NORTHLANE







"Node"




オーストラリア出身のメタルコア/ポストハードコアバンドによる3rdアルバム。


過去に2枚アルバムをリリースしているも、その後シンガーが脱退したようで、
本作は新たにシンガーが加わってリリースされた通産3作目のアルバムとなっており、
音楽的にはとりあえずはメタルコア、ポストハードコアの畑で語られてはいるんだが、
叙情メロデス要素も無ければ今風のチャラいデジタル要素ゴリッゴリにヘヴィな
グルーヴィーさ、Djent要素
も無く、穏やかで浮遊感漂う音作りを見せており、ある意味
アンビエント、アトモスフェリック系のサウンドをヘヴィにしたかのような印象があり、
ヴォーカルもグロウル以上にクリーンが目立っておるのう・・・!

1曲目はヘヴィな中にアンビエント然とした空気があり、途中穏やかなパートになり
クリーンVoも聴けるぞ。2曲目もエコーの掛かったクリーンVoエキゾチックな中に
マイルドで穏やかな空気
を放ち、浮遊感漂うポストハードコアと言えそうな曲調となるのう・・・!
3曲目もまた相当に大人しく淡々とした感じで、クリーンギターの細かい刻み
エモ、オルタナ、ポストロック的なんだが、ヘヴィな盛り上がりも一応はあるな。
4曲目もかなり穏やかでフワフワした感じで、そこにメタルコアらしいヘヴィサウンド
混ぜ合わせておりリズムはDjent的な部分もあるな。5曲目は穏やかで大人しいシンセによる
繋ぎのインストで、6曲目は本作中特にヘヴィなゴリゴリ感が目立っているが、
やはり穏やかな面も見られ、7曲目もリフはヘヴィでドラムも何気に手数が多く、Djent的な
部分が目立ち
この辺が今風だな。8曲目も穏やかな中にヘヴィさがあり、ドラムがかなり
自己主張
しているのう・・・!9曲目はマイルドな大人しさを見せつつヘヴィで引き摺るような
ギターリフ
が登場、10曲目は重苦しいヘヴィなスローテンポドゥーミーさも見られるが
クリーンVoのサビは一転して軽快になり、キャッチーさもそこそこあるか!?
11曲目もスローテンポで、ヘヴィなギターエモいクリーンVoが乗るぞ。


メタルコア、ポストハードコアと言いつつも実際にはかなり穏やかで大人しい
アンビエント、アトモスフェリック
寄りで、ポストロックメタルコアの要素を
導入したかのような音作り
はよくあるデジタルメタルコア、ピコリーモ
グルーヴ重視のゴリゴリにヘヴィな今風メタルコアよりもずっと個性的なんだが、
やはり個人的にどうにも大人し過ぎてあんまピンと来ないのも確かじゃて・・・!
クリーンVoはなかなかに上手くキチンと歌えておりエモーショナルではあるが、
メロディーにフックが無いのも痛い所だろうか!?まぁこういうサウンドだと
売れ線のキャッチーさ安っぽく感じられるし、雰囲気モノとしてはこれ位が
丁度良いのかも知れんな・・・!ポストロックが聴けるメタルコア好きにオススメだな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Leech







もどる


inserted by FC2 system