NOVELISTS







"Souvenirs"




フランス出身のDjent/プログレッシヴメタルコアバンドによる1stアルバム。


2013年にパリで結成された若手バンドによるデビューアルバムで、音楽的には
PERIPHERY以降のDjent要素を強く感じさせる、ポリリズム多用のテクニカル系
メタルコア、ポストハードコア
と言った塩梅で、近代的なヘヴィさ、ソリッドさを
感じさせるバンドサウンドに浮遊感あるギターも目立ち、Voはグロウルではあるが
あまり歪んでおらず、地声成分の強いユルめな感じであまり暴虐では無いんだが、
クリーンVoはマイルドな中にエモさが見られ、安定感があるだろうか!?

1曲目は冷たいピアノに始まりソリッドでヘヴィなDjent要素が見られ、
2曲目も浮遊感あるギターが聴けつつもソリッドなDjentとなり、Voはどこか
ラップ風な所もあるか!?3曲目は穏やかな印象があり、ピロピロギター
顔を出しエモいクリーンVoが初めて登場、珍しくギターソロも聴けるな・・・!
4曲目も細かいギターが聴けつつどこか明るい印象があり、アンビエント
パートも登場、5曲目は穏やかかつヘヴィで怪しげな印象があり、6曲目はアンビエントな
短いバラード。7曲目もよくある普通のDjentで、8曲目はダークで怪しげ
空気が漂い冷たいピアノも登場、9曲目はテクニカルで細かいギターが目立っており
ギターソロもあり、10曲目は穏やかなバラードで途中から女性Voも登場、
ギターもそれなりにエモーショナルだな・・・!11曲目は軽快なエモさと共に
浮遊感がありシンガロングも顔を出し、12曲目はかなりソリッドで
細かいギター
が主張し、13曲目はソリッドな中に浮遊感があるDjentで、
14曲目もストレートなDjentに途中でアンビエント感を足しつつ、さらに
人力トランスなアンサンブルラップ風Voも乗るぞ。


正直言って特にこれと言った個性の無い、ありがちなDjent/ポストハードコアで、
確かにテクニカルな事をやってはいるんだろうが、新鮮味はまるで無いため
驚きも無く、メロディーも浮遊系なんでフックは見られず、テンポも疾走感は皆無の
スロー、ミドルテンポオンリーで個人的にはとても面白いとは
言えない1枚だな・・・!
まぁこの手のDjentが好きなリスナー
とっては水準を満たしているんで楽しめるだろうが、個人的には高い評価には
ならないバンドである。





Amazon.co.jpで見てみる





満足度 65% お気に入り曲 特にこれと言った曲は無い







もどる


inserted by FC2 system