NOXIOUS







"The Remnants Of A Chaos"




日本のオールドスクールメロディックデスメタルプロジェクトの1stアルバム。


東方系のメタルアレンジプロジェクトElectric Redの新たな別名義プロジェクトで、
同人メタル界隈の実力派ミュージシャンが名を連ねレコーディングされたらしく
音楽的には完全オリジナルで何と昔ながらの90年代北欧メロディックデスメタル
追求しておりメタルコアのルーツとなったスウェディッシュデスメタルを今に再現、
世界のエクストリームメタルシーンを騒がすバンド達の原点というものを見せてくれるぞ!
ちなみに同人メタルにしては珍しくドラムも生でますます本格的な
音作りになっている
と言えよう・・・!

1曲目から早速の王道を行くメロデス系の叙情リフが聴け疾走!デスVoも最近の
メタルコア
でよくある野太い咆哮ではなく昔ながらの吐き捨て系で実に本格的な
北欧メロディックデスメタル
をプレイしておる!ギターソロはハモリで
フラッシーなシュレッド
を見せつつ慟哭要素もしかとあるのう・・・!
2曲目は重厚なムードを放つ出だしからやはり疾走!デスラッシュ的な
質感
を醸し出しつつも叙情的な部分も目立ち正しき王道のメロデスを
プレイしておる!
中盤でシンセ、ピアノのパートになるがこれがまたモロに
シンセってな感じのチープな音色だが(爆)
その後はエモーショナルな泣きの
ギターソロ
に突入、ARCH ENEMY昔のIN FLAMESを思わせ良いのう・・・!
3曲目はまた叙情的なムードを放つギターが聴け退廃した空気を醸し出し
そのまま勢い良く爆走開始!ギターソロも勢いを見せつつタイトな速弾きを
披露しているな・・・!
4曲目はメロウなアコギ、メロトロンのような
シンセストリングス
哀愁を放つ繋ぎのインストで5曲目は初期のIN FLAMESが
やってた
ようなミドルテンポの叙情デスメタルギターソロも泣いており
アコギパートもまた良いな。
6曲目は叙情味タップリのリフを撒き散らし
爆走
する勢い満点のメロディックデスラッシュでギターソロがまたメロウで
良いのう・・・!
7曲目もイントロから爆走するファストチューンでリフがまた慟哭しており
アグレッシヴでありながらもメロウさ満点という、いかにもメロデスらしい音作りと
なっておる!
中盤で唐突にクリーンギター、ベースのパートになり物静かさを見せ
泣きのギターソロも顔を出すぞ。8曲目はクサめとも言えそうな
リードギター
実にメロディアスミドルチューン
やはりエモーショナルな泣きのギターソロも聴けるのう・・・!9曲目は勢いある
出だし
から慟哭リフを放ちやはり疾走するメロデスチューンとなるが
他の爆走チューンと比べるとテンションはやや抑え気味か!?
後半ではクリーンギターのパートも顔を出しギターソロもやはり泣きまくっておるなぁ・・・!
10曲目はこれまた勢い良く疾走しつつ慟哭リフも繰り出されるキラーチューン
ギターフレーズがまたドラマティックである!11曲目はアコギによる
メロウなアウトロのインスト。



日本人はオリジナリティーは無いが元ある素材を咀嚼吸収するセンスに
長けている
とは有名な話だが本作はまさにそれを地で行くアルバムである!
実に見事に往年の北欧メロデスを再現しており海外のバンドと比べても
演奏、プロダクション、楽曲共に何ら引けをとってはおらず
本場のメタラーも
納得のクオリティーを見せているが当然オリジナリティーは皆無である(爆)。
だがそんなん知るか!これが日本人じゃ!日本人をナメるなァー!
火事場のクソ力じゃー!(ムカデ人間の北村昭博っぽく)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system