Minstrel







"夢と幻と泡と影"




日本のオルタナ系メタルミュージシャンによる1stアルバム。


これまた上海アリス幻樂団カヴァーを行うミュージシャンで、
音楽的にはパンクやギターロックの影響を感じさせる
メタルで、デスVoこそ無いがメタルコアやスクリーモに
影響された
と思しきバンドサウンドが聴けたり音色こそ
HR/HMなれど曲調はパンキッシュだったりとこの界隈では
あまり見かけないスタイルで演っているぞ!ヴォーカルは
気だるさを感じさせる鼻にかかった声質の
女性シンガー
によるものでこの辺はさほどパンク的ではないな。

1曲目からさっそく明るくノリの良いギターフレーズが聴け
女性ヴォーカルも軽やかに歌うアップテンポのパンク風HR/HMである!
2曲目は若干重みを増しザクザクしたリフが聴けどこかIMPELLITTERI
思わせる雰囲気があるな。一応ビートダウンもありこの辺は
メタルコア、スクリーモ風である。3曲目はクリーンな
ギターがオルタナ的雰囲気を放ち続くバンドサウンドは
エモ、ギターロックのスタイルである。ウィスパー系の
女性Vo、ギターフレーズが印象的
じゃのう・・・!
4曲目はどこかDirty Old Menに通じるファンタジック
雰囲気を持ったハードめのギターロックでメロディーも
クサく良いな。5曲目はワイルドなリフが聴けサビは
和風クサメロで上海アリス幻樂団カヴァーだが曲調の
おかげかASIAN KUNG-FU GENERATIONGO!GO!7188っぽい
雰囲気を持っているな。ベースラインも目立っているぞ!
ギターソロはスウィープで始まり完全にメタルである!
6曲目は叙情系メロコア色濃いリフを撒き散らし疾走する
ファストチューンだがメロディーは聴き飽きたフレーズ
ここが残念じゃのう・・・!(爆)これでオリジナルだったらなぁ・・・!
7曲目は曲名こそMUSHA×KUSHAのアレみたいだが(笑)、曲調は
異なりどこか南国風のクリーンギターが聴ける穏やかな
バラード風のスローなオルタナチューンだ。


バンドサウンドこそHR/HMの要素が濃いが音楽的には
パンク、オルタナ、エモ、ギターロック寄りで
メタラーよりもオルタナエモキッズに喜ばれそうな
音を出しておるのう!あまり上海アリス幻樂団っぽさが
感じられない
のも個人的には好印象だ。日本人らしい
叙情クサメロ系のオルタナエモバンド・・・
Dirty Old Men
UNLIMITS、藍坊主等が好きなら
気に入る可能性のある1枚だと言えよう!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 紅照らし月おぼろ、
夢と幻と泡と影、夜霧、残像、西行寺無余涅槃







"花に幽明夜に紫"




日本のオルタナHR/HMバンドによる2ndアルバム。


メタルコア、スクリーモを根底に携えつつもオルタナ、ギターロック、
エモ的な要素
を強く打ち出したロキノン系バンドによる2作目のアルバムである!
今回もわざわざ言うまでも無いがカヴァーアルバムで音楽的にはギターが
HR/HMの色合いを持ちつつも基本は女性Voが歌うオルタナエモ
ヴォーカル、ギター、ベースが生でシンセとドラムは打ち込みのようだが
なかなかに説得力あるバンドサウンドを展開、個々のプレイヤーも何気に
しかとした実力があるのう・・・!


1曲目は妙にポジティヴでポップな明るい音作りが施された曲でキラキラした
シンセ
も目立ちエモ、オルタナ的な要素はギターサウンドのみでそれ以外は
完全に売れ線ポップスと言えそうな音作りが施されておりいきなりの
肩透かし
だが(爆)、2曲目はモロにGENERAL HEAD MOUNTAINなバンドサウンドで
疾走するファストなパンクチューンだ!正直まんま拝借している感があり(爆)
ソロは9mm Parabellum Bulletライクなカオティックさを出しつつハーモニックマイナーの
下降フレーズ
も登場する!3曲目はクリーンギター、ストリングスが聴ける穏やか
バラード曲。泣きのギターソロが良いな。4曲目はシンセにスクリーモ的な
軽いハードロック寄りのギターリフ
が聴けヴォーカルが入るとベースが唸り
サビは表打ちのスネアバスドラが印象的な疾走感を演出するぞ!
5曲目は電子音、ベースに始まりメタリックなリフ、バンドサウンドが聴けるも
パンク譲りの荒々しさも内包した曲。サビは疾走しやはり9mmというかUNLIMITSっぽい
雰囲気が強くクサメロ好きにも対応できそうだな。6曲目はクリーンギターのカッティング
幕を開けこれまでと同じエモいハードロック要素を持ったアップテンポチューンだ。
ギターソロは速弾きで後半は泣きも見せメタルの素養が顔を出すぞ!その後は
穏やかなアコギパートに突入、ラストはベース、ドラムがカオティックに暴れ始める!
7曲目はクリーンギター、ベースの掛け合いで始まり軽く穏やかなフュージョン的空気
演出されthe band apartっぽい要素を持ちやっぱどこか聴き覚えがあるフレーズ
あるような気がしなくもない曲。シンセも目立っているがベースの暴れ具合がいい感じである。


1曲目であまりのポップさクソ化したかと一瞬ガッカリするも実際は
カオティックな爆走パンクメタル、ヴァイオリン入り叙情エモバラード、
スクリームの無いスクリーモ・・・エモメタル等様々なタイプの楽曲が収録されて
いるも4曲目以降は同じタイプのエモハードロックが続きバラエティーに
富んでいるようで実は一本調子なアルバムと言えるかも知れんのう・・・!
まぁこういうタイプの湿ったエモメタルは好みだし上海アリス幻樂団カヴァーなんで
メロディーのクサさ、この手のオルタナ系との相性の良さは言わずもがなである!
2曲目以降からは良くなるんで1曲目で引かず最後まで聴こう!(爆)




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 されど少女は風と踊る、花に幽明夜に紫、
D + D → T + p、月満つれば虧く







"recollection"




日本のオルタナティヴメタルバンドによる1stオリジナルアルバム。


オルタナティヴロックを主軸としつつもそこにエモ、スクリーモモダンなメタリックさを
導入したオルタナメタルをプレイしているバンド
で、これまでは東方アレンジの畑
長らく活動していたがここに来てついに初の完全オリジナルアルバムをリリースして来た!
音楽的にはアレンジモノの過去作と大差無い、湿ったエモさを持ったオルタナサウンド
モダンなへヴィさを塗したエモメタル、オルタナメタルとなっているが、シャウトや
デスVo
の類は無く女性シンガーがヴォーカルを取っており、日本人らしいキャッチーさのある
メロディーライン
声質はまんまアニソン、J-POPと言った塩梅である。

1曲目はアニソン、J-POP色濃い女性Voで幕を開け湿り気を帯びつつもモダンさのある
へヴィなバンドサウンド、デジタル系シンセ
も登場、アップテンポで軽快に展開し
デスVo、シャウトの無いピコリーモと言えなくも無いがヴォーカルの声質やメロディーは
アニソン要素が相当に強いのう・・・!
2曲目はどこかワイルドなノリを放つリフが聴ける
ミドルテンポで、淡々とした部分もありサビは女性Voが堂々と歌い上げているぞ!
ハモンドソロ
に続きメロディアスなギターソロも聴けるのう・・・!3曲目はデジタル音に
軽快なバンドサウンド
が顔を出すいかにも今風なピコリーモ系アップテンポチューンとなり
レガートさのあるシュレッドを見せるギターソロも聴けるぞ!4曲目はデジタルシンセ
入れつつもTHE DILLINGER ESCAPE PLAN辺りを彷彿とさせるカオティックさを見せるが、
その後はメロウで穏やかなピアノが顔を出しテクニカルな中に落ち着きのあるエモさ
見せているのう・・・!メロディーラインもまた良いな。中盤はまたカオティックコアと化すぞ!
5曲目はこれまたいかにも今風なチャラいデジタルシンセが目立ったピコリーモナンバーで、
ヴォーカルはまんまアニソンな明るさ、キャッチーさを見せているのう・・・!


女性Voのアニソン、J-POP要素湿ったラウドさを見せるエモメタル、オルタナメタル
融合させたような音楽性で、ポップさが強くバンドサウンドがメタリックなアニソンと
呼んでしまっても過言では無い音作り
を見せており、何気によくあるスタイルではあるが
クオリティー自体は高いのう・・・!デジタル音が目立っている辺りがいかにも今風で、
この辺がメタラーよりもロキノン系のチャラいファン向けだろうな。今後も是非とも
オリジナルで活動して頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 ハッピーエンドにさよならを  saya







もどる


inserted by FC2 system