NO SWEAT REWORLD







"in this world"




日本のエモ/メロコアバンドの1stアルバム。


京都や滋賀を中心にライヴ活動を展開してきた4人組で10-FEET
ツアーサポートを行い、帯タタキにも10-FEETのTAKUMAがコメントを
書いており新人ながら強烈なプッシュを受けているようだ。
そんなNO SWEAT REWORLDの音楽性は意外にもノーマルなエモ
主体とし所々でメロコアっぽさが顔を出すスタイルとなっており
バンドサウンドは難しいことはやっていないがこの手のバンドとしては
非常にタイトでヴォーカルもクリーンで上手く新人らしからぬ風格を
感じさせるのう・・・!どちらかといえばメロコアっぽい雰囲気
放ちつつも日本人好みのキャッチーさ、叙情性を持った
メロディーラインも大きな武器と言えるだろう!

1曲目からクリーンなカッティングで幕を開け切れ、タイトさの
ある演奏
でエモをプレイ!奇をてらうことの無い王道のエモコア
歌詞も英語詩である!JIMMY EAT WORLD辺りの流れを汲んだスタイルで
メロディーはなかなかに叙情的だな。2曲目はメロコア寄りの
疾走曲
になり歌詞も日本語が出てくるがそれでもメロディーには
叙情性がありただ明るいだけのファンパンクにならないところが良い!
3曲目はワイルドなハードロック要素の出た曲で荒々しく勢いを感じさせる
ギターフレーズが聴き所だな。やはりメロディーはキャッチーで日本人受け
すると言えよう!6曲目はドラマティックなギターで始まりリードフレーズに
リフワークとギターが頑張りシリアスな雰囲気を放ちヴォーカルも
堂々と歌いあげておりこの手のジャンルとしてはかなり上手いな!
サビメロの良さはいうまでも無いだろう!7曲目はファストな疾走感を放ち
メロコア寄りの青い勢いを感じさせる曲調となる。8曲目は
バラード曲ヴォーカルが上手いのでこういう曲をやらせても
サマになるな・・・!ギターソロも聴けるぞ。9曲目はラップ
出てきてしまいサビも明るいメロコア系なのが残念だ・・・(爆)。


10-FEETがプッシュしている割には特にオリジナリティーがあると
言うわけではなく典型的なエモ、メロコアスタイルを踏襲しているのだが
その中でも特に質が高い!しかし演奏、メロディー、アレンジセンスともに
平均点を軽く超えているのだがこれといった個性が無いのはパンク的に
観てマイナス点かも知れんな。だがやはり曲のよさと言うのは大きいだろう!
GOOD 4 NOTHINGをエモにシフトしたかのような音楽性はメロコア、
エモコア好き双方にアピール出来るぞ!いかにもスケボー、スノボの
BGM
になりそうな楽曲が詰まっておるわい(笑)!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 SPADE、No Way、Right Action、







もどる


inserted by FC2 system