Mods Crisis ∞







"Crisis Core"




日本のメタルコア/スクリーモ系アレンジプロジェクトの3rdアルバム。


特にUnlucky Morpheus関係のプロジェクトというわけでは無いのかも知れんがそれに近い(?)
フィーリングを持ったバンド名
のアレンジプロジェクトで、ドラムは打ち込みのようだが
ライヴも行っておりその時はサポートメンバーがプレイするようだ。音楽的にはメタルコア、
スクリーモ
となっているがなかなかにモダンな要素も強くヴォーカルはデス、クリーンの
ツインVo
でクリーンのほうはおそらく女性と思われるが実に中性的な声質をしており
テンションは低めだが媚びは皆無でデスVoは吐き捨てるダミ声寄りの低音
なかなかにブルータルなムードを出しているな・・・!またゲストでUnlucky Morpheus関係のメンバー・・・
平野幸村氏、電子レンジ剛志氏、パインツリー氏が参加している。

1曲目はプログラミングによるフィメールスキャット、男クワイアストリングスが聴け
ギターのスウィープへヴィリフも登場するイントロで続く2曲目はゴリゴリにモダンな
へヴィリフ、ダミ声系の低音デスVo
中性的なクリーンVoが聴けアグレッシヴなムード
演出、ヴォーカルメロは聴き飽きたいつものフレーズでその後ビートダウンに突入する!
3曲目はどこかチルボドライクなオーケストラヒット、シンセが顔を出し疾走、ギターが
これまたお馴染み極まりないフレーズを弾きヴォーカルはデスVoで荒々しく吐き捨て中盤では
ピアノも登場、エモーショナルな泣きのソロに続いて実に流麗なソロが聴けるがこれは
ゲスト参加の平野幸村氏によるプレイだな。ラストはブラストも登場だ!4曲目は電子音
始まり冷たいシンセ、モダンなへヴィリフが聴けそしてトランス系シンセと共に疾走!
クリーンVoがメロディーを歌いデスVoパートはビートダウンになったりモダンなノリの良さを
見せたり
となかなかにエクストリームなサウンドを聴かせてくれるな・・・!5曲目は
これまたモダン寄りのスタイルで疾走しヴォーカルが入るとビートダウンになり気だるい
クリーンとデスVoが共に顔を出しゲスト参加の電子レンジ剛志氏によるバッキングVo
聴けるが前面に押し出される事は無い。6曲目はまんまテクノ、トランスな電子音
ダンスミュージックの色合いを醸し出す本作において浮きまくりのインスト。7曲目も
そんな感じのふさけたピコピコ音で始まるがバンドサウンドも登場、いつになく軽快な
音作り
で展開しスクリーモならぬ最近流行りのエレクトロニカ系スクリーモ・・・
所謂ピコリーモ(この表現軽薄で好まん!)的音作りになるのう・・・!8曲目はギターの音色が
いかにもスクリーモな軽さを出しピロピロと弾くがそのフレーズはどこかネオクラ系だったりする(笑)。
へヴィリフ、デスVoは十分にモダンだがギターソロはやはりネオクラシカル風だな。
9曲目はこれまたお馴染み極まりないフレーズをストリングスが奏でモダンさを出しつつ
アップテンポでキャッチーに展開するぞ。ギターソロはタッピングで切り込み実に
テクニカルでレガートなプレイを聴かせてくれるのう・・・!


音質は悪くスカスカでボリュームが小さくヴォーカルが埋もれ気味でデスVo、クリーンVo共に
まだ弱さが残っているが曲のアレンジ自体はなかなかでメロデスというよりはモダンな要素
強かったりするがクリーンVoがメロディアスさを出しておりギターソロ部分的に顔を出す
ピアノ、シンセは十分にエモーショナル
か!?個人的な難点と言えばどの曲も既に
聴き飽きている
という事くらいか・・・!(爆)なぜかあるピコピコ電子音、まんまトランスな
もまったくもって好みではないが元来硬派なはずのモダンなへヴィサウンド軽薄極まりない
軟派なピコピコデジタル音を普通にブチ込んでしまえる
のが最近の若いバンドの
感性
なんだろうな・・・!「メタルにシンセなどいらぬ!」と豪語する頭の固い
オッサンメタラー
の気持ちが少しは判るな(爆)。




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 Shout out!  







もどる


inserted by FC2 system