NIGHTMARE WORLD







"In the Fullness of Time"




イギリス出身のプログレッシヴメタルバンドによる1stアルバム。


MY SOLILOQUYの中心人物で、THRESHOLDにもギターで参加しているシンガー、
Pete Mortenをフロントに擁する6ピースバンド
で、以前にEPをリリースしているが
アルバムとしては本作が初となっている。音楽的には無機質な印象のあるスペイシーな
シンセを導入したプログレメタル
で、そこまでテクニカルさに拘っているような
印象は無い
んだが、叙情派と言うよりはサイバーな近未来要素が強い感じだろうか!?
ヴォーカルはエフェクトがかった線の細いタイプで、そういった雰囲気を増長しているな。

1曲目はシンセオーケストレーションデジタルリズムサイバー的なサントラ感を
演出するイントロ
で、続く2曲目は正統派HM/HR然としたリフが登場、軽めの音だが
プログレメタルらしい無機質感
を放っておりヴォーカルは線が細い感じだな・・・!
3曲目は細かいギターの刻みネオクラシカルなキメが聴け疾走!様式美要素入りの
B級メロパワ
と言えそうな曲調で俺好みだな(笑)。シンセソロがやけに長い辺りが
プログレメタルらしさだが、後半のギターはかなりクサく良いぞ!4曲目は無骨な
正統派HM/HRライクなリフ
が聴け、メロディーラインはどこか怪しさが感じられるのう・・・!
5曲目も怪しげなミステリアスさが見られるミドル曲。ギターソロはメロディアスな泣きだ。
6曲目はアメリカンHMな印象のある明るめな曲調で、7曲目はアコギがほの暗さを
演出するメロウなバラード。
中盤以降で顔を出すツインギターによる泣きのソロが聴き所だな。
8曲目はシンフォニックで神秘的な空気を放ちつつ淡々と展開、9曲目はピアノに始まり
叙情的なギターと共に久々のメロパワ、メロスピ的疾走感を放つぞ!チープながら
クサさ
もしかとありB級クサメタル感が強く漂っているな・・・!


スペイシーな今風シンセを導入した無機質なプログレメタルだが、どうにも音が軽く
ヴォーカルもヘナチョコ系
ショボさを感じさせ、曲によってはメロパワ的な部分も
見られ
どうにもB級メタルな印象があるのは否めないんだが、幾ら洗練されていても
曲がつまらんバンド
よりかはチープでも俺等好みの要素があるB級バンドのほうが
良い
のは言うまでも無かろう!(爆)プログレメタルよりメロスピ、クサメタルに
シフトしたほうが良さそうなバンド
だな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 The New Crusade  Euphoria







もどる


inserted by FC2 system