴けるがな。
ただアルバム中盤以降は問題無いがなぜかアルバム前半で語りが冗長に感じられるパートが
目立っておりそこら辺が惜しいのう・・・!メロディー、アレンジは良いので次はその辺を考えて
上手いこと曲を纏め、音質を向上させそしてメロスピチューンを
増やして頂きたい
ものじゃ!それと関係ないが英語の語り発音の稚拙さのせいか
どうにもX JAPANみたいに聴こえるのは俺だけか!?(爆)




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 廻りし紅蓮、True Tears、一にして全なる書







"Elysha"




日本の女性Voファンタジック・シンフォニックメタルプロジェクトの2ndアルバム。


Sound Horizon直系の語り、台詞を大量にブチ込んだかなりクサい
ファンタジックなシンフォニックメタル
をプレイしクサメタラーを
喜ばせたプロジェクト
の2作目のフルアルバムである!本作も
1stと同じスタイルを持ちプロダクションこそまだ悪いものの
疾走感あるバンドサウンド、大仰なシンセオーケストレーション、
何気に説得力あるクワイア、日本語台詞がバンバン飛び出し
女性ヴォーカルは低音でテンションが低いようにも感じられるが
前作と比べると歌唱力は向上してそうだな。

お約束の日本語語り、ピアノによるイントロに続く2曲目はそのまま
語りが続きつつもシンフォニックなシンセが大仰さを出しクワイア、
バンドサウンド
が登場し疾走、メロディアスなギターソロが早速聴け
低音で歌うヴォーカルが入るとスローになるがその後テンポアップし
そこまで大仰なわけでもクサいわけでも無いがオーソドックスなHRに
近いサウンド
だな。3曲目はこれまた台詞、シンセが聴けバンドサウンドの
登場と共にかなり大仰でクサいフレーズを放ちメロスピスタイルの
疾走曲
となるぞ!クワイアも登場しクサメタラーが満足するに
十分のキラーチューン
と言えよう!ギターソロも聴き所だ!4曲目も
語りで幕を開けそしてメロディアスな泣きのギターで始まり疾走するも
ヴォーカルが入ると淡々とした雰囲気を出しサビで再び疾走しクサい
メロディーを歌うぞ!
5曲目は珍しくスパニッシュ風のアコギが聴け
シンセ、ピアノも登場、哀愁漂う雰囲気を放ちメタルではないが
途中から疾走しシンセのオブリがまたクサい!6曲目は語り、ジャジーな
ピアノ
で幕を開けストリングスはクサいタンゴ風だがベースライン、
ピアノはジャス風
でヴォーカルは歌謡曲的なクサさを放ち声質等
どこかMiddleIslandに通じる雰囲気があるのう・・・!7曲目は語りで
始まりキラキラチェンバロ、クワイア、バンドサウンドが大仰さを出す
待ってましたのシンフォニックメタル
で疾走はしないミドル曲だが
ギターリフが緊迫感を放ち単純にHR/HMとして良いぞ!
メロディーもキャッチー
だな。ツインリードを交えたギターソロ
聴き所である!8曲目は大仰なオルガン、ストリングスがシンフォニックに盛り上がり
バンドサウンドも登場し緊迫感を演出し疾走!男Voも登場しヴィジュアル系スタイルだが
どこかオペラティックに浪々と歌い上げており印象は良くLacroix Despheresを思わせ
クワイアも登場、本作中トップクラスのキラーチューンと言えるだろう!
ギターソロもメロディー重視のプレイである!9曲目は語り、ピアノによるアウトロ的な小曲。


プロダクションこそまだアマチュア臭さを放っているも疾走感、
大仰なクワイア、
速弾きを交えつつもメロディアスでドラマティックな
ギターソロ
メタラーが喜ぶ要素満点!ホンマモンのメタルである
Dragon Guardianほどではないがサンホラよりはメタル要素が濃いのが
また良いではないか・・・!ただヴォーカルのテンションが妙に低くメロディーラインの
譜割りが細かく歌い切れていない印象があり決して下手なわけではないが
その辺が惜しいのう・・・!
語りはやはり多いがあくまでも曲の中で
飾り付け程度に取り入れている
感じで前作と比べると冗長さが
薄れている
のは良いな。アルバム前半の曲こそちょいとメロディーが弱いように
感じられるも中盤以降クサさが増し何だかんだで捨て曲無しの良質アルバム
仕上がっていると言えるだろう!それとまったくもってどうでもいい事だが一部の語り、台詞の声質が
Zガンダムのフォウ・ムラサメに似てるのがどうにも気になるわい!(爆)
戦争を遊びにしているシロッコには判るまい!
俺の体を通して出る力が!!(意味不明)





オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部。特に“Cthat”







"Lety 〜始に導く紅き指輪〜"




日本の女性Voファンタジック・シンフォニックメタルプロジェクトのシングル。


Sound Horizonスタイルを踏襲しつつそこにバリバリに疾走するメロスピ、シンフォメタル要素を
大々的に導入したプロジェクトの3曲入りシングルである!メタル要素が強いんでどちらかと言えば
Dragon Guardianに近い感じだがアニソンライクなムードが強いあっちと違い女性Voがしなやかで
シリアスな印象
があるので雰囲気的にはまた異なるファンタジックシンフォニックメロスピを展開、
こっちはこっちで多くのクサメタラーに愛されるクオリティーの高い音楽性を持っておりそれは
本作でも不変、3曲全てにおいて疾走するシンフォニックなメロスピを展開しクサメタラーには
たまらん仕上がり
になっており、またヴォーカルが3曲それぞれで異なっているのも大きな特徴である!

1曲目は早速のシンセオーケストレーション、ピアノがシンフォニックな色合いを
醸し出しそしてメタリックなバンドサウンド、語りが登場し疾走開始!ギターリフは
どこかワイルドな印象がありノリ的にはXっぽい所があるがそこに大仰なクワイアが乗り
女性Voが登場!ストリングスによるオブリもかなり大仰でクサいのう・・・!
ギターソロは泣きのメロディアスなプレイでその後速弾きも織り交ぜ起承転結ある
ドラマティックさ
があるぞ!2曲目はメロディアスなギターで始まりこれまた
シンセオーケストレーションと共に疾走!キラキラしたチェンバロの音色も顔を出し
リフはXっぽい16分の刻みでクワイアも登場、メロディーはやはり良くギターソロは
ワウをかました速弾きドラマティックなツインリードも顔を出しなかなか
流麗なテクニカルさを披露しておるのう・・・!3曲目は泣きのギター、シンセストリングスで
幕を開けキラキラチェンバロと共にこれまた疾走するシンフォメロスピで3曲の中では
最もBPMが少ないがそれでも疾走している事には変わりは無いな(笑)。ピアノもバックで
さりげなく顔を出しメロディーはやはりクサくストリングスのオブリも健在だ!
2度目のAメロのバックで聴けるギターのオブリも何気に美味しくギターソロはこれまた
メロディー重視だな。また冬コミでは同じジャケのスペシャルディスクも配布されており、
シンセストリングスとギターリフが印象的なアップテンポチューンが聴けヴォーカルは
もろV系の男ヴォーカルでクサさと共にキャッチーさも強いな・・・!ギターソロは
やはり泣きのプレイでエモーショナルじゃのう・・・!


音楽的には上記したようDragon Guardianとは似て非なるしなやかで流麗な女性Vo
ファンタジックシンフォメロスピ
を展開しており、また短いシングルだからなのか
どうかは知らんが語り、台詞の類が殆ど無いのも好印象だ(笑)。普通シングルと言えば
例えばキャッチーなポップチューン、疾走メロスピ、バラードだったりとそれぞれ違った
スタイルの曲
を入れるのが一般的だが本作はそんなの知るか!と言わんばかりに全曲疾走なのが
嬉しいのう!シンフォメタラー、クサメタラーならば聴いて損の無い良質シングルである!




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 全部







"Deana"




日本の女性Voファンタジックシンフォニックメタルプロジェクトの3rdアルバム。


今現在Resoneciaにおいて、圧倒的なクオリティーの高さを誇る女性ツインVo
様式美シンフォニックメロスピ
をプレイし数多くのクサメタラーから喝采を
浴びている超実力派コンポーザー、音冶氏
がかつて在籍していたプロジェクトである!
図らずも内部分裂の形になったわけだが、Nigranteのほうも解散する事は無く
心機一転して新たに活動を開始した!
本作は彼らの通算3作目のフルアルバムで、
複数のゲストミュージシャンを起用してレコーディングされており音楽的には
フィメールVoのシンフォニックメタル、メロスピを踏襲しているが、当然ながら
Resoneciaとは大きく差別化が図られておりこっちはサンホラ直系の語り、台詞が
相当多く盛り込まれておる!


1曲目は早速の勇壮なギター語りが登場し疾走!メロパワ、メロスピ要素
強く感じさせストリングスもバックで顔を出しシンフォニックな印象もあるが
基本は女性Voモノのメロスピ、クサメタルだな。中盤の語りパートシンセより
ギターが相当に目立っておるのう・・・!
ギターソロもいかにもメロスピな
ピロピロサウンドである!
2曲目も語りで幕を開けちょいとモダン寄りの
へヴィなギターが登場!
ただ曲調は様式美的なムードが強くストリングスや
キラキラしたシンセ
も目立っているな。3曲目は意外にも打ち込みのデジタルサウンド
構成されており、キラキラしたシンセも聴け雰囲気自体は他のクサメタル曲と
大きく違っているというわけでは無い
が、やはりHM/HRとは異なる音作り
メタラーにとっては肩透かしになるかも知れんのう・・・!ヴォーカルも弱めだしな。
バックのストリングスはなかなかに良く後半ではクワイアも顔を出すぞ!4曲目はメロスピの王道を行く
ポジティヴで明るいリードギター
で幕を開け語りも聴けつつ疾走!リフワークは一部で
メロデス、メタルコアっぽい側面も見せているな。ヴォーカルは勿論クサさを感じさせるぞ!
5曲目はストリングス、煌びやかなシンセで幕を開けちょいダークなムードを醸し出す
バンドサウンド
も聴けるが、全体的に淡々とした印象も強いスロー曲だ。途中からチェンバロに
怪しげなヴィジュアル系ムードを放つ男Vo
も聴けるぞ!6曲目もストリングス、ピアノで幕を開け
怪しげなゴシカルさを演出、これまた淡々としたスローチューンで台詞等も含め
シアトリカルな印象も強いな・・・!後半は疾走するぞ。7曲目はサイレンのような
ギター
が顔を出しオルガン系の音色も登場、メタルと言うよりはヴィジュアル系に近い
雰囲気を持ったアレンジ
が施されており淡々とした所も目立っているな。8曲目はストリングスと共に
ギターが派手さを放ちアップテンポで展開、Aメロはアコギがバックで顔を出すが
正統派HM/HRメロパワ的な要素が強くサビは相当にクサいぞ!
9曲目はストリングスシンセ、バンドサウンド緊迫感を演出、だが疾走はせず
リズムは意外と淡々としたスローテンポになり、チェンバロ系の音色も顔を出すが女性Voは
ピッチが相当に不安定で稚拙だなぁ・・・!



Resonecia同様のシンフォニックなメロスピ、クサメタルをプレイしているが、
コンポーザーがゲストのため曲によって個性が分かれておりストレートでありがちな
クサメタルばかりになっていないのは面白い所じゃのう・・・!その分非疾走曲やデジタル系の曲
多々収録されており、コンポーザーが複数いるのも相まってある意味コンピレーションアルバム的な
部分
もあるだろうか!?ただやはり(メタラー目線で)賛否分かれるのはやけに多用されている
台詞、語りの数々
だろうな・・・!女性ヴォーカルも結構弱めなシンガーが多く、そこが
どうしてもResoneciaと比べると気になってしまう部分だろう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 72% お気に入り曲 Runover death  Stabbing to death  Death by fire  Poisoning







もどる


inserted by FC2 system