MURO







"El Cuarto Jinete"




スペイン出身の正統派HM/HRバンドによる6thアルバム。


1981年にマドリードで結成されたなかなかの古株バンドで、本作は12年振りに
リリース
された通産6作目のアルバムらしく、どうやら相当なローカルバンドのようで
本作はスペイン国内でしか流通していなかったが、別のレーベルが新たに契約し
ワールドワイドでリリースされ直した曰くがある1枚のようだ・・・!音楽的には
クサめのメロパワが多い印象のスペインにあってかなり正統派HM/HRしており、
近代的な煌びやかさとは無縁の、シンプルかつ硬派で無骨な仕上がりとなっているが、
Voは暑苦しいスペイン語歌唱でそこがいかにもスパニッシュメタルだな・・・!
ちなみに本作はFinnvox StudiosMika Jussilaマスタリングしており、
ローカルバンドでありながらプロダクションは一流である。

1曲目はSE、ナレーションによるイントロで、続く2曲目は昔ながらの正統派らしい
ストロングかつ軽快な疾走感
を放つが、Voがいかにもなスパニッシュ歌唱実に
暑苦しいな・・・!
3曲目はさらにパワーメタルに接近した、ストロングで勢いある
疾走チューン
で、シンガロングがダサめのクサさを放っているぞ。4曲目はオーソドックスな
淡々としたミドルテンポとなり、5曲目も淡々としたスタンダードなミドル曲で、
サビに多少の憂いが感じられるな。6曲目は再びシンプルかつストロングな疾走感を放ち、
オーオー言う男臭いコーラスも聴けるぞ。7曲目も雄々しいコーラスが顔を出す
ストロングな正統派で、8曲目も極めてスタンダードなミドルテンポ曲である。
9曲目はシンプルなギターの刻みが心地良い疾走曲だ!サビの熱唱が実に熱く、
ギターソロはB級っぽくもクサいフレーズを奏でておる!10曲目は再びシンプルなミドル曲になり、
11曲目はベースがかなり目立っており、ヘヴィでダークな印象がありつつパワフルな
勢い
も感じさせるな・・・!そして12曲目は本作最大の見所である、RAINBOWの超名曲
“Kill The King”のカヴァー
だ!忠実な仕上がりでVoも英語詩で遜色無い熱唱を披露しておる!


Voが暑苦しいスペイン語歌唱である点を除けばかなりオーソドックス王道路線の
正統派HM/HR
となっており、上記したよう余計な装飾の無い、一切の奇をてらわない
シンプルかつ無骨で硬派な仕上がり
で実に好感が持てるんだが、やや地味な印象も強く
「ヘヴィメタル」そのものが好きなら楽しめるだろうが、サブジャンルが好きなメタラーには
あんまピンと来ない部分も多いかもな・・・!とは言えクオリティーはなかなかで、
ストイックなシンプルさを由とするメタルヘッズには嬉しい1枚だろう。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 El Cuarto Jinete  El Ojo Del Huracan
Otra Batalla  Honorable  Fratricidio  Kill The King







もどる


inserted by FC2 system