MONOTHEIST







"Scourge"




アメリカ出身のプログレッシヴ/テクニカルデスメタルバンドによる1stアルバム。


CELTIC FROSTからバンド名を拝借したと思しき5ピースバンドで、本作以前に
EPシングルをリリース、フルアルバムとしては本作が初のようだ。音楽的には
ブルデス的な邪悪さ、禍々しさを醸し出すテクニカルデスメタルとなっており、
同系統のテクデスバンドがカチッとした技巧を重視しているのに対し、こっちは
根底にブルータルデスのダーティーさがあり、テクニカルさ優先のデスメタルと
言うよりは邪悪なブルデスが技巧を見せているような印象があり、Voも音楽性にマッチした
昔ながらの吐き捨てグロウルなんだが、その一方でアルバム中盤になると一転して
かなり叙情的なプログレ要素が見られるデスメタルとなるな・・・!

1曲目は早速の手数の多いテクニカルさを見せつつブルデスらしい邪悪さを見せ、
中盤ダーティーかつメロウなクリーンギターも聴けるぞ。2曲目も禍々しさを漂わせ
ブラストも披露、これまた中盤で怪しいメロウさが見られ、後半は禍々しいスローテンポだな。
3曲目はヴァイオリンメランコリックさを放つクラシカルなインストで、
4曲目はテクデスに接近した不協和音ギターに始まりブラストで爆走、
ブルデス要素も強く、それでいて途中クリーンギターに加えクラシカルに絡む
対位法ツインギターも顔を出し、この曲はテクデスと言うよりはプログレデス
呼んだほうが良さそうだな。5曲目も怪しく叙情的なイントロプログレ的な泣きを見せる
ギターも登場する、デスメタル要素の無い10分あるインストだ。6曲目は再びプログレデスに戻り、
ギター、シンセによる怪しい浮遊感も見られ、7曲目はテクデス的なフレージング
叙情性を漂わせつつ疾走!何と途中シンフォニックさも見せ始め、チェンバロまで顔を出すぞ!
8曲目は和風な煌びやかさ、叙情性が見られ、そのまま和音階入りのデスメタルとなり
テクニカルで怪しいリードギター、さらに本作最初で最後のクリーンVoも聴けるぞ。


テクニカルデス以上にブルデスの邪悪さ、禍々しさが強いバンドで、
時にブラックメタル的なムードすら漂わせ、部分部分でメロウさのある
クリーンギター、ツインリード
も顔を出し、技巧以上にダーティーな空気の
演出を重視している
印象があるな・・・!それでいて上記したよう、アルバム中盤になると
途端にプログレ的なメロウさ、叙情性が目立ち始め、曲も長尺の大作志向になり
ブルデス好きがどう感じるかは知らんが、個人的には適度なフックとして
メロウな技巧に浸れて良いな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 Mark Of The Beast, Pt. 2 - Scion Of Darkness
Abominable Acts







もどる


inserted by FC2 system