MISTWEAVER







"Nocturnal Bloodshed"




スペイン出身のメロディックデス/ブラックメタルバンドによる5thアルバム。


ツインギターに加えシンセ奏者を擁するスペイン出身の5ピースバンドが
2014年にリリースした通産5作目のアルバムで、音楽的にはシンフォニック寄りの
シンセ
を導入した叙情メロデスなんだが、曲によってはシンフォニックブラック
ヴァイキングメタル、ゴシックメタル等の要素も見せており、女性Voが顔を出す
パート
もあり類型的なメロデスとは異なるムードを放っているのう・・・!
ちなみにDan Swanoがミックスとマスタリングを担当しているようだ。

1曲目はSEアコギのアルペジオ等が怪しさを演出し、ノイジーなギターも聴けるイントロで
続く2曲目はシンセも聴けつつブラストで爆走!シンフォニックブラックに近いムードがあり、
幽玄な雰囲気も見られギターソロも登場するぞ。3曲目は女性Voが顔を出しこれまた怪しげな
ブラックメタル風味
があるか!?メロディアスなギターソロが聴き所だな。4曲目は意外にも
ブルデス的な無愛想さを放つ疾走感が見られるも、その後はシンフォブラック的荘厳さ、
アコギ、哀愁漂う泣きのリードギター
も聴けるぞ。5曲目はメロデス的なリフと共に
ノリの良い疾走感を放ち、ギターソロもメロディー重視の泣きに拘っているな。
6曲目はシンフォブラック的なシンセ、ブラストで爆走!途中で叙情的なアコギ、
ピアノのパート
になり、泣きのギターも顔を出すぞ。7曲目はスローテンポで禍々しく
壮大さ
を見せ、8曲目は低音の女性Voがクリーンで歌うゴシックメタル寄りの
スローチューン
となるが、途中のアコギ等メロディーラインは民謡風だな。
9曲目はアコギも目立ちつつ無骨なバンドサウンドも登場、叙情的ながらも
野蛮な雰囲気ヴァイキングメタル風じゃのう・・・!


メロデスとシンフォブラックの中間と言えそうな音作りだが、それだけでは無く
他にも様々な要素を取り入れており、ある意味ハイブリッド感漂う
エクストリームメタル
に仕上がっているんだが、あくまでもデス、ブラック、ゴシック系の
要素であって今風のメタルコア、デスコア、ポストハードコア要素は一切見られず、
あくまでもHM/HRから派生したエクストリームサウンドで徹底しているのが持ち味か!?
凄まじく懐かしい表現だが、かつてクサメタラー達が「暗黒系」と称していた
タイプのエクストリームメタル
を好む層にオススメのバンドだな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 The Biggest Threat  Pandemonium
God Is Dead  Nocturnal Bloodshed







もどる


inserted by FC2 system