MISS FORTUNE







"Spark to Believe"




アメリカ出身のエモ/ポストハードコアバンドによる1stアルバム。


本作以前にリリースされたデビューシングルで話題を呼びSumerian Recordsと契約した
新人バンド
で、音楽的にはスクリーモと言うかポストハードコア的なスタイルを踏襲し
バンドサウンドはメタリックでは無いながらにそれなりにタイトさを見せているが、
SAOSIN以降の非シャウト系スクリーモ/ポストハードコアバンド
の流れを汲んでいるらしく、
前のシングルではシャウトを使っていたようだが本作はクリーンVo一本で勝負しており
歌唱力は高く、
ギターも手数の多さを見せておりテクニカルな面も見せているな・・・!

1曲目はスクリーモ要素を感じさせる軽快なバンドサウンドで幕を開け、しかとした実力を
感じさせてくれるクリーンVo
が顔を出しポストハードコア、スクリーモ的でありつつも
シャウトは使わずクリーン一本で歌い上げておる!さらにこの手のバンドとしては珍しく
ギターソロ
も登場、昔ながらのハードロック的なプレイだな・・・!2曲目もどこか乾いた
質感のスクリーム無しスクリーモ
で、3曲目はなかなかに軽快なリズムギターフレーズが
手数の多さ
を見せておりテクニカルさもあるだろうか!?4曲目はシャウトでは無いが高音部分を
荒々しく歌い上げるヴォーカル
が聴けどこかサッパリした印象もありつつシンガロングも登場、
SAOSIN以降の非シャウト系スクリーモに近いムードがあるな。5曲目はスクリーモの範疇ながらも
モダンなへヴィさを放つリフも登場するが基本は淡々としたミドルテンポのシャウト無しスクリーモで、
ヴォーカルは荒々しく歌いつつも決してシャウトはせずスキルを見せているな。ギターソロも聴け
短いながらシュレッドを披露するぞ!6曲目は退廃的かつどこか穏やかなギターが目立った曲で、
7曲目はデリデリしたギターが目立った軽快なアップテンポチューンで、ある意味メロコア風と
言えなくも無いが
ギターの音作りはやはりポストハードコア、スクリーモ系だな。そして中盤でビートダウン風の
へヴィなテンポ
になり本作初と言えるシャウトも登場するがすぐに終わるのう・・・!
8曲目も早速スクリーモの範疇におけるへヴィリフ、シャウトが聴けるも、その後は穏やかかつギターが
ピロピロフレーズ
を披露する爽やかなポストハードコアになり、中盤はまたビートダウン、シャウトである。
後半のギターソロは十分にHM/HR的な速弾きを聴かせてくれるぞ!9曲目はメロコアライクなシンガロング
幕を開けつつ退廃的なへヴィリフ、リズムも登場するミドル曲で、サビになるとテンポアップするぞ。
10曲目はヴォーカル、アコギ、ピアノによる弾き語り曲だが、バラード的では無く他の
スクリーモ曲と変わらないテンション、リズム
で展開しているな・・・!


上記したようSAOSIN以降のスクリーモと言える、シャウト無しのポストハードコア寄りな
スタイル
を見せており、スクリームに頼らずとも説得力を感じさせてくれる力量あるヴォーカル、
この手のバンドらしからぬギターソロ
を盛り込んだ楽曲等聴き所は多く、ヴォーカルメロディーも
それなりにはキャッチーさがありつつも
決して売れ線のチャラさを見せていない所が好感持てるな・・・!
安易にデジタル音に走りピコリーモになってしまう事も無く、基本はバンドサウンド、ギターで
ストレートに攻めている
のもまた個人的に嬉しい部分である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 We're Not In Kansas Anymore   Chasing Dreams  A Lost Cause
I've Got A Five Point Plan  Take That Shit Back to Baxter







もどる


inserted by FC2 system