Megaromania







"Prophetic Faction-the Universe-"




日本のヴィジュアル系メタルバンドによる1stアルバム。


元Metis Gretelのヴォーカルとギターを中心に結成されたヴィジュアル系バンドで、
元々HR/HM志向が強かったものの音はペラく完全にメタルと言うわけでは
なかったがなかなかにクサメタル系のシンセワークが盛り込まれており
一目置くに値するバンドであった・・・そして新たに組まれたMegaromania
流石にディスクユニオンメタル館に置かれるようになっただけあって
音作りはMetis Gretelの頃以上にHR/HM要素が濃くなっておりへヴィだとか、
モダンだとかそういうわけではないがチルボド系オーケストラヒット、シンセ
要素を保ちつつさらに正統派メタルっぽさを増し最近増えつつあるヴィジュアル系メタルの
流れに乗っかるかのような雰囲気
があるのう・・・!

2曲目なんかイントロのギターから完全にメタルだしヴォーカルも
デス声を重ね喚き散らしサビこそキャッチーなV系だがバックの
サウンドは完全にメタルだ!“Arcana Heart3”のサントラ並に
オーケストラヒットがやかましい(爆)4曲目も実にチルボドライク
デスVoは加工に頼った感があるがギターソロはツインリードで多少は
速くピッキングする箇所もありやはりメタルに接近しておる!
5曲目は完全にRHAPSODYの“DOWN OF VICTORY”のパクリリフで疾走し
ブラストも登場!ストリングスシンセ、メロディーラインも気持ちラプソ風
クサメタリックライクか!?
ギターソロはここにきて完全にメタルな
速弾きプレイ
で意外な技巧を見せ付ける!7曲目はアップテンポのV系ポップメタル
ギターソロはタッピングを披露し普通にメタラーが喜びそうなプレイ
しておるのう・・・!その後のクサい3連タンゴ風パートも良いな。
10曲目はクラシカルなエレピ、オルガンに始まり何と有名ゲーム
“ロックマン”の曲
であるようなクッサイメロディーが聴けるミドル曲だ!(爆)


いかにもメタル然としたシュレッドソロとかそういったプレイもあるが
ツインリード多様メロディー重視のソロが多くそれ以外にも
バッキング、オブリ等ただシンプルなリフを弾くのみならずなかなかに
細かいフレーズを紡いでおり
ドラムもツーバス連打、ブラストを披露する
楽曲、パートもあり演奏スキルも十分に持ち合わせておる!Dir en grey以降の
へヴィ系ヴィジュアルバンド
ではない、VERSAILLES、摩天楼オペラ、Dなどに続く
ヴォーカルだけV系の本格派メタルのカテゴリーで語られるべきバンドに
なりつつある存在じゃ!まぁまだメロディーラインとかが普通のV系なのが気になるし
チルボド、Arcana Heart、RHAPSODY、ロックマンと、もろパクリなのか
たまたま似たフレーズ、音作りになっちまったのかどうかは知らんが
どっかで聴いたような音が多く失笑を誘うもやってる事は
まんまこっち側(つまりメタル)と言ってしまっていいだろうな!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 APOCALYPSE、God of Megaromania-純血ノ刻印‐、
Bloodshed、Amethyst







"Oblivious"




日本のヴィジュアル系メタルバンドの未発表音源、入手不可能な音源を集めたアルバム。


元Metis Gretelのメンバーがさらにメタル志向を強めて結成した
ヴィジュアル系バンドによる未発表音源、入手不可能な音源を集めた
企画盤的な存在の1枚で、音楽的には上記のフルアルバムと変わる事の無い
王道のV系らしいキャッチーさを持ちつつもモダンではなくどこか正統派然とした
ギタープレイ、ツーバス連打完全にメタル仕様なドラム等まさしくヴォーカルのみ
V系でそれ以外はモロにメタル
な音を実現させているがシングルだった曲が
多い
のかどうかは知らんが彼等の持ち味であるデスVoがマジで消滅
ほぼクリーンVoのみになってしまっておる!ラジオのエアプレイに乗せるためには
デスVo、絶叫は不要だと判断しちまったのだろうか!?だったら
マキシマムザホルモンは一体どうだって言うのだろうか!?(爆)

1曲目から早速キラキラしたシンセを散りばめメタリックに疾走する!
リフワーク、ツーバス連打を披露するドラム等どこかXっぽい雰囲気
出しつつもよくあるモダン系ではない、正統派のHR/HMに接近した曲調に
仕上がっておりギターソロもツインリードからタッピング、速弾き
完全にメタルなプレイである!2曲目はベースも唸りを上げアグレッシヴさ
感じさせるバンドサウンドが聴けヴォーカルが入ると大人しくなるもその後は
シンセも派手に盛り上がり得意のオーケストラヒットも登場、サビはいかにも
V系な王道を行くキャッチーさを見せここら辺はありきたりだがその後の
ハモリリフ、ギターソロが聴き所だ!ドラムもツーバス連打で疾走するぞ!
5曲目はワイルドかつこれまたどこかXを思わせるリフが聴けさらにチルボド系の
シンセ
も登場!6曲目は前半スローだが中盤急にキレの良いリフが登場し
疾走する、
モロにXの“ROSE OF PAIN”を彷彿とさせる楽曲で全体的に
リフそのものが何かXっぽいのう!(爆)7曲目はチャーチオルガン、
へヴィ寄りのリフ
で始まり疾走!ここにきてようやく加工デスVoが顔を見せ
ギターソロはクラシカルでクサ味を感じさせるぞ!中盤のチェンバロ系の
シンセ
もまたクサいのう・・・!8曲目はどこか怪しさを感じさせ爬虫類系の絶叫、
オーケストラヒットも目立つ昔のダークなV系風だがサビは急にキャッチーになる
アップテンポ曲だ。途中シンセが冷たく壮麗な音を出しギターソロも泣きの
フレーズ
を情感込めて弾いておりV系とは思えんエモーションを感じさせるぞ!
9曲目はシンセストリングスに始まり泣きのギターと共に疾走、ヴォーカルパートは
いかにもV系らしい耽美な質感を放ちチャカチャカしたカッティング
聴けるメタル要素よりもV系要素のほうが濃い曲だな。11曲目は
シンフォニックなシンセが大仰さを出しバンドサウンドもへヴィに始まり
ベースが唸り疾走開始!いつものようなキラキラシンセではなくストリングスや
ホーン
等といった楽器の音色が多用されシンフォメタル然とした雰囲気もあるな。
サビはV系らしさを残しつつもクサさが放たれクサメタラーを喜ばせる事だろう!
ギターソロもメタル系のプレイに始まりポジティヴなツインリードを披露、
ラストがどこかVERSAILLESの“The Revenant Choir”風だ(爆)。
ラスト間際のギターソロはかなりクサいフレーズを弾いておる!


前のフルアルバムやかつてのMetis Gretel時代と比べてデスVo、
絶叫シャウトが無くなっており
企画盤なのにも関わらずまるで
アルバム重ねて叫ぶ事をやめたスクリーモバンドみたいな変化が
起こってしまっておる!正直ヴォーカルは下手じゃないが癖が強く
ナヨナヨ感
も多分に含まれており絶叫がないと魅力半減もいいとこじゃのう・・・!
だが楽曲面は軟弱になる事無くキチンとメタリックなアレンジが保たれており
キラキラしたシンセ、モダンではないが十分にHR/HMしてるギター、
ツーバス連打で疾走するドラム
メタラーの鑑賞にも堪えうるだろうな!
上記のフルアルバムでは多く残っていたごく普通の明るいポップチューン
まだ残っているもののかなり鳴りを潜めておりメタル色濃い疾走曲が
増えその点は良くなったと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Gate of the Prophet、Reincarnation-輪廻季想-、
In Universe-魂の邂逅-、Cardinal Sin、Oblivious







もどる


inserted by FC2 system