MORS SUBITA







"Degeneration"




フィンランド出身のメロディックデスメタルバンドによる2ndアルバム。


ETERNAL TEARS OF SORROW、WOLFHEAT等で活躍するギタリスト、Mika Lammassaariが
中心となって1999年に結成されたバンドで、本作は2015年にリリースされた
通産2作目のフルアルバムとなっている。音楽的にはメロディックデスだが、
かなりモダンでソリッドなヘヴィさ、アグレッションを放っており、デスラッシュ
近い印象もあるんだが、イマドキなチャラさ、ミーハーさは皆無のストロングで
硬派なエクストリームメタル
を徹底しており、ギターが主役でシンセの類は無く
北欧メロディックデス然としたフレーズを多様、Voも獰猛な昔ながらの吐き捨てグロウル
甘過ぎない硬派でパワフルな高品質メロディックデスメタルを聴かせてくれるぞ!

1曲目はソリッドなアグレッションを放つデスラッシュ寄りのヘヴィな曲で、
2曲目もまたかなりソリッドなモダンメロデスとなり疾走、サビのリードギターが
叙情的構築感あるギターソロも良いな・・・!3曲目はノリの良い
ヘヴィさ
キャッチーかつ劇的なギターが登場、4曲目はかなりドラマティックな
勇壮さ
を感じさせ、デスラッシュ的な疾走感もあり5曲目はクサさ、叙情性満点
クリーンギターが泣かせるインスト。6曲目は湿った憂いを放つメロウなミドル曲。パワーバラード
言えそうな路線でリードギターがやはり良いな・・・!7曲目は退廃的かつやはり叙情的なギター
顔を出すミドル曲で、8曲目はかなりデスラッシュ寄りなアグレッションを放つブルータル
疾走チューンだが、叙情ギターもしかと顔を出し9曲目もかなりデスラッシュな突進力ある
ファストチューン
だな・・・!10曲目はヘヴィ路線のソリッドなリフが主張するミドル曲だ。


北欧メロデスの冷たい叙情性、ドラマティックでメロディアスなギター
同時にチャラさ皆無ヘヴィでソリッドなモダンテイストも内包しており、
デスラッシュに近いアグレッションが目立ち、よくある軟弱メロデスとは一線を画す
パワフルさ、硬派さが実に嬉しい高品質な1枚である!北欧メロデスにありがちな
軽くて軟弱な音作りに不満なリスナーに激しくオススメ出来る実力派だと言えよう!
アルバム後半で失速気味になるのが不満ではあるが・・・!







満足度 84% お気に入り曲 Degeneration  Resistance  End Complete
Cult Of Mischief  World Separated  Release  Divine Is A Fraud  Turmoil







もどる


inserted by FC2 system