MICAWBER







"Viral"




アメリカ出身のデスメタルバンドによる1stアルバム。


グリーンベイを拠点に活動するバンドで、過去にEPを数枚リリースしており
本作は2011年にリリースされたデビューアルバムとなっている。音楽的には
禍々しさを放つストレートなブルータルデスを基本としており、高速ドラム
鋭いトレモロを見せるギターが聴けつつも意外とスローパートが多く、それでいて
ギターソロは結構メロディアス泣きのプレイも披露しているな・・・!Voは低音の
グロウル
高音のスクリームデスコアに近い印象があるか!?

1曲目は不穏さを放ちつつ高速ドラムが登場するイントロで、2曲目は禍々しい
ダーティーさ
を漂わせつつもスローテンポのデスメタルで、途中から疾走し
ギターソロが意外とメロディアスだな。3曲目もスローテンポのブルデス
やはり途中から疾走、どことなくエキゾチックなフレーズも顔を出すだろうか!?
4曲目もスローな出だしから疾走し、ストロングな印象があるな・・・!5曲目もタフさと共に
ブルータルさを見せ、疾走しつつミドルパートも同等に多く、ギターが細かさ
見せているぞ。6曲目は珍しくストレートなブラストに始まり、スローパートも顔を出し
僅かにエキゾチックなオブリも登場、7曲目は細かいトレモロギターの刻みが見られ
疾走とミドルテンポを繰り返し、これまた怪しくエキゾチックなギターも登場、8曲目はブラストに始まり
スローテンポも目立ち、9曲目はギター主体の短いインストだ。


疾走パートも目立っているが同等にスローパートも多いブルデスで、禍々しい空気、
トレモロギター
等はブラックメタルに近い印象もあるんだが、意外とブラストはせず
あくまでも普通の疾走感だな。ギターソロがメロディアス泣きのフレーズを
多用している
のが好印象だろうか!?禍々しくも全体的に聴き易いブルデスだな・・・!







満足度 80% お気に入り曲 Beyond the Throne  A Timid Existence
Victim of Persuasion







もどる


inserted by FC2 system