NO ZODIAC







"Eternal Misery"




シカゴ出身のハードコア/デスメタルバンドによる2ndアルバム。


シカゴで結成され、その後メンバーチェンジを経て現在はアリゾナ州
フェニックス
を拠点に活動しているバンドで、来日公演も何回か
経験している
ようだ。本作は通産2作目のアルバムで、基本的には
パンク、ハードコアシーンで語られているバンドなんだが、音楽的には
ブレイクダウンを重視した極めて重苦しくヘヴィでゴリゴリな
ブルデス、デスコア
的なサウンドで、基本的にはスローなんだが
邪悪で禍々しいフレーズを奏でるギターが目立っているな・・・!
Voは完全にデスメタルスタイルのグロウルである。

1曲目は邪悪で禍々しいギターが聴けるイントロで、2曲目は重苦しい
ヘヴィなスローテンポ
グロウル、禍々しいギターも登場、途中でさらに
重厚なブレイクダウンになり、3曲目も基本はダーティーなスローだが
途中から疾走するパートも登場!ただしサウンド的にはハードコアを
そのままヘヴィにしたような感じ
だな。4曲目はこれまた邪悪でヘヴィな
スローテンポ
だが、途中から勢いも見られ5曲目は不穏なフレーズを奏でる
リードギターが聴ける繋ぎのインスト。6曲目は語りに始まり遅めのブラスト
邪悪に疾走!だが勿論重苦しいヘヴィなブレイクダウンも顔を出し、
Voはピッグスクィールも披露する今風なブルデス/デスコアだな・・・!
8曲目もデスコア路線の疾走〜スロー曲で、ノリの良さも見られつつ邪悪なギター、
ブラスト
も登場!9曲目は退廃的なツインリードが聴けるインストのスロー曲だ。


ブレイクダウン重視のハードコア/デスメタル故にスローテンポが主体で、
ファストチューンを求めてはいけないが、メタラー的にはドゥームメタルの
一種
として捉えれば理解が早いサウンドかも知れんな・・・!スローパートしか無いと
言う程では無く、一応部分的に疾走するパートもあり、メロディアス
呼べる程では無いにせよ、邪悪で禍々しいギターフレーズも目立っているぞ!
ハードコアのシーンで活動するバンドとは言え、ゴリゴリにヘヴィで
ダーティー
なメタリックサウンドで、ほぼデスメタル、ブルデスの類と捉えていいんだが、
プロダクションは悪く、全体的に篭り気味なのがやはりパンク的な荒さか!?
30分に満たない収録時間、ギターソロが一切無いのもパンク、ハードコアだな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 King of Scorn  Constant Decay
Immoral Agenda  Eternal Misery







もどる


inserted by FC2 system