NanosizeMir







"小さなせかい"




日本のインディーズ2人組ポップスプロジェクトの1stアルバム。


M3でお世話になったkizkiz氏のレビューサイト、soundwing
高評価されており試しにオフィシャルで視聴してみたら
まさに初期の、最高だった頃のVALENSIAを思わせる
クサクサシンフォニックヴォードビルポップス(!?)
登場し思わず腰を抜かし速攻でmuzieの通販サイトでゲットした
1枚である!音楽的には何気に民謡やら打ち込みやらプログレやら
ジャズ、フュージョンやらのエッセンスを軽く取り込みつつも
基本はポップスを貫いている。だがバッキングのアレンジや
曲展開などが妙に玄人でオブリがしっかり練られており
ただのアマバンではない素養を感じさせてくれるのう・・・!
本職はスタジオミュージシャンフィルムスコアの
コンポーザー
なのだろうか!?バックの演奏、オーケストレーションは
打ち込みだがチープさは無くプロダクションも良いな。
ヴォーカルは基本的に女性シンガーが歌うがたまに男Voも
登場する。典型的ポップススタイルだが媚びない声質
低音部が弱い気がするも十分上手く歌えているぞ!

コーラスにジャジーなアレンジが聴けるイントロ扱い
1曲目に続く2曲目は壮麗なオーケストレーション
どこか民謡的なクサメロが乗りつつも根底は明るい
ポップス
の流れを汲んだスタイルである!クワイア的な
コーラスが初期VALENSIAを髣髴とさせるのう・・・!
3曲目はストリングス系の音、さらにドラムやベースが
登場するがロックではなくやはりポップスのスタイルを
貫きV系ライクな男Voも登場、男女ツインVoの体制となり
これがまたクサクサだな(笑)。途中アンビエント風になるなど
アレンジもよく練られているわい・・・!中盤からギターリフ
登場する。後半のリズムからはプログレ的素養を感じさせるな。
4曲目はオシャレなピアノに始まりストリングスアンサンブルが
聴けどこか一風変わった雰囲気を持つ捻くれたアヴァンギャルドな
ポップチューン
である!崇高さが消滅し下世話になった
OPUS AVANTRA
と言った所か!?5曲目はプログレ的なハモンド
幕を開け打ち込みリズム、逆回転ストリングス、ピアノのバッキングが聴ける
ムーディーな質感を持った穏やかな曲。R&Bのバラード風にも
聴こえるがメロディーラインは日本人らしいポップなものだ。
インストパートはプログレと化すぞ!後半もハモンドが自己主張
しまくりプログレッシャー向けの曲だろう。だが6曲目はなぜか
知らんがたわけた台詞が登場するお寒い繋ぎのトラック
なってしまう・・・!(爆)7曲目はこれまたプログレッシヴなリズムワーク
ピアノとギターが登場するも曲調はやはりポップスだな。ホーンも登場し
キャッチーなポップスメロのバックで炸裂するテクニカルな
バッキング、リズムはLOVE SOLFEGEを思わせる。ラップが登場するのは
微妙な点だがしょうがない・・・!8曲目は民謡的な笛で始まり
パーカッション、ウッドベースがバッキングに周りメランコリック
フレージングを聴かせてくれる比較的好みのタイプの曲だ(笑)。
9曲目はオシャレなサックスが聴けるもピアノが舞いVALENSIAを
思わせるメランコリズムが全開となった幕開けに導かれバンドサウンドが
登場、男女ツインVoとなりプログレ的なリズムも登場する!10曲目は
コーラスワークが飛翔系メロスピに通じる雰囲気を持っているな。
ピアノがオシャレでこの手の楽曲としては意外と長めである(笑)。
11曲目はこれまたマイルドさを演出するピアノが聴ける気だるい
バラード系
の曲。後半でストリングスが登場しシンフォニックな
盛り上がり
を見せるぞ!12曲目はアウトロでピアノによるインストの
小曲となっており13曲目はボートラ(?)扱いでアコーディオン、
パーカッションが3連リズムを響かせタンゴ、ポルカ調のアレンジを
聴かせるもクサさよりポップさが際立ったメロディーだな。


ポップスを基本形としそこに様々な楽器の音色を導入し
日本人好みの叙情キャッチーメロ、時にシンフォニックになる
音作りはQUEENの安易なパクりと化した最近の音ではない、様々な
楽器がふんだんに使われ独自の個性を持っていた初期の・・・
最高だった頃のVALENSIAを髣髴とさせ"Gaia""K.O.S.M.O.S"
初めて聴いた時の衝撃、感動を再び思い出させてくれる使い捨ての
セルアウトゴミポップス
などではない、音楽的に優れたハイセンス
ポップス
である!マーティ・フリードマンもゴミみたいなJ-POP
小遣い貰って必要以上にヨイショせんでこういう本物を紹介した
ほうがいい(爆)。ただ中盤辺りで質は高いも普通のポップス色が濃くなり
その点がどうもハマれなかったなぁ・・・!コアでマニアックな音
好むリスナーはどう評価するか判らんが個人的には2曲目みたいな
方向性でアルバム1枚聴いてみたい
と思うがどうだろうか!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 愛しき我が子よ、採れたてトマトの唄、
秋風吹く坂道で、きみは風







もどる


inserted by FC2 system