MUTINY WITHIN







"MUTINY WITHIN"




アメリカ出身のメタルコアバンドの1stアルバム。


SOULFLYのUSツアーに参加し、さらにARCH ENEMY、SONATA ARCTICAとも
ツアーで回る期待の新人バンドによるデビューアルバムである!
シンガーがオペラの訓練を受けたらしくバンドサウンドも技巧派揃い
音楽的にはメタルコア、メロデスの範疇に属しつつもモダンでゴリゴリとした
ギターリフ、
プログレメタルの素養も感じさせるテクニカルさも見せ
ギターはソロやオブリでタッピングを多用しこの辺はスクリーモに近い
印象
もあるが音作りは完全にメタルで、ヴォーカルはデスVoよりも
クリーンが多く
実に朗々とした上手い歌唱を聴かせてくれるぞ!

1曲目はピアノのメランコリックな響きからアグレッシヴな疾走感を見せ
クリーンVo、デスVoを交えたヴォーカルが登場、オペラっぽさは無い
この手のメタルコアシンガーとしてはクリーンVoが正統派メタルに近い
朗々としたパワフルなものでやはり上手いな!テクニカルなタッピングを
披露するギターソロも良い!2曲目は複雑なギターリフで始まり
ヴォーカルはクリーン主体で歌い上げつつ吐き捨てタイプのデスVoも聴かせ
一瞬切り込むベース等テクニカルプログレの要素も感じさせるな。シンセソロ
登場するぞ!3曲目はメタリックなハイトーンVoがいきなり聴けるも曲調は
エモ寄りのミドルテンポメタルコアだな。叙情的なサビが実にエモいのう・・・!
シンフォニックなパートも途中顔を出しその後のギターソロはやはり
タッピング主体である!4曲目はシンセと共にバンドサウンドが突進したかと
思えばメロウなピアノが登場しそしてシンフォニックなアレンジが施され
タッピングを駆使したバッキングとストリングスが交互に聴ける壮麗な
ミドルテンポメタルコア
となるぞ!5曲目は冷たいピアノ、ストリングスシンセをバックに
淡々としたバンドサウンドが聴けるメランコリックなエモメタルだ。
6曲目はアグレッシヴに疾走しヴォーカルも憎憎しい吐き捨てデスVoを聴かせるが
サビはシンフォニックに盛り上がりクリーンVoでドラマティックさを演出、
ピアノもメランコリックで良いな。7曲目はモダンな印象を感じさせつつも
ギターは終始高速タッピングを披露しピアノ、コーラスのパートは実に美しいのう・・・!
8曲目はミドルテンポでエモメタル寄りのアレンジとなりメタリックながらも
湿り気を感じさせギターはやはりタッピングでオブリを弾きソロはメロディアスな
泣き
も垣間見せる!9曲目はシンセがシンフォニックに盛り上がりこれまたエモい
メロウさ
を感じさせるが絶叫Voも登場しアグレッションも多少はあるな。
10曲目はシンセフレーズが曲を引っ張り久々にアグレッシヴなゴリゴリした
ギターリフ
が登場、ガテラルもクリーンVoのバックで聴け爆走するわけではないが
アグレッシヴなノリが強烈なモダンメタルコアと化す!サビは結構
キャッチーでノリが良く後半ピアノ、シンセストリングスも顔を出し叙情性もキッチリ見せるぞ。
11曲目はガテラルから爆走しシンセと共にブラストも登場!だがヴォーカルが入るとテンポが落ち
モダンさを出し始めデスVoとクリーンVoを交互に見せギターソロもメロディアスで後半はエモ寄りになる。


エモい叙情性を出しつつもテクニカルなアンサンブルが目立った
メタルコアでやはりこのヴォーカルの上手さが特筆すべき箇所だろう!朗々とした
クリーンVoは正統派メタルを歌いこなせるパワー、高音、説得力を持ち吐き捨てる
デスVo
もなかなか、多彩な表現力で楽曲をグイグイ引っ張りオペラ、クラシックの
素養を持つ者の強さ
を見せ付ける!少々ギターがタッピングしすぎの傾向があり
その分リフがおざなりになっている印象は否めないものの楽曲、演奏の
クオリティーも高く捨て曲は皆無、
アグレッシヴさとテクニカルさ、エモさを
兼ね備え新人とは思えぬ実力を持っているのう!是非とも今年のLOUD PARKに
参戦してもらいたい
ものじゃ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Awake、Images、Year of Affliction、
Lethean、Suffocate、Reflections







もどる


inserted by FC2 system