NEGA







"VANITAS"




日本のヴィジュアル系メタルコアバンドの2ndアルバム。


最近とみに見られるヴィジュアル系でありながらもまんまメタルなバンドサウンド
見せつける実力派タイプのバンド・・・と言いたい所だがどちらかと言ったら一昔前(今も?)
雨後のタケノコ
の如くシーンに溢れかえっていたDIR EN GREYフォロワーの流れを汲んだ
バンドである!
そんなわけで音楽的にはまさしくモダンヘヴィネス系のゴリゴリな重さを
纏ったアグレッシヴなバンドサウンド
を主軸としているがリフワークメタルコア的な
細かいフレーズ
を弾いており曲によってはギターソロも披露しておりこの辺が今風だな・・・!

1曲目は早速XというかDIRをパクったかのような不協和音ピアノで幕を開け不穏さのある
音作り
を見せやはり最近のDIRっぽさが強いイントロだが途中でストリングスが顔を出し
後半でヴォーカルやバンドサウンドも登場、続く2曲目は絶叫シャウトと共にモダンさのある
メタルコア系のリフ
が聴けアップテンポで展開、DIRと言うかlynch.SADIEに近い曲調だが
シャウトは裏声混じりどうにも弱めじゃのう・・・!サビはクリーンで多少はキャッチーだな。
中盤はストリングス、ピアノが聴けシンフォニックさを放っておりこの辺が個性か!?
3曲目はクリーンギターが叙情性を放ちノイズも聴けるがその後はモダンさのあるヘヴィリフが
メタルコアライク
なムードを放ちアグレッシヴさを見せしわがれ絶叫も登場するがクリーンVoも
目立っておりブルータルだがどこかヴォーカロイドみたいな声も聴けサビは定番のキャッチーな
ありがちメロ
を歌うのう・・・!中盤はピアノトランス系シンセが顔を出しギターソロも登場!
ラフだが結構速弾きも見せておるな・・・!4曲目なニュースのナレーションで幕を開け
MARILYN MANSON“THE BEAUTIFUL PEOPLE”をモロにパクったリフ、リズムで
ノリの良さを見せる軽快なヘヴィチューン。これまたギターソロも顔を出すぞ。5曲目は退廃的な
ムードを醸し出すクリーンギター
が聴け暗さを演出しモダンなヘヴィリフも登場、やはりどこか
DIRっぽさが漂っており絶叫シャウトは結構やかましさがあるな。6曲目はエレクトロニカ系の
デジタルサウンド
呟きVoが乗り怪しさを出した後モダンヘヴィネス化する重々しいスロー曲。
こういうヘヴィな音作りだとやはりシャウトが弱々しく感じられるなぁ・・・!7曲目は
打ち込みリズム、クリーンギター、キャッチーなヴォーカルエモい叙情性
放つもすぐにモダンなリフが顔を出すパワーバラード系のメロウな曲。中盤以降でワウをかました
ギターソロ
も聴けるぞ。8曲目は何とV系としては珍しい12分もある大作クリーンギター
退廃的なムードを醸し出し重厚さも演出されギターリフがまるで欝系ブラックメタルのようなネガティヴな
トレモロ
を披露、スローテンポで重苦しく展開しヴォーカルは淡々とクリーンで歌いヴィジュアル系っぽさ
持ちつつもかなりシリアスなフィーリングが出ているな・・・!途中で爆走を始めメロウなクリーンVo
顔を出しまぁ発想とかまんまDIR EN GREYの“VINUSHKA”なんだがただのパクりで終わらせるには
惜しいポテンシャルがあるぞ!
中盤はちょいとプログレッシヴな部分が出始めクラシカルな
ピアノ
ドラムソロ的なパートになりさらに爆走しラスト付近では泣きのプレイを
披露するギターソロ
も登場!9曲目は穏やかなアコギピアノ、ベース
マイルドなムードを醸し出し途中から多少の盛り上がりを見せるバラード。
後半でハモリを見せるメロディアスなギターソロも聴けるのう・・・!10曲目はトランス系のシンセ
どこかダンサブルなノリを見せるバンドサウンドが聴けるメロウでありつつ軽薄なポップ寄りの
アップテンポ曲。
11曲目は壮大なシンセゴリゴリのモダンヘヴィネスサウンドで
アグレッシヴに爆走
しつつギターが結構ピロピロとオブリを入れデスVoとクリーンVoが入り混じる
ライヴでの再現が大変そうな本作中最もメタリックな曲だ!サビはやはりクリーンでキャッチーだが
その後シンセを乗せつつ本格的なビートダウンになるぞ!こんな音作りだが結構メロウな
パート
も聴け部分的にピアノも微かに顔を出すのが拘りだろうか!?12曲目は雨のSEに始まり
得意のメロウなピアノ、シンセが登場するもその後はモダンなバンドサウンドが聴け
重々しくも湿った憂いを演出するパワーバラード。後半付近でメロディアスな
ハモリギターソロ
も聴けるが泣きの表現力はまだ弱いな・・・!13曲目は十八番のピアノが
叙情性
を見せるアウトロ的なインスト。ボーナス扱いの14曲目はこれまたモダンなヘヴィリフが聴け疾走、
シャウトは弱々しいが勢いがありDIR臭プンプンながら和音階ギター速弾きソロも聴け初回盤の価値を
見事に消滅させてくれるアグレッシヴさ満点のファストチューン
だ!


ありがちなDIR EN GREYフォロワーの流れを汲みながらもギタープレイは今風のメタルコアライクな
リフ
を弾いておりこの辺が最近のバンドらしい部分だな。演奏は意外と悪くは無くヴォーカルも
絶叫シャウトは裏声成分が多く弱さがあるもクリーンは平均レベルでプロダクションも十分に
重さは出ているか!?
一部で見られるシンフォニックなシンセ使いが個性と言えそうなんで
脱フォロワーしたければそこに活路を見出せば面白くなりそうだな・・・!まだ捨て曲も目立っており
この辺も改善点
だがそれ以上に例によって例の如くヴィジュアル商法でクソ高いのが
ムカつくのう!(爆)
言うまでもなくボートラ入りの通常盤(TYPE-B)をゲットしよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 PURGATORY  FABLE IN THE COLD BED  虚しき「生」の寓意≒「死」の真意
DELUGE  REASONANCE







もどる


inserted by FC2 system