NACHTBLUT







"Chimonas"




ドイツ出身のシンフォニックブラック/ゴシックメタルバンドによる4thアルバム。


2007年に結成されたドイツのバンドによる通産4作目のアルバムで、Napalm Recordsから
リリースされており音楽的には大仰なオーケストレーションを導入した、CRADLE OF FILTH辺りに
通じる王道路線のシンフォニックブラックではあるんだが、この手のブラックメタルには
珍しくあまりブラストで爆走しまくる感じでは無く、ミドルテンポで厳かさ、重厚さを
演出するパート
が目立っており、さらにはゴシックメタルに通じる淡々とした
薄暗い曲
まで顔を出し、総じて音のスカスカなブラックメタルらしからぬ
ヘヴィさを見せているのう・・・!


1曲目は禍々しくも重厚な音作りで、シンフォニックさもあり大仰さを放ち爆走!
CRADLE OF FILTHに通じる雰囲気があり、2曲目はファンファーレのようなホーンで
幕を開け、エピックメタル感を放つミドルテンポとなり、3曲目はダミ声Voに
ストリングス
が淡々としたムードを放つゴシックメタル寄りの曲で、4曲目はさらにヌメッとした
ゴシックメタル化し、RAMMSTEINっぽい雰囲気が強いのう・・・!5曲目はピアノ呟きVoが乗り、
次第にストリングスが盛り上がりヘヴィさも見せ、6曲目はまたヘヴィかつ
淡々とした感じ
だが、久々に疾走感も見られシンフォブラックらしい曲調になるぞ!
7曲目はピアノが聴ける淡々としたRAMMSTEIN風で、8曲目はデジタル音
導入されたミドルテンポのゴシックメタルとなり、9曲目は多少疾走もするが
基本はスローテンポで淡々とした怪しげな感じだな。10曲目もミドル、スローテンポでヘヴィさ
放っているが、VoのスクリームはCRADLE OF FILTHのダニ風高音である。


CRADLE OF FILTHタイプのシンフォニックブラックかと思わせておいて実は
ミドル、スロー曲が多く、RAMMSTEINのような怪しさ満点のゴシックメタル
かなり目立っておりシンフォブラを期待して聴くとかなり肩透かしになるだろうな・・・!
良く言えば様々な要素を取り入れたサウンドではあるが、悪く言えば節操の無い、
纏まりの無い感じ
である!CRADLE OF FILTHとかが好きな人にはRAMMSTEIN風の
要素は不要
だろうし、逆もまたしかりだな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 Gotteskrieger  Schwarz







もどる


inserted by FC2 system